iPhone 12 Pro Maxの広角レンズのピントが合わないので修理に出した話

こんにちは、Yotchanです。

本日はiPhone 12 Pro Maxの広角カメラで寄って撮影しようとするとピントが全く合わないので修理に出した話をしたいと思います。

iPhone 12 Pro Maxで接写できない

先日購入したイヤホンのレビュー記事用に写真を撮ろうとしたところiPhone 12 Pro Maxの広角カメラが異常なまでにピントが合わないことに気づきました。

少し距離をとって望遠で寄る分には問題ないのですが広角カメラで近くに寄ろうとするとこのようにピントが合わず全く撮影することができません。

Galaxy Note 20 Ultraではこのようにしっかりとピントが合っているのでiPhone 12 Pro Max側の問題である可能性が高そうです。

今まで広角カメラで寄って撮る機会が少なかったので意識していませんでしたが何かしらの不具合が起きているのかもしれません。

こちらは撮影時の状況を録画した動画です。

イヤホンに寄っている時にカメラのピントが合わず被写体が小刻みにぶれていることが確認できました。

イヤホンから焦点を外すとピントが合うのでセンサー不良があるのでしょうか。

また、イヤホンに照準を合わせた際にiPhoneの本体からカシャカシャといった音が聞こえることも確認しました。

この音は先日購入したカメラセンサー不良で写真がブレるというジャンク品のiPhone 6S Plusでも聞いた音であったため故障を確信。

おそらくは広角レンズ用のセンサーに不良があってピントが合わないのだろうと思いAppleに問い合わせてみることにしました。

遠隔診断の結果は異常なし

Appleサポートに今回の不具合について問い合わせたところ遠隔でiPhoneの診断プログラムを実行することになりました。

結果はまさかの「異常なし」でソフト及びプログラムで確認できる範囲ではハードの異常はないようでした。

しかし、実際に不具合が出ていることに加えて症状発現時の画面録画もある旨を伝えたところ修理を行う流れとなりました。

修理方法は3パターンほどありましたが、このiPhoneはAppleCare+に加入していたのでエクスプレス交換での修理を選択。

エクスプレス交換に際して今回の不具合で補償枠が1つ使用することになるのか確認したところ、確証はないがおそらく大丈夫との回答があり一安心です。

同じ端末を2年以上使うことがないので売却時にAppleCare+を解約できるのかという点は私にとって重要です。

1年で機種変する場合では解約時に残期間の1年分の料金(だいたい1万円)が返金されるのでここは気をつけておきたいところ。

交換品でも変わらず

エクスプレス交換を申し込んだ翌朝には交換品が届くという爆速対応。

改めてAppleのサポート体制の手厚さに舌を巻きました。

バックアップデータの復元などに時間がかかりましたが早速カメラでテストをしてみました。

交換後のiPhone 12 Pro Maxでの写真はこんな感じです。

まるで変わってないですね。

旧端末のように撮影時にカシャカシャ音を出しながら画面がブレることは無くなりましたがピントは見ての通りです。

少し引くと綺麗に撮れるので本当に謎。

ソフトウェア的な問題なのでしょうか?

15万のiPhoneのカメラがこの程度とは流石に納得がいかないような。

iPhone 8 Plusでは広角カメラで寄ってもピントが合うので釈然としません。

これからレビュー用で寄って撮る必要があるときは8 PlusかNote 20 Ultraで撮影するしかないのでしょうか。

もはや12 Pro Max固有の問題なんですかね。

今度からは発売日に飛び付かずに店頭でチェックしてからiPhoneを買うことにしよう・・・。

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを