最も買いなH1チップ搭載イヤホンはどれ?〜全製品を徹底比較!〜

Apple製品との連携が抜群に便利なApple H1チップ。


このチップが搭載されているイヤホンはどんなものがあるのか調べてみました。

Apple H1チップとは

Apple H1チップはAppleが開発したイヤホン向けのCPUです。

第二世代AirPodsで初めて搭載されて以降、Apple傘下のBeats製イヤホン/ヘッドホンにも採用されています。

  • AirPods 第二世代
  • Powerbeats Pro
  • Beats Solo Pro
  • AirPods Pro
  • Powerbeats (4gen)

AirPods Proや最近発売されたばかりの第四世代PowerBeatsにも採用されています。

AirPodsを動かすのは、Apple H1ヘッドフォンチップ。デバイスとのワイヤレス接続がさらに速くなり、さらに安定した理由です。使うデバイスの切り替えは最大2倍高速3、電話の通話への接続は1.5倍高速4になりました。Siriを声で起動できるのも、ゲームでのレイテンシが最大30パーセント低減したのも、このH1チップを搭載したから5。ゲームをプレイする時も、音楽を聴く時も、Podcastを楽しむ時も、一段と質の高いサウンドが耳に飛び込みます。

https://www.apple.com/jp/airpods-2nd-generation/

AppleによるH1チップの性能のPRはこんな感じ。

要はこのチップを搭載したことによって接続の安定性や音の遅延が少なくなったということ。

ケースを開けた瞬間に周辺のApple 製品と接続してくれるのもH1チップのおかげ。

あらゆる電子機器をApple製品で統一している私にはペアリングの簡便さは非常に重要。

また、私は利用していませんが二組のAirPodsとペアリングして同じ音楽を視聴することも可能です。

デート中や新幹線や飛行機などの移動中にあるとコンテンツを共有できるので楽しい思い出ができるでしょう。

このようにかなり便利なH1チップですが、搭載しているデバイスでどれが最も良いのか?

それぞれの製品の概要を紹介したいと思います。

AirPods 第二世代

まずはAirPods 第二世代です。

デザインはみなさんよくご存知の初代と変わらない所謂「うどん」スタイル。

このAirPodsの特徴は後発のAirPods Proと違ってオープンイヤー型のイヤホンであること。

カナル型のAirPods Proと比較すると外の音が入ってきやすいので値段の割に音質は良くはありません。

とはいっても最低限の音質はあるので普段使っているイヤホンが1万円以下であれば悪く感じることはないはず。

次に、現在販売されているAirPodsシリーズの中で最も価格が安いモデルがあるのも特徴といえるでしょう。

  • ワイヤレス充電対応:22800円+税
  • ワイヤレス充電非対応:17800円+税

ワイヤレス充電非対応モデルであれば新品でも税込2万円で購入できる点は大きなメリット。

後述のAirPods Proの機能が必要かどうかでAirPods 第二世代を購入するかどうか判断しても良いと思います。

AirPods Pro

AirPods第二世代の発売から約半年後に発表されたAirPods Pro。

AirPods ProのAirPodsと比較した違いは以下の5点です。

  • 従来のオープン型からカナル型へ
  • ノイズキャンセリング搭載
  • 外音取り込み実装
  • 耐汗耐水性能
  • 本体が少し短くなった

まずは外観は短い「うどん」になりカナル型のイヤホンになったため遮音性が向上。

それに伴ってノイズキャンセリングなしでも従来のAirPodsよりも音質は良くなりました。

手持ちのBoseの完全ワイヤレスイヤホンよりも主観では音質が良いですね。

ノイズキャンセリングが実装されたことは大きな話題となっているので知っている人も多いでしょう。

ノイズキャンセリングよりも個人的に推したい機能は「外音取り込み機能」です。

音楽や通話をしながらレジの会計に行っても店員さんの声が聞こえる素晴らしさ。

外音取り込み機能がないAirPods第二世代では会計時に外す方が無難でしょう。

つけていることを忘れさせる魔法のイヤホンでした。

価格は税別27800円とイヤホンにしては高額なAirPods Pro。

AirPodsとの価格差は5000〜10000円。

予算が許すのであれば間違いなくAirPods Proをお勧めします。

PowerBeats Pro

AirPodsの次はApple傘下のBeatsより販売されている完全ワイヤレスイヤホン「PowerBeats Pro」

お洒落な外観でありながらもApple H1チップを搭載しているので機能も抜群な製品です。

  • AirPods Proの2倍の9時間連続再生
  • 耐汗/防沫使用
  • 調整可能なイヤーフック
  • 左右どちらでも通話可能

PowerBeats Proの特徴はこの4点。

AirPodsシリーズと比較して本体もケースも大きい分バッテリーの持ちが段違いです。

左右両方にマイクが搭載されているのでどちらか片方だけでも通話できる点も安心です。

Boseの完全ワイヤレスイヤホンは右側にしかマイクが搭載されていなかったので使い勝手という意味では不自由を感じるシーンもありました。

左右どちらをつかっても大丈夫なのは安心です。

また、イヤーフック型であることから運動中に使用しても落とす心配はありません。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=89&v=cYuL6pHfbTU

次に注意せねばならない点はバッテリーケースのサイズがかなり大きいこと。

AirPodsのように気軽にコンパクトに持ち運ぶことはできません。

価格は税別24800円とAirPods とAirPods Proの中間の価格。

AirPodsシリーズと価格が近いだけに悩ましい製品です。

そんなPowerBeats Proを購入すべきは以下の人であると考えます。

  • 音質を重視
  • バッテリー持ちを重視
  • 運動をよくする
  • 完全ワイヤレスイヤホンは落としそうで心配

基本的にはケースが大きいことがネックになってくるでしょう。

PowerBeats

先日発売されたばかりのPowerBeats。

PowerBeats Proとの違いは概ねこの2点。

  • バッテリーは最長15時間
  • ネックバンドタイプ

基本的な性能は同じのようです。

Powerbeatsには、Powerbeats Proと同様、洗練されたデザインと最新の技術が採用されています。パワフルなサウンドはもちろんのこと、パワーアップした耐汗/防沫機能も備えています。

https://www.beatsbydre.com/jp/earphones/powerbeats

音質がどの程度PowerBeats Proとの差があるかはわかりませんが、そう大きな違いはなさそうな記載です。

発売され手間もないのでレビューが少なめな点が気になりますね。

何より注目すべき点はその価格。

税別14800円とH1チップ搭載イヤホンの中では最も安価な製品となっています。

価格帯で競合となってくるのはAirPods 第二世代でしょう。

この二機種間であれば以下の4点をチェックしましょう。

  • 完全ワイヤレスが良いか→AirPods
  • オープン型かカナル型か→好み
  • 運動時に使用するか→PowerBeats
  • 音質→PowerBeats

値段も手頃なのでかなり魅力的ですね。

Beats Solo Pro

ヘッドホンタイプのH1チップデバイスが欲しければこの「Beats Solo Pro」一択となります。

Beatsでお馴染みの優れたデザイン製が光っています。

基本性能はAirPods Pro + Beats Solo3 Wirelessといったイメージ。

AirPods Proの二大機能に加えて40時間も持つ驚異のバッテリー性能。

Aoole W1チップを搭載している Beats Solo3 Wirelessを愛用していますが、本当にバッテリーが減りません。

バッテリーが持ちすぎるので充電することを忘れてしまうほどです。

各種機能をオンの状態でも連続22時間使用できるので1日でバッテリーが切れることはありません。

価格も税別29800円とAirPods Proとの差額は2000円程度。

ヘッドホンでもAirPods Proと同じ機能が欲しい場合には最高の相棒となるでしょう。

まとめ

以上、Apple H1チップ搭載の全デバイスでした。

基本的には以下の全てで自分のニーズを満たす製品を選ぶべきでしょう。

  • 予算
  • 運動をするかどうか
  • 音質
  • ノイズキャンセリングなど付加機能の有無

私の場合は自分のニーズを満たした製品はAirPods Proでした。

完全ワイヤレスイヤホンを選択する場合はバッテリーが劣化すると使い物にならなくなるのでApple Care+に加入することをお勧めします。

価格の面で言えばApple W1 チップ搭載のBeatsXが9800円なので気になる人は調べてみても良いでしょう。

個人的な体感にはなりますが、H1チップとW1チップの違いはわかりませんでした。

これを機にみなさんもApple製品に統一して快適な生活を手に入れましょう。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを