iPhone 12 Pro Max 1ヶ月使用レビュー。使って感じた良いところ、悪いところ。

こんにちは、Yotchanです。

iPhone 12 Pro Maxを購入して1ヶ月が経ちました。

そこで、本日は1ヶ月間で見えたメリット、デメリットを紹介したいと思います。

iPhone 12 Pro Maxの購入から1ヶ月

発売日に購入したiPhone 12 Pro Maxが早くも使用しはじめてから1ヶ月が経過しました。

ファーストインプレッションとしては5ヶ月ぶりの大画面iPhoneということで懐かしい大きさということもあり非常に好印象を抱いていました。

しかし、1ヶ月使用していてメリットデメリットが見えてきたこともまた事実です。

まずはメリットから紹介したいと思います。

iPhone 12 Pro Maxの良いところ

やはり大画面は見やすい

iPhone 12 Pro Maxを使用していて一番恩恵を感じることは画面サイズが大きく、コンテンツが見やすいことです。

iPhone 11 Proと比較すると明らかに表示領域が広く、一度に確認できる情報量が多いです。

大画面サイズなので当然のことですがやはり大きい画面というものはこうもみやすいのだなと思います。

片手操作も余裕

私は男性の中でも手が大きい方ではないですが、片手操作は余裕で行えます。

元々はiPhone 6S Plusから7 Plus、8 Plus、XS Maxとほとんど大画面モデルを使用していたということもあり12 Pro Maxのサイズ感は私にとってはむしろ普通です。

8 Plusと並べてみると大きさがそこまで変わらないことがわかります。

もちろん、ディスプレイサイズは6.7インチと5.5インチということで大きく違いますが、Plusユーザーであればこのサイズの本体を都度都度片手で持ち替えながら操作する術は身に付けているでしょう。

それらPlusシリーズやMaxシリーズで培った経験があれば片手操作は余裕です。

唯一操作しにくいなと思うことはコントロールセンターを出すときに指が届かないことぐらいですが、それも背面タップに割り当ててしまえば何の問題もありません。

カメラがめちゃめちゃ綺麗

iPhone 11 Pro で撮影
iPhone 12 Pro Maxで撮影

iPhone 12 Pro Maxの目玉といえばやはりカメラ性能でしょう。

センサーサイズの大きい12 Pro Maxは夜の撮影が桁違いに進化しています。

iPhone 11 Proと比較してみると鮮やかさの違いが光ります。

一方、十分に光量のある昼間ではiPhoneのディスプレイ上で比べる分には11 Proと大差ありませんでした。

もう一つの注目点といえばiPhone史上初の2.5倍の望遠レンズを搭載していること。

従来の望遠レンズよりも被写体に近づくことができるのでさらに便利になりました。

Lidarの恩恵でポートレートモードも自然になりましたし順当な進化を遂げているように思います。

また、動画撮影の面に関しては写真以上に11 Proからの進化を感じています。

センサーシフトOISが実装されている12 Pro Maxで撮影する動画は手持ちと思えないほどブレておらず、動画を再生するだけで「これは12 Pro Maxで撮影したな」とわかるレベルです。

iPhone12 Proを所持していないので比較こそできませんが、センサーシフトOISのある12 Pro Maxを選んで良かったと感じています。

持ちやすくなった

iPhone 12 Pro Maxを手に取るたびに思うことが、今までよりも格段に持ちやすくなったということ。

従来のラウンドエッジよりも手に馴染むので大きさの割に持っていると小さく感じます。

握りやすいというだけでここまで操作性に影響が現れるのだなと思うほどです。

新しいデザインになったiPhone 12シリーズは全体的に軽くなっていることに加えて持ちやすくなったので、数値以上に軽さを感じさせてくれます。

iPhone 12 Pro Maxの悪いところ

ディスプレイが黄色い

iPhone 12シリーズを購入したユーザーから少なくない数の「ディスプレイが黄色い」という声が上がっていますが、私もその中の一人です。

True ToneとNight Shiftをオフの状態で11 Proと並べてみるとその違いは一目瞭然です。

対処法もあるにはあるのですが、あくまでも改善という程度にとどまるので何とか対応していただきたいところです。

流石にこれは黄色すぎ。

Magsafeケースが原因で充電できないことがある

詳細については過去記事を読んでいただきたいのですが、Magsafe対応の純正ケースを装着しているとワイヤレス充電ができない時があります。

Magsafe充電器を購入する気がない私にとっては面倒なことこの上ありません。

純正ケースがツライチではない

純正ケース関連の不満が続きますが、iPhone 12 Pro Maxの純正ケースはカメラ部分が他の12シリーズよりも出っ張っているのでフチの存在感が半端ないです。

iPhone 11 Proシリーズの純正ケースのように真っ平らな背面にしていてくれたらよかったのに・・・。

12 Proシリーズの純正ケースからは本体の端子周りまできちんと覆ってくれるようになったので一概に悪いところだらけというわけではないのですが、できればツライチな背面が良かったです。

まとめ

以上がiPhone 12 Pro Maxを1ヶ月使用して私が感じたことでした。

全体的に完成度は高く、ディスプレイが黄色いこと以外で本体への不満はありません。

よりカメラ性能の高いiPhoneを手に入れたい人には自信を持ってオススメできる製品です。

本体の大きさに抵抗がある場合は「これはスマホではなくカメラ」と思えば案外すんなり馴染むかもしれません。

今後も使い込んで新たな発見があれば記事にしていきたいと思います。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを