MacOS Catalina「SideCar」とDuet Display比較レビュー

こんにちは、Yotchanです。

本日はMacOS CatalinaおよびiPad OSにより実現した「Sidecar」に関して書いていきたいと思います。

なんだかんだDuet Displayは廃れなさそうです。

Sidecarとは

Sidecar機能はMacOS Catalinaで搭載されたiPadをMacのサブディスプレイとして使用可能にする新機能で、iPad OS搭載かつApple Pencilが使用可能なiPadと連携することができます。

Sidecarに対応するMacは以下です。

  • iMac 27インチ(Late 2015 以降)
  • MacBook Pro(2016以降)
  • Mac mini(Late 2018以降)
  • MacBook Air(Late 2018以降)
  • MacBook(Early 2016 以降)
  • iMac Pro(2017以降)
  • Mac Pro(2019)

Sidecarに対応するiPadは

上記のモデルでiPad OSをインストール可能な全ての端末が対象というわけではありません。

ちなみにiPad OSは以下のモデルでインストール可能です。

つまり、iPad mini4 , iPad Air2 , iPad第五世代はiPad OSをインストール可能にも関わらず Sidecar機能を使うことができません。

おそらくこれら三機種はCPUの世代が古すぎて Sidecarの処理に対応しきれないということなんでしょう。

ざっくりApple Pencilが使えるiPadはサブディスプレイ化ができると覚えれば大丈夫です。

Duet Displayとは

Duet DisplayはMacOS Catalina以前のMacやWindowsでiPadをサブディスプレイ化することのできるサードパーティー製アプリです。

Duet Displayの優れている点はMacの搭載OSを問わず Windowsでも全ての世代のiPadだけでなくiPhoneすらもサブディスプレイとして扱うことができる点です。

詳しくはコチラの記事をご覧ください。

Sidecarのメリット・デメリット

Sidecarのメリットは主に二つ挙げられます。

一つ目は、接続が非常に簡単な点。

Sidecarのメニューからデバイスを選択するだけでiPadをサブディスプレイにすることができる。

しかも、ワイヤレスで低遅延。

今まで有線でMacとiPadを接続していた身からすると荷物も手間も減り感動しました。

二つ目がサブディスプレイとして扱うiPadの画質がDuetのそれとは比較にならないほど綺麗な点。

例えるならば

Sidecar:iPadにガラスフィルムを貼った感じ

Duet Display:iPadにアンチグレアフィルムを貼った感じ

アンチグレアフィルムを使用したことのある方なら共感していただけると思うが、フィルムを貼ることでiPadの画質は目に見えて低下します。

画質よりも反射を抑えることを選択したフィルムなのでアンチグレアフィルムはそれでもいいのですが、今回は違います。

iPadをサブディスプレイとして扱う上で画質を落とすメリットは何もないのでDuet Displayの画質はSidecarと比較すると明確なデメリットとなります。

このようなメリットのあるSidecarですが、当然デメリットもあります。

一つ目がSidecar対応の端末がMac,iPad共に少ない点。

MacにおいてはMacOS Catalina搭載機種のみで当然Windowsは不可。

iPadに関してもApple Pencil対応機種のみ。

これでは割と最近の機種を所有しているユーザーしか扱うことができません。

ましてやMacはやはり日本においては Windowsと比較してまだまだユーザーが多いとは言えません。

そのため、ある程度ユーザーが限られた機能と言えるでしょう。

次に、Sidecar実行時の負荷が意外と高い点。

私はMacBook Pro 15(2017)とMacBook(2016)を所持していますが、Sidecar実行時には明らかにMacBookでは動作がもっさりします。

MacOS Catalinaをギリギリインストールできる程度のスペックなMacBookとは言え対応機種の少なさから言えばもう少しサクサク動いて欲しかった。

もちろんMacBook Proでは何の遅延もないのでMacBook Airなどのユーザーであれば何も問題はないかと思います。

MacBookが携帯性能に全振りでスペックはお察しなだけです。はい。

Duet Displayのメリット・デメリット

Duet Displayのメリットは何よりも対応機種の多さが挙げられます。

MacOS CatalinaをインストールできないMacや Windowsであってもサブディスプレイ化可能です。

そして、iPadもDuet Displayアプリをインストール可能であれば全て対応しています。

この拡張性の高さがDuet最大のメリットで、会社PCのWindows10であってもiPadをサブディスプレイとして扱うことができるため今後も必須アプリであることには変わりません。

デメリットとしては

  • 接続が有線であること
  • 画質がSidecarと比較して悪いこと

これらが挙げられます。

詳しい使用感は過去記事を参照ください。

まとめ

SidecarとDuet Displayの違いを紹介しましたがいかがでしょうか。

最後に表にまとめたものを改めて見ましょう。

Sidecar 、Duet Display双方に良い点と悪い点があります。

それぞれの違いを理解して快適なサブディスプレイライフを過ごしましょう。

2020.2.22追記

MacBook Air 2019におけるSidecarの実機動作レビューを行いました。

2020.2.16追記

Duet Displayの画質を改善する方法を今更ですが見つけました。

これでSidecarに画質は劣らなくなりました。

2020.2.5追記

Sidecar対応機種の中で最もスペックの低いMacBook Early 2016でのSidecarとDuet Displayの比較を実機動画で行いました。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを