iPhone 11 Pro購入レビュー〜3D Touch信者がiPhone XS Maxから乗り換えた理由〜

こんにちは、Yotchanです。

今更ながらiPhone 11 Proを購入したのでレビューしていきたいと思います。

3D Touch信者の私がXS Maxから乗り換えた理由とは・・・!?

iPhone 11 Proに乗り換えたワケ

私はiPhone 6Sの3D Touch搭載から今に至るまで約5年以上にわたってこの機能を愛用していました。

iPhone XRで初めてこの機能が撤廃され、iPhone11シリーズで完全に消え去ってしまいましたがかなりお気に入りの機能でした。

Haptic Touchで3D Touchの機能はある程度代替できるとはいえ、画面のどこを押し込んでもカーソル移動ができる点では明らかに使い勝手としては3D Touchの方が上でした。

そんなこともあり、11 Pro発売時はスルーしてXS Maxを使い続けていたワケですが思うところがあって機種変をすることにしました。

1.家でほとんど触ることがなかった

現在に至るまで私が家の中で主に運用しているiPhoneは3台ありました。

iPhone 7はお風呂端末、iPhone XとXS Maxが近くにある方をそれぞれ使用するという使い方です。

iPhone XはSIMを読み込めないジャンク品の海外版の製品であるため基本的には家の中での使用です。

そのため、一応メイン端末の座はiPhone XS Maxにありましたが自宅に限ってはどちらかというとiPhone Xを使用していました。

その理由は単純に軽いからです。

iPhone XS Maxも片手操作はできますが、握りやすさはやはりiPhone Xに軍配が上がります。

スマホゲームも引退したことからiPhoneのスペックは必要ないのでiPhone Xでも十分でした。

2.Haptic Touchに慣れた

二つめの理由としては3D Touchの代替であるHaptic Touchに慣れたことが挙げられます。

自宅で主に使用していたiPhone Xは3D Touchが故障して使えない機種であったため、Haotic Touchでの操作を行わざるを得ませんでした。

Haptic Touchで面倒だなと思うのは文字のカーソル移動ぐらいで、その他の操作には特に違和感がありませんでした。

やはりどこを押し込んでもすぐにカーソル移動のできる3D Touchは「空白キー」を長押ししてからカーソルを移動するHaptic Touchよりもワンテンポ早く文字の入力が進みます。

とは言ったものの回数をこなしてある程度ワンテンポ遅れる操作に慣れたことも事実。

その結果、従来よりもHaptic Touchへの抵抗感は無くなったので機種変しても良いかなと思うようになりました。

個人的にはこのジャンクなiPhone Xを手にしたことでAppleのスペシャリストでも知らない事実を知ったのでなかなか面白いジャンク品でした。

3.iPhone XS Maxの音のバランスが悪かった

iPhone XS Maxで音楽を聴くと他のApple製品と比較して音のバランスがおかしいことに気づいている人は少ないのではないでしょうか。

OSでの音のチューニングがXS Maxだけ悪いのか、ワイヤレスでも有線での音楽再生でも他のApple製品と比較して明らかに鳴る音が異質です。

iPhone XS MaxよりもiPhone 6Sや7、X、Apple Watch、iPad mini5、iPad Proなどの方が音質が良く聞こえます。

iPhone XS Max以外の製品ではAirPods接続時の音の印象は変わらないため、XS Max固有の問題であると私は考えています。

私のTwitterのフォロワーさんでも、iPhone XS MaxとiPadやApple Watchを比較すると音のバランスがXS Maxだけ明らかに違うと検証結果を教えてくれた方がいるので私の主観だけではないのかなと思います。

この事実に気付いてからというものの、私はiPhone XS Maxで音楽を聴く気が一切なくなることに。

実際、BOSEの直営店で聞いた音より音質良くないなと感じてBose SoundSports Freeを手放してしまったりと日常生活に支障すら与えるレベル。

他の機種で音楽を聴けば間違いなく満足できたはずなのに・・・。

結果として音楽はApple Watchで視聴したり、音楽専用機としてiPhone Xを持ち歩くようになりました。

Apple Watchで音楽を聴くことができるのは楽で良いのですが、AirPods Proとの相性で気になる点がいくつかありました。

  • 再生を停止し、再開するとApple WatchではなくiPhone XS Maxから再生される
  • 再生を停止し、再開すると何故か右側しか音が流れない

AirPods ProとApple Watchで音楽を再生していると上記の現象が毎回必ず発生します。

その度に、Apple Watchを操作したりAirPods Proを付け直したりと面倒な作業を行わねばならないのが非常に不愉快でした。

そのため、どちらかというとApple Watchで音楽を視聴するよりもiPhone Xで聴いた方が楽ではありましたがそれだけのために持ち歩くのは地味に邪魔。

せっかくAirPods Proで手軽に音楽が聴けるというのに荷物が増えてしまっては本末転倒。

いっそ、メイン機をiPhone Xにしてやろうかとも思いましたが、このiPhone XはSIMを読み込めないジャンク品。

であればiPhone XS MaxとiPhone Xを売って一つの端末に統合してしまおう。

そんな思いが私の中で日に日に強まっていました。

4.iPadに触れる時間が非常に多くなった

Magic Keyboardの購入以降、私は仕事以外のシーンでiPadに触れる時間が格段に長くなってきました。

私が現在所有しているiPadは3種類です。

  • iPad mini 5
  • iPad Pro 11 2Gen
  • iPad Pro 12.9 3Gen

このように、用途に合わせて3種類のiPadを使い分けているわけていると家の中でのiPhoneの使用頻度はどうしても少なくなってきます。

そうなると、iPhone XS Maxのような「大きい」スマホを使用する意義はあまりありません。

何かしらのサイズのiPadは常に持ち歩いているので、スマホに求めるものは画面の大きさよりもコンパクトさとなります。

XS Max購入時点ではiPad Pro 9.7しか持っていなかったこととスマートフォンゲームにどハマりしていた頃なので画面サイズが必要でした。

しかし、現在ではゲームを引退しており以前よりもiPadを手にする機会が多くなりました。

音質の問題と合わせてコンパクトなiPhoneに乗り換えるのも良いかなと気持ちが傾きました。

乗り換え理由まとめ

長くなりましたが、乗り換えの理由をまとめると

  1. 家でコンパクトなiPhone X触りがち
  2. 3D Touch絶対!というわけでもなくなった
  3. 音が悪い
  4. スマートフォンはコンパクトに

iPhone XS Max本体の問題と、そもそもの「スマートフォン」の立ち位置を「タブレット」と明確に分けておきたいということ。

これらの理由によってiPhone 11 Pro MaxではなくiPhone 11 Proに乗り換えることにしました。

iPhone 11 Proと言えばカメラみたいなところはありますが、私の場合はXS Maxでも十分満足していたので乗り換えの理由には値しませんでした。

開封の儀

本来であればスルーし続けるはずであったiPhone 11 Pro。

機種変のタイミングは思わぬところで出てくるものでこれも巡り合わせ。

早速開封していきたいと思います。

ミッドナイトグリーンの美しさは格別です。

私が11 Proを気になっていた最大の理由と言っても差し支えありません。

私は新色のiPhoneに弱い傾向があるようです。

iPhone XS Maxもゴールドを購入しましたし。

付属品はiPhoneで初めてとなる18Wの充電器とUSB-C – Lightningケーブルな高速充電キットです。

充電器よりも個人的にはケーブルがUSB-C端子なLightningケーブルになったことが嬉しいです。

これでMacやiPadで使っているPD充電器一つで全ての端末を充電できるようになります。

基本的には家ではワイヤレス充電しか使わないので外出先で充電器を1つ減らすことができるのは喜ばしいこと。

賛否の分かれるタピオカカメラは実際に手に取ってみると違和感はありません。

iPhone自体の質感が良いのでむしろカッコ良く感じさえします。

写真だけではわからない実物の良さとでもいうものでしょうか。

iPad Pro 11インチ第二世代で似たようなタピオカカメラもどきを見慣れているということも一因にあるかもしれません。

ケースはもちろん純正を

iPhone 11 Proに合わせて購入したケースはApple純正のレザーケース。

iPhone XS Maxで初めて純正ケースを使ってからというものの、想像以上の質感ですっかりお気に入りになりました。

ケースに一時期拘って1万円近いものを購入仕手いた身からすると、6000円程度の純正ケースはそこまで高額というわけでもありません。

思っていた通り、ミッドナイトグリーンと緑のレザーケースの相性は抜群です。

シリコンケースの質感も好きなので、そのうち購入しようかなと思います。

カラーが悩ましいですね。

ガラスフィルムはいつも愛用しているNIMASOのものを購入。

iPhone 6時代からずっとここのガラスを使っているお気に入りの製品です。

実用してみた感想

iPhone XS Maxの溶け込むような美しいガラスボディはなかなかに好きでしたが、11 Proのガラスボディも甲乙付け難い美しさ。

サイズとしてはXS Maxからのサイズダウンになるので携帯性は当然のことながら向上。

ファーストインプレッションとしてはまずまずです。

それでは、各項目ごとにざっくりと評価していきたいと思います。

CPU性能

A12 Bionicの時点で不満が全くなかったのでA13 Bionicで体感できるほどの性能差があるのか疑問に思っていましたが、11 Proの方がアプリの立ち上げがワンテンポ速い。

正直、体感できるほどの違いが両チップにあると思っていなかったので予想外の収穫です。

スマートフォンとしては破格のCPU性能であるため、スペック不足を感じる人はほとんどいないのではないかと思います。

iPhone XのA11 Bionicはグラフィック性能がA12 Bionicと比較してもかなり低いので、A12 Bionic以前でゲームの動作に不満がある人は躊躇いなく機種変しても良いレベルですね。

スマホゲームはCPU性能とメモリの量がものをいう世界。

多少のガチャ課金よりは端末課金の方が恩恵があるということは真理です。

カメラ性能

実用する上でXS Maxから大きく進化したと感じたのはカメラ。

超広角レンズはiPad Pro 11 2ndで初めて利用して便利だと感じていたのでコンパクトな11 Proで利用できることは助かります。

そして、一番感動した機能はナイトモードです。

iPhone XS MaxはiPhone Xと比較して夜景に強くなっていましたが、11 Proのナイトモードはその比ではありません。

ナイトモードの機能が発表された時は夜景なんて撮ることないからどうでも良いやとしか思っていませんでしたが、思いの外日常でも役立つシーンはあるものですね。

iPhone Xで撮影
iPhone XS Maxで撮影
iPhone 11 Proで撮影

例えば、暗い屋内や就寝中の子供の写真を撮影する時。

このようなシーンでは非常に有用なカメラでした。

上記の写真はいずれもフラッシュライトオフでの撮影です。

iPhone XS MaxはiPhone Xと比較して暗所性能が格段に良くなっていることが分かりますが、11 Proはその上を行きます。

写真の明るさと被写体の娘の鮮明さは思っていた以上で驚きました。

こうみるとiPhone XSシリーズは前モデルと比較して飛躍的な進化を遂げた堅実なモデルであるということが改めて感じますね。

音質の問題さえなければ本当に買い換えるつもりはなかったのですが・・・。

また、ハード面だけでなくソフト面も進化しています。

iPhone 11 ProのトリプルカメラのUIが何気に素晴らしい。

これら3つのレンズモードを遅延なくシームレスに切り替えることができるというのはよく考えてみると画期的なことなのかもしれません。

手のひらサイズのコンパクトなボディで3種類のレンズを思い通りに切り替えることができる点は専用のカメラにはない、スマートフォンのカメラならではのメリットではないでしょうか。

とはいったものの、カメラのためだけに11 Proに買い換えるかと言われればそうでもありません。

11 Proの本体価格は高額すぎるので、同じ予算でカメラを購入した方が満足度は高そうです。

スマートフォンにオールインワンなスペックを求めるのであれば十分ありだとは思います。

私の場合は元の端末がXS Maxでスペック自体には不満がなかったのでカメラのためだけに15万円近く出すならMacを買うかなぁという感覚ですね。

バッテリー持ち

iPhone 11 Proシリーズの特徴としてバッテリー持続時間の向上が挙げられます。

比較対象が真に後継モデルでの機種変ではないですが、iPhone 11 ProはiPhone XS Maxと比較してバッテリーの持ちは変わらないか少し長い程度。

iPhone XS Maxよりもバッテリーの少ないiPhone XSと比較すればバッテリー持ちがかなり伸びている事は体感できるのではないでしょうか。

どちらかと言えば私はiPadかMacに触れる機会の方が多いのでiPhoneのバッテリーで悩まされる事はありませんでしたが、バッテリーがもつに越した事はありません。

そう考えると、バッテリー持続時間だけでも機種変する価値があると言えるかもしれませんね。

まとめ

今に至るまでスルーし続けていたiPhone 11 Pro。

音質というまさかの点でiPhone XS Maxを許容できなくなって乗り換えることにしましたが、後悔はありません。

ディスプレイサイズで言えばXS Maxの方が好みではありますが、iPadを持ち歩いている以上5.8インチや6.5インチは11インチと比較すると大して変わりません。

個人的にはiPhone XとiPhone XS Maxの二台をiPhone 11 Pro1台にまとめることができたのでスッキリしたので満足しています。

子供が生まれたタイミングなのでカメラ性能の向上も好ましいことに変わりはありません。

11 Proとは長く付き合っていける予感がしますね。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを