iPhone 12 mini VS iPhone 11 徹底比較〜どちらが買い?〜

こんにちは、Yotchanです。

本日はiPhone 12 miniとiPhone 11のどちらが買いか比較していきたいと思います。

かつてないほどスタンダードモデルのiPhoneは進化しました。

CPU性能

A14 Bionicは業界初の5ナノメートルチップ。詰め込まれた先進的なパーツのサイズは原子レベルです。トランジスタの数が40パーセント増えたので、さらに高速。電力効率も向上したため、バッテリーが長時間駆動します。しかも新しいISPが、Dolby Visionでビデオ撮影ができるパワーを生み出します。これは、ほかのスマートフォンは言うまでもなく、プロ向けのムービーカメラにもできないことです。

iPhone 12 miniはiPhone 11に搭載されているA13 Bionicチップの次世代モデルとなるA14 Bionicを搭載しています。

A14 Bionicの詳細があまり語られていなかったので画像2枚目は同じA14を搭載しているiPad Air4から引用していますが、A13 Bionicと比較してCPU性能、及びGPU性能の向上は僅かに留まる印象です。

Air4からの引用ではA12との比較になっているので大きく向上したように見えますが、A13と比較するとCPU性能は16%、GPU性能は8.3%の向上となったようです。

正直なところスマートフォンのスペックとしてはゲームさえしなければA12でも十分に快適なのでA13とA14の実用の上での違いはあまり感じられないかもしれません。

ディスプレイ性能

両モデルのディスプレイ性能の違いは非常に大きいです。

  • 12 miniは有機ELディスプレイを採用
  • 画面サイズは11の方が大きい
  • Ceramic Shield

これらの違いは具体的にどのような体感の違いを生み出すのか見ていきましょう。

OLEDディスプレイの採用

iPhone 12シリーズはPro以外のモデルでも初めて有機ELディスプレイを搭載した製品となっています。

iPhone 12 miniもその例外ではありません。

最大輝度こそProモデルには劣りますが、解像度においては476ppiと最も高くなっています。

一方、iPhone 11は従来の液晶ディスプレイということで有機ELディスプレイと比較するとコントラストや色の鮮やかさでは劣ります。

また、液晶ディスプレイは有機ELディスプレイと比較するとベゼルの太さが太くなりますが11とminiではそもそもの本体サイズが違うので気にする点ではないでしょう。

Ceramic Shield

iPhone 12シリーズでは新たにCeramic Shieldというガラスが採用されています。

こちらの新しいガラスはiPhone 11シリーズと比較すると対落下性能が4倍に向上しているようです。

iPhoneをよく落とす人は間違いなく新シリーズの購入がおすすめです。

ディスプレイサイズ

ディスプレイサイズという意味では11のサイズの方が好ましい人もいるかもしれません。

動画鑑賞やネット検索をする上では画面サイズが大きい方が快適なのでそういったユーザーにとっては11は十分にありな選択肢になり得ます。

画面サイズを重視するのであればiPhone 12はiPhone 11と同じディスプレイサイズなのでそちらを選べばいいという話にはなりますが、11と比較すると12の価格は2.1万円も高額。

予算に限りがある人は小さいけどOLEDな12 miniか、液晶だけど画面の大きい11かというある意味究極の選択が待ち受けています。

このディスプレイ性能だけでは決めがたいという人は以降のスペックの違いから魅力的に映った方を購入すれば良いでしょう。

参考

iPhone 12シリーズにプリインストールされているOSはiOS 14です。

iOS 14ではウィジェットの配置が行うことができるので、画面サイズが大きければ大きいほど一つの画面で確認できる情報の量は大きくなります。

ホーム画面をカスタマイズしたいと考えている人は画面サイズで購入するモデルを選択してもよいかもしれません。

カメラ性能

リアカメラ

リアカメラの性能はカタログスペック上ではあまり進化していないように見えますが、機能面はかなり底上げされています。

その一つがナイトモードの超広角カメラでの対応です。

広角カメラと超広角カメラの両方で、ナイトモードが使えるようになりました。暗い場所でも見たことがないほど美しい写真を撮れます。新しい広角カメラは光を27パーセントも多く取り込むので、太陽の下でも月明かりの下でも、一段と精細であざやかな一枚を撮影できます。

ナイトモードはiPhone 11シリーズで初めて実装された機能ですが、iPhone 12シリーズではより発展しています。

従来のナイトモードは広角カメラでしか利用できませんでしたが、12シリーズではそれ以外のカメラでも利用可能です。

私は超広角カメラはよく使うので超広角カメラでもナイトモードが利用できるのは大きな進化であると捉えています。

また、広角カメラが取り込める光量自体も増加しているので日中でもより鮮やかな写真を撮影することができます。

フロントカメラ

フロントカメラもリアカメラ同様にiPhone 12 miniの方が性能は向上しています。

後述のDolby Visionの対応もありますが、実用の上ではナイトモードへの対応が大きいでしょう。

iPhone 12シリーズでは初めてフロントカメラでナイトモードに対応されています。

夜に活発に出かけてインカメで写真を撮る機会の多い人には歓迎すべき進化点です。

インカメをあまり利用しない人はどちらでも大差はありません。

ビデオ性能

iPhone 12 miniとiPhone 11のビデオ性能で最も大きな違いはDolby Visionに対応しているかどうかでしょう。

もちろん、そもそものカメラ性能の違い(取り込める光量など)があるので基本的な画質も12 miniが上なのは明らかです。

Dolby Visionに対応することで撮影できる動画のクオリティは映画に近づくとのこと。

ですが、この点に関してはそこまで気にしなくてもいいような・・・。

Youtuberなどは必須でしょうが、一度撮った動画を見返す機会の少ない一般人はSEでも十分に綺麗な動画を撮ることできるので満足だと思います。

バッテリー関連

バッテリー持ちは本体が大きい分iPhone 11の方が長持ちです。

しかし、iPhone 11にはない機能としてiPhone 12 miniはMagSafeなる新機能が実装されています。

MagSafeはiPhone内部のマグネットを利用することでアクセサリやMagSafe充電ケーブルを貼り付けて充電するという機能です。

MagSafe対応のバンカーリングなどが発売されれば必要な時にだけ装着できて便利そうでいいですよね。

充電に関しては結局ケーブルがあるのでLightningでの充電と変わらないような気がします。

通信周り

通信周りは5Gに対応しているiPhone 12 miniの方が優れていると言えます。

ですが、そもそも日本国内ではろくに5Gのエリアが整備されていないので購入の判断基準にはなり得ないかと思います。

日本国内で普及した頃に最新の5G対応iPhoneを購入することがベストではないでしょうか。

耐水性能

耐水性能はiPhone 12 miniの方が最大水深が6mにまで進化しています。

ですが、生活防水という意味ではiPhone 11の水深2mまででも特段支障はないでしょう。

価格

iPhone 12 miniは最低価格が64GBの74800円、iPhone 11は64GBが64800円と価格差は1万円です。

限られた予算で大容量のモデルが良い場合は128GBで69800円の11を購入するのが良いかもしれません。

各種機能の違いと価格の差をよく検討して購入するモデルを選択してください。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを