iPad mini 6がUSB C端子になったことでコンデジとの相性が抜群になった話

こんにちは、Yotchanです。

本日はiPad mini 6がUSB-C端子になったことで外出先でコンデジで撮影したデータを取り扱いやすくなった話をしたいと思います。

目次

機動性が高いiPad mini 6

iPad mini 6が発売されてから早いもので1ヶ月半が経過しました。

5Gに対応し処理能力が強化されたiPad mini 6の使用感は最高でどこにでも気軽に持ち歩くことのできる最高の相棒となりました。

iPhone 12 miniや12インチのMacBookと一緒に持って行ってもストレスのない唯一のiPadということで私の生活の質はiPad mini 6により間違いなく向上しています。

iPad mini 6の汎用性は高い

iPad mini 6は従来のUSB-C搭載のiPad ProやiPad Air 4よりもコンパクトなので比較的どうのような場所であっても作業を行うことができます。

例えば、コンデジで撮った写真を帰路の電車内で素早く取り込むのに最適です。

取り込んだ写真は高速な5G通信ですぐにSNSに投稿したりiCloud経由で共有することができるのでその日の出来事を共有したり他のデバイスに同期するのも一瞬です。

USB-C端子に対応したことで今までMacやiPad Proで利用していたアクセサリをそのまま流用できるという点もポイントが高いですね。

iPad mini 6はどこへ持ち歩くにも苦ではないので汎用性の高さはiPadでトップレベルだと感じています。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる