Brydge Pro+購入レビュー〜iPad ProをMacBook Proに進化させるケース〜


こんにちは、Yotchanです。

本日はiPad Pro向けのトラックパッド内蔵キーボードケース「Brydge Pro+」を購入したのでレビューしていきたいと思います。

Apple純正ではないトラックパッドの仕上がりはいかに!?

Brydge Pro+とは

Brydge Pro+は海外にて販売されているトラックパッド内蔵のキーボードケースです。

トラックパッドのないBrydge自体はApple公式でiPad mini用のものが販売されているのでご存知の方もなかにはいらっしゃるかもしれません。

特徴は以下の三点。

  • トラックパッド内蔵
  • シザー式キーボード
  • バックライト付き

キーボード自体はMagic Keyboardと似たような使用です。

違う点があるとすればSmart ConnectorでのペアリングではなくBluethoothでのペアリングということ。

公式での動作動画はこんな感じです。

動作感はなかなか良さそう。

それでは、早速開封していきたいと思います。

開封の儀

iPad Pro 12.9と同じタイミングで届いたBrydge Pro+。

早速開封していきたいと思います。

箱を開けると中にはBrydge Pro+本体とiPad Pro第三世代用の背面カバーが付属しています。

第四世代iPad Proは背面カバーなしでの使用となることが注意点ですね。

キーボードは海外製品ということもありUSキーボード。

私はMagic KeyboardはUKを選択しているのでEnterキー以外での違和感は特にありません。

背面はMacBookライクな外観です。

イメージとしてはMacBook Proの下部を切り離した感じ。

非常にクールです。

iPad ProとBrydgeの接続部はこのようなヒンジに挟み込むスタイル。

使用し続けているとヒンジがゆるゆるにならないか少し心配です。

また、iPad Pro本体とジャストフィットする設計をされているので薄型のケースであっても併用はできません。

スキンシールぐらいなら大丈夫だと思います。

Brydge Pro+本体の充電はiPad Proと同じUSB-C端子。

一回の充電で3ヶ月程度は持つそうなのでそこまで充電頻度は多くなさそうですね。

Magic KeyboardのようにSmart Connectorでのペアリングではないため、BrydgeからiPadへの給電は出来ないのが注意点です。

2つとも充電する場合はケーブルをそれぞれ用意する必要があります。

Brydge Pro+の設定

iPad Proに接続してみるとMacBook Pro 13インチ風の外見になります。

ロックの解除はFace IDでできる分、MacBookよりもスムーズです。

ペアリングは通常のデバイスと同じようにBluethoothから接続できます。

Bridge Pro+を選択しましょう。

iPadの初期設定のままではスクロールが遅すぎるのでアクセシビリティのポインタコントロールで速度の調整をオススメします。

Brydgeは「Brydge Connect」というアプリを通してファームウェアアップデートに対応しています。

まずは最新のファームウェアに更新しましょう。

App Store:「Brydge Connect

ダウンロードが完了したらアプリを立ち上げましょう。

「Start」を選択して進みます。

アップデートはBrydge本体を充電しながら行う必要があります。

すでに充電している場合はもう一度刺し直すことで次のステップに進むことができます。

アップデートを開始したらキーボードに触れないようにという注意書きが表示されます。

「Start Update」を押した後はアップデートが完了するまでそっとしておきましょう。

アップデートが完了しました。

アップデートが完了すると、何やら会員登録をするように言われます。

ここはまぁ好みでしょう。

私はスルーしました。

Brydge Pro+の使用感

並べてみると、Magic Keyboard装着の11インチiPad ProよりもMacBook感が出ているBrydge Pro+。

外観は抜群に良いですが、使用感はどうなのか。

はっきり言って微妙でした。

期待していただけに失望が大きいという残念な結果です。

トラックパッドの精度が悪い

Brydgeのトラックパッドの精度はMagic Keyboardよりも劣ります。

これはSmart ConnectorではなくBluethooth接続の弊害なのかもしれません。

トラックパッドでのページスクロールは少しカクつきますし、カーソル移動もMagic Keybordと比較すると引っ掛かりがあります。

スクロールのコツはMacやMagic Keyboardのトラックパッドよりもしっかりと指を押し当ててなぞること。

いつもの感覚で表面を撫でるだけでは空振ります。

やはりトラックパッドは純正が最高なのか・・・。

ジェスチャー操作非対応

トラックパッドの精度が悪いことも問題ですが、より致命的なのがジェスチャー操作に非対応であるということ。

Safariで二本指で右にスワイプの「戻る」すらできません。

3本指や5本指のジェスチャーにも当然非対応。

対応していることはページスクロールのみ。

AssistiveTouchの項目で3本指でタップまではショートカットを登録できるので概ねジェスチャーを再現することは可能です。

ページ戻りに関してはキーボードショートカットを利用すればできるので、そこまで気にしなくても良いかもしれません。

もちろん、トラックパッドでできるにこしたことはありませんが。

ショートカットは便利

トラックパッドの精度には不満しかありませんが、キーボードは評価できます。

数字キーの上にMagic Keyboardにはない「ショートカットキー」が配置されています。

ショートカットキーはiPadに最適化されています。

  • ホームに戻る
  • 画面ロック
  • バックライトの輝度の調整
  • iPadの輝度の調整
  • キーボードの変更
  • 再生コントロール
  • 音量コントロール
  • Bluethooth
  • 電源

特に音楽や動画を視聴している時の再生のコントロールをキーボードで行えるのは便利です。

まぁ、これらの機能はトラックパッドがまともに動作していれば不要なんですけどね。

角度はMagic Keyboardよりも自由度が高い

キーボードの角度は最大180°までとMagic Keyboardよりも自由に調整ができます。

机に置けばApple Pencilも問題なさそうです。

キーボードとったほうが早いですけどね。

実機レビュー動画

想像していたよりも出来が悪かったので動作感を撮影する気力が湧きませんでした。

そのため、Youtuberさんの動画を引用させていただくにとどめたいと思います。

このYoutuberさんは心が優しいのか表現は優しめですが、感想は概ね私と同じです。

トラックパッド超微妙・・・。

まとめ

恵まれたデザインからの残念なトラックパッドというBrydge Pro+。

手元に残し続けるかはかなり悩む製品です。

というのも、価格は2.4万円程度なのでSmart Keyboard Folioと変わりません。

キーボード自体はシザー式ということもあって打鍵感は普通に良いのでただのキーボードとしてみると悪くはない。

また、Brydge Connectでファームウェアアップデートが配信されているので将来的にトラックパッドが改善される可能性もあります。

Magic Keyboardよりも1.7万円安いので妥協できないこともない範囲の仕上がりなところがさらに悩ましい。

そもそも私は12.9インチはサブ機であってキーボードの使用頻度はほとんどありません。

そういう意味では将来的なアップデートに期待して手元に置いていくのも一つの手かも。

キーボードショートカットなどを併用すれば普通に使える範囲ではありますし。

この製品はSmart Keyboard Folioは買えるけど、Magic Keyboardまでは手が出せないという人であれば買って後悔はしないかなと思います。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを