【あえて買うのもアリ?】2023年にiPhone 13miniからiPhone 12 Proに買い換えた理由

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日は2023年にiPhone 12 Proを購入した理由を紹介したいと思います。

久しぶりの6.1インチiPhoneは使い勝手が絶妙ですね。

目次

iPhone 12 Proを今更購入した理由

6.1インチのiPhoneが使いたくなった

コンパクトで2台持ちに最適な13 mini

12 Proを購入するまでiPhone 13 miniをメイン機として利用していました。

13 miniの携帯性の高さとバッテリー持ちは評価していたものの、画面が小さいので家では全く出番がなくほとんどAndroidスマホを触る日々。

たまにiPhoneを触らなければならない時に手持ちの13 mini or 8 Plusの二択だったので程よくディスプレイが大きく、サクサク動作する6.1インチのiPhone欲が高まりつつありました。

12 Pro Maxは以前愛用していましたが、重さと他の手持ちAndroidスマホとサイズ感が被るので6.1インチが私にはベストです。

MagSafeは必須

レザーウォレットは必須

一度Magsafe対応デバイスを使うと以前の機種には戻れなくなってしまったという話はよく耳にしますが、私もその例に漏れずiPhone 12以降のiPhoneしか選択肢に挙げられなくなってしまいました。

Apple Watchでのキャッシュレス決済メインで探している中でたまにある現金オンリーの店はMagSafe対応レザーウォレットに忍ばせた現金で乗り切っているのでMagSafeは必須です。

XS Maxが手元にありながらもメイン機にできなかった理由はMagSafeがなかったことにあります。

MagSafe対応で安価な12 or 12 Pro

どちらを選ぶ?

MagSafeによって乗り換え先がiPhone 12以降に絞られたわけですが、円安の影響で14 Proが高価格化した影響で1世代落ちの13 Proも中古で買うには割に合わない相場感になっていました。

そのため、比較的安価なiPhone 12シリーズに焦点を当てて物色することにしました。

120Hzは少し欲しかったですが、13 Proと12 Proの価格差を見ると妥協したくなりますね。

カメラはX90 Pro+や12S Ultraで間に合っているのでiPhoneには求めていません

Proモデルの質感が好き

Proモデルの高級感はたまらない

iPhone12か12 Proの二択にまでは絞ることができました。

iPhone 12であれば5万円台、12 Proは7万円台ぐらいの相場観なのでざっくり価格差は2万円ほど。

現在愛用している13 miniからの乗り換えなので画面サイズ以外は純粋なスペックダウンになる12よりも、望遠カメラやLiDARスキャナを搭載している12 Proの方が目新しさはありそうです。

改めてスペックを見比べると13 miniの優秀さを再認識しつつも画面サイズを求めて12 Proに乗り換えることにしました。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

 

あわせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次