[2台購入レビュー] HomePod miniのステレオペアがMacやApple TVに最適です

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はMacやApple TV用のスピーカーがなかったのでHomePod miniを2台購入した話をしたいと思います。

3万円で組めるステレオスピーカーとしてみると音質も良く、AirPlay2でのApple製品とのシームレスな接続がクセになる製品です。

目次

HomePod miniのステレオペアの設定方法

まずは2つのHomePod miniを開封。

メッシュ調のデザインで可愛いですが埃がそのうち入りそうなのが少し気になります。

電源を挿すと光る
20WのACアダプターが付属

HomePod miniには20WのACアダプターが付属しているので買ってすぐに使うことができます。

HomePod miniに不具合が生じた際にはMacに接続することで復旧が可能なので初代HomePod miniと比べると信頼性が高い設計になっています。

iPhoneを近づけるとセットアップ開始
Apple IDの設定も自動

HomePod miniのセットアップはAirPods同様にiPhoneやiPadを近づけるだけですぐに行うことができます。

1台目のセットアップが終われば次は2台目の電源を挿して起動しましょう。

2台目はいきなりステレオペアとして設定可能
40W以上の2ポートACアダプターがあると便利

2台目のセットアップの際には「ステレオペアとして使用」という設定項目が追加されているので選択。

その後は何の設定もすることなくHomePod miniをステレオペアとして使用できます。

2台のHomePod miniを運用する際にはACアダプターを2つも挿すのはスペース的に厳しいので2ポートの40W以上のACアダプターがあると便利です。

HomePod miniをステレオペアで運用する理由

Apple TVやMacBook用のスピーカーが欲しかった

Appleのホームシアターセット
AirPlay2でMacのスピーカーにもなる

私がHomePod miniを2台購入してステレオペアで運用することにした理由はApple TVやMacBook用のスピーカーが欲しかったからです。

夜中に動画を見るときにはAirPods Maxを利用していて全く不満はありませんでしたが、平日の内勤中にヘッドフォンをするのは着信に気づかなくなるリスクがあることが難点でした。

スピーカー自体はグラスサウンドスピーカーやBose SoundLink RevolveといったワイヤレススピーカーであったりPC用のBoseのスピーカーがありましたが、MacとApple TVの切り替えが面倒なのでAirPlay 2に対応のHomePod miniは使い勝手の良さが魅力です。

HomePod miniのステレオペアのレビュー

音質はLSPX-S3のステレオペアに劣る

LSPX-S3のステレオペアの音質

HomePod miniのステレオペアの音質

私がアップロードした動画はGalaxy S22 Ultraのマイクで撮影したものなので実際の音はもっといいです。

HomePod miniのステレオペアも普通に音質がいいですが、価格が2倍のグラスサウンドスピーカーLSPX-S3と比べると音の明瞭感や分離感、低音の質で劣ってしまうことも事実です。

予算に余裕があって音質にこだわりたいのであればLSPX-S3(計6.6万円)やSonos Roam(計4.6万円)を2つ購入してステレオペアを組むことをオススメします。

動画用のスピーカーとしては最高

Apple TVとの相性が最高

音楽用のスピーカーとしてみると人によっては満足できないかもしれませんが、動画用のスピーカーとしてはHomepod miniのステレオペアは最高です。

他のスピーカーと比較すると低音が強調されていないので動画を長時間見ても聴き疲れしない音となっています。

音楽を聴くときにはLSPX-S3の方が気に入っていますが、動画再生時は違和感があるのでフラットなHomePod miniの方が好みでした。

AirPlay2でiPad / Mac / Apple TVの切り替えが簡単

Appleデバイスとの切り替えが楽

Apple製品に囲まれて過ごしている私にとってワンタップで接続を切り替えることができるHomePod miniは最高のスピーカーです。

iPadやMacBook、Apple TVに一瞬で切り替えれるので目まぐるしく使用するデバイスが変わる私には理想のスピーカーと言えるでしょう。

コンパクトで机の場所も取らない点もポイントが高いです。

HomePod miniのステレオスピーカーはApple信者に最適

メリット

  • 3万円でステレオペアが組める
  • AirPlay対応で接続が簡単
  • 置き場所を取らない
  • Apple Musicのロスレス再生に対応

デメリット

  • 音楽の音質は満足できない可能性がある
  • WiFiがないと使えない
  • 有線接続ができない
  • Androidで使用不可

最後にHomePod miniのメリットとデメリットをまとめるとこんな感じです。

HomePod miniはBluetoothスピーカーではなくAirPlayでのみ接続可能なスピーカーであるため、WiFi環境がないと利用できない上にAndroid端末で使用することはできません。

車載スピーカーとして使用することを検討している人はモバイルルーターを持っていないと使えない点には注意が必要です。

また、私のように多少音質に拘りのあるユーザーが音楽鑑賞目当てで購入すると満足できない可能性がありますが、動画再生用のスピーカーとしては非常に優秀なのでApple製品を多く持っている人には非常におすすめな製品です。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次