iPhone XR購入レビュー。XS Maxと比較してコスパいいけど難点もあり

  • 2019年5月2日
  • 2019年5月2日
  • iPhone
  • 282view

こんにちは、Yotchanです。

GWはみなさまいかがお過ごしでしょうか?

最近バタバタしていてあまり記事を書く時間を取れていませんでしたので久々の更新です。

本日は先日購入したiPhone XRを1週間使用した中で感じたことを中心に書いていこうと思います。

iPhone XRを何故購入したのか

iPhone XR , galaxy Note8

つい二ヶ月前にiPhone XS Maxを購入(記事:http://gadget-nyaa.com/iphonexs-max-サイズのレビュー/)したばかりの私が何故ここにきてiPhone XRを購入したのか。

その理由はサブ端末として使用していたGalaxy Note8の動作がもっさりしてきたからです。

私はiPhone XS MaxとGalaxy Note8の両方でゲームをしていました。

しかし、最近ではNote8がゲーム中にXS Maxと比較して動作がカクカクしていると感じる機会が増えたのでそろそろ買い替えどきかなと感じ端末の更新を検討しました。

思えばGalaxy Note8は2017年発売の端末でありほぼ2年前の端末に該当します。

そのため、最新のゲームを行うには確かにスペック的に遅れを取り始めていると言える年数が経っているように感じます。

ゲーム以外では問題ないのですが、LINEなどの連絡は主にXS Maxを使用しているのでほぼゲーム専用機みたいなGalaxyにおいて私はカクつきを許容できませんでした。

ゲーム以外でも、私が普段使用している中で唯一のAndroidであるGalaxyのみiPhoneやiPadで撮った写真が同期されなくて不便であったりと思うところはありました。

こうしてAppleに囲い込まれていくんだなぁと感じつつもiPhoneへの乗り換えの実行を決意しました。

私のGalaxyからiPhoneへの乗り換え理由をまとめると

  • Galaxyの動作がもっさりしてきた
  • iPhoneやiPadが多い中で一台だけあるAndroidは不便

AndroidにはAndroidの利点がありますが、普段持ち歩いて使用する分にはiOSで統一した方がデメリットが少ないなという感じです。

iPhone XR購入時に考慮したこと

iPhone XRを購入する際の私の用途としてはゲームであることは先述の通りです。

iPhone XR購入に際して私が最も気にした点は価格です。

メイン端末ではないということもあり5万円前後を目安に物色を始めました。

その中で、iPhone 8 Plusは希望の価格帯にドンピシャであり最有力候補の一つでした。

実際、私は当初はXRを購入するつもりはなく8 Plusを検索条件に指定していました。

余談ですが、何故8ではなく8 Plusかというと画面サイズが大きいからです。

普段XS Maxを使用しており、乗り換え元のNote 8も大画面ということもあり8の小さい画面ではゲームの迫力といった点でストレスを感じそうな気がしたからです。

あと、画面が小さいと文字も小さくなるので目が疲れやすくなるという理由も大きいです。

8だと安ければ4万円前後で未使用品を購入できるので価格的には非常に魅力的ではありましたが。。。

本題に戻ります。

8 Plusを検討していた私が何故XRを購入したのか。

それはズバリ、CPU性能が8よりも高いことから長く使えることが見込めるからです。

Xs Maxを使用していて感じたことが8 Plusと同じCPUを積んでいるXと比較しても感じるほどのサクサク感。

Xと違いXS Maxではバックグランドのアプリケーションに戻る際にアプリの再起動が起こることはなく、スムーズに作業やゲームを再開することができます。

Xs Maxを購入してから普段使っているうちにCPUの一世代の差が思っていたよりも高いことを実感しました。

そして、意外とXRが安かったという点。

即決価格こそ67000円となっていますが、ヤフオクで5万円以上決済で5000円オフのクーポンが偶然配られていたので62000円で購入することができました。

67000円のままではおそらく買っていませんでしたが、約6万円でXs Maxと同等のCPUを積んだiPhoneが購入できるということで私はXRを選択しました。

iPhone XRとXSシリーズの違い

上述の経緯もあって購入したiPhone XRですが、iPhone XSシリーズと具体的にどう違うのか。

CPUは同じなのでスペック的には概ね一緒です。

XRとXSシリーズの違いで細かい点まで言えば

  • カメラが一つ
  • RAMが3GB (XSシリーズは4GB)
  • 画面が有機ELではなく液晶
  • バッテリーはXS<XR<XS Max
  • 画面サイズと重さもXS<XR<XS Max
  • 防水性能はXSシリーズの方が上(XR=X,8シリーズ)
  • 3D Touch非搭載

これらが挙げられます。

この中で個人的に一番影響があったものは3D Touchが非搭載である点でした。

3D Touch非搭載による影響

iPhone XRではコスト削減の為かiPhone 6Sより搭載されていた3D Touchが非搭載になっています。

3D Touchというとあんまり使わないというイメージを持っていないでしょうか?

普段意識せずに使っている機能なので、それが3D Touchによるものだと意外と認識していなかったりするものもあります。

私にとって、この普段何気なく使っていた3D TouchのありがたみをXRを使用して実感しました。

ホーム画面のアプリ長押しで出るこのショートカットはまぁなくてもいいと言えばいいんですよ。

そんなに使う機会がないので。

ただし、LINEのトーク長押しで既読つけずにメッセージ見るアレ。

これができないのは本当にNGです。

普段何気なく使っていましたが、これ3D Touchによる機能だったんですね。

そして、次がLINEの既読的な技と匹敵するぐらい私にとって必須の機能を行うことができませんでした。

それは、キーボードを押し込んでカーソル移動させる機能です。

改行する時や誤字を修正する際に多用しているのでXRの画面を押し込んでも何も反応がなかった時には衝撃を受けました。

あ、これも3D Touchの機能だったっけ・・・。

あまり使わないようでいてその実頻用していた3D Touch機能。

XSシリーズと比較してこの機能がないというだけで私はメイン端末としてXRを使うことはないだろうなと思いました。

私はゲームを主な用途として購入しているのでまぁいいと言えばいいんですけどね。

メインにXS Maxあるし・・・。

ディスプレイの他にもこれぐらいの差別化がないとXRの低価格は実現できなかったということでしょう。

カメラ性能の差は?

iPhone XS Maxで撮影
iPhone XRで撮影

こちらは同じ位置からそれぞれXS MaxとXRで撮影した船の写真です。

XS Maxと比較するとXRは拡大した際の船の粗さが気になります。

また、望遠レンズがXRにはないのでXS Maxの写真のように被写体に画質を落とすことなく近づくことはできません。

何気なく写真を撮り較べしてここまではっきりとした差が出ていることには驚きました。

やはりハイエンドはそれだけしっかりと作り込まれているようです。

ただし、これはあくまでもXS Maxと比較しての話であってXRでも必要十分です。

XRの本体のサイズ感

6.1インチというiPhone XRのサイズ感に関しても軽く触れておこうと思います。

上:iPhoneXR 下:iPhone XS Max

XS MaxとXRを重ねてみたところ、XRが少し小さい程度で持った感じのサイズ感も変わりません。

上:iPhone 6s 下:iPhone XR

XRと6Sの大きさの違いはこんな感じ。

XRとXSのサイズの違いもだいたいこんな感じだと思います。

XRはXSシリーズと比較してベゼルが太いことがデメリットに挙げられていることがあります。

しかし、実際に使ったところ正直気になるレベルではありませんでした。

バッテリー持ちは歴代最強

iPhone XR最大のメリットは価格でもなくバッテリー持ちに私はあると思います。

XRのバッテリー持ちは本当にいいです。

iPhone XS Maxのバッテリー容量は3174 mA

iPhone XRのバッテリー容量は2942 mA

一見XS Maxの方がバッテリー持ちがいいように思えますが、実際に使ってみると圧倒的にXRの方がバッテリー持ちが良かったです。

バッテリー100%の状態からスマートフォンゲームを5時間連続でプレイしても30%程度残っていました。

XS Maxだと多分10%近くになっているぐらいのプレイ時間ですのでその差は歴然。

これには解像度の差が影響していると考えられ、XSシリーズよりも解像度の低いXRの方が結果的に消費電力が低いからかなと想像しています。

実際に使っている中で有機ELとの画質の差は感じることはありますが、そもそもiPhoneのRetinaディスプレイは非常に綺麗であるので特筆するほどの差はありません。

そんな些細な差よりも、バッテリーが持つ方が断然良いです。

その他の違い

その他の違いとしてはRAMがXSシリーズの4GBより少ない3GBであったり、防水性能がワンランク下であったりと多少の違いはあります。

RAMに関しては現状ではA12チップが高性能であることからすぐには差が出ないところではありますが、OSのアップデートを重ねるごとにXSシリーズとXRの動作に差が出てくるかと思います。

防水性能に関してはXRはXSシリーズよりワンランク下とは言えXや8シリーズと同等のランクです。

iPhone 7やXの時代から毎日風呂場に持ち込んだり川に飛び込んでも全く影響はなかったのでそこまで気にする差ではないかもしれません。

もちろん、防水性能が高い方が安心ではありますが。

まとめ

以上、iPhone XRの比較レビューいかがでしたでしょうか?

XSシリーズとの違いを最後に振り返りましょう。

  • カメラが一つ
  • RAMが3GB (XSシリーズは4GB)
  • 画面が有機ELではなく液晶
  • バッテリーはXS<XR<XS Max
  • 画面サイズと重さもXS<XR<XS Max
  • 防水性能はXSシリーズの方が上(XR=X,8シリーズ)
  • 3D Touch非搭載

3D Touchは意外と大きい機能ですが、これがなくても気にならないのであればメイン端末として不満はないかなぁと思います。

価格もXSシリーズと比較すれば安いですし、バッテリー持ちは最高です。

ゲーム機として最高の端末なので気になった方は是非検討してみてください。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

iPadやMacからAIを通してハイテクな暮らしを作る