注目キーワード

[比較] Magic TrackPadとMagic Mouse はどっちがいい?–作業時間によって選ぶべきモノが変わる

こんにちは、Yotchanです。

本日はmacOS向けの入力デバイスではマウスとトラックパッドどちらを購入すべきか考えていきたいと思います。

Apple純正の周辺機器は悩ましい

Macを購入する際に悩むことの一つが周辺機器の選択です。

MacBookを選ぶ理由にトラックパッドの使い勝手をあげるユーザーも多いですよね。

そんなこともあり、デスクトップ型のiMacやMac miniを選ぶ人やMacBookシリーズを外部ディスプレイに接続して使用する人はマウスとトラックパッドのどちらを購入するか悩む人も多いはず。

そこで、本日はMagic TrackPadとMagic Mouseの両方を使用している私がそれぞれの製品が向いている人がどんな人かを考えていきたいと思います。

社外製のマウスにもいいものがある

Magic MouseとMagic TrackPadを比較する以前の段階で悩ましい点がApple以外の入力デバイスに魅力的な製品が複数存在することです。

結論から言うとトラックパッドに関しては精度の問題からMagic TrackPad2を購入した方が間違いなく後悔がないのですが、Magic Mouse2についてはその限りではありません。

例えばLogicool社のMX Masterシリーズは高機能マウスの傑作として名高いのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

Magic Mouse 2を購入してから1年半後にMX Master 3を購入しましたが、あまりの快適さにもっと早く購入しておけばよかったと後悔しています。

Magic Mouse2は多機能マウスと違って左利きでも使用できるという点は評価できるんですけどね。

それぞれの製品の特徴

カーソル移動のしやすさ

カーソル移動のしやすさを比較するとMagic TrackPadに軍配が上がります。

その理由はマウスと違って握る必要がなく表面をなぞるだけで操作することができるからです。

Magic Mouseではカーソルを移動させるためには手首を動かし、マウスパッドの上で本体を滑らせる必要があります。

この動作はディスプレイの数が多ければ多いほど移動する距離が長くなるので手首の負担は大きくなってきます。

Magic TrackPadであれば手首の動作は最小限に指を動かすだけでカーソルの移動ができるのでスムーズに操作することができます。

Magic Trackpadのレビューでも触れましたが、トラックパッドであればキーボードから手を離すことなく小指でも多少のカーソル移動ができます。

そのため、ブログ執筆時にはマウスよりも動作の無駄がなく集中して記事を書くことができるので重宝しています。

ドラッグ&ドロップのしやすさ

カーソル移動のしやすさの次に注目したいのはドラッグ&ドロップのしやすさ。

この点はMagic TrackPadよりもMagic Mouseの方がやりやすいです。

その理由はクリックした状態でのカーソル移動の負担がMagic TrackPadでは大きいからです。

Magic TrackPadは表面をなぞるだけのカーソル移動やスクロール操作では非常に楽で便利です。

しかし、ファイルをドラッグ&ドロップするという動作は感圧パッドを押した上でカーソル移動をせねばならないのでマウスと比較して手首への負担がかかります。

そのため、このような少し力をこめなければならない操作に関してはMagic Mouseのほうが手首を痛めにくいのでオススメです。

Magic TrackPadを選ぶべき人

以上を踏まえて私がMagic TrackPadを選ぶべきであると考える人の特徴は以下です。

  • ドラッグ&ドロップをすることが少ない
  • 一回にMacを使う時間が短い

先述の通り、Magic Trackpadでのドラッグ&ドロップはマウスと比較して手首に負担がかかります。

しかし、ドラッグ&ドロップをする機会が少ないのであれば個人的にはトラックパッドの方がオススメです。

理由としてはジェスチャー操作がMagic Mouseよりも種類が多く、TrackPadだけである程度の操作が完結するからです。

また、トラックパッドでのMacの操作はiPadやiPhoneを操作する時と同じように「直感的」に操作することができる点も魅力です。

トラックパッドはタッチパネルと似たような挙動をするのでかなり快適に操作することができます。

次の条件として一回にMacを使う時間が短いというものを挙げていますが、これはどちらかというとTrackPad でドラッグ&ドロップをする機会が多いかもしれない人向けの条件です。

ドラッグ&ドロップではマウスよりも手首に負担がかかりやすいと言いましたが、短時間の作業であれば何の支障もありません。

自身のMacの使い方をよく考えて選択しましょう。

Magic Mouseを選ぶべき人

Magic Mouseを選ぶべき人は以下です。

  • 長時間作業をする
  • ドラッグ&ドロップをする機会が多い
  • マウス操作に慣れ親しんでいる

なんだかんだ長時間作業する場合はMagic Mouseの方が向いているように感じます。

というのも、Magic Trackpadだけで操作し続けるのは少し手がつりそうになる時があるからです。

長時間作業する場合は概ねなにかしらのファイルを扱う機会も多いはず。

そこを考えるとMagic Mouseの方が無難なような気がします。

また、マウス操作に慣れ親しんでいる人はこちらでいいかもしれません。

トラックパッドは慣れると便利ですが、慣れるまでの過程を面倒だと思う人は慣れている入力デバイスを使用するのがよいでしょう。

私が選んだ入力デバイス

選ばれたのは両方でした。

Macで行う作業はその時々によって違うので使い分けが大事ですよね。

私の場合は2枚のディスプレイに出力して常時デュアルディスプレイ環境で作業しています。

ディスプレイの面積が広いと一度に表示できる情報量が多いので便利なのですが、端から端へのカーソル移動距離がどうしても長くなり手首への負担が大きくなってしまいます。

そのため、左側のディスプレイを操作するときはMagic TrckPad、右側のディスプレイを使用するときはMagic Mouseというように使い分けることで手首への負担を少しでも軽減する工夫を行なっています。

このようにディスプレイの広さや枚数に合わせて左右に入力デバイスを置いて役割分担をすることも一つの手段であると思います。

Magic Mouseを選んでもMagic TrackPadを選んでも作業効率という面で見ると大きく変わることはないので気にいった方の製品を選んでみてはいかがでしょうか。

社外品にしろApple純正品にしろ結局のところは「使ってみたい」と思ったデバイスを選択することがモチベーションにつながり、生産性を高めることにもなるので自分が何を欲しいのかよくよく考えてみてください。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマにApple製品やおすすめのガジェットの使い方や活用ノウハウを毎日お届けするガジェットブログ。