注目キーワード

ACEFAST T2実機レビュー〜約5000円の完全ワイヤレスイヤホン〜

こんにちは、Yotchanです。

本日はメーカー様からサンプル品を提供いただいたACEFAST T2完全ワイヤレスイヤホンを紹介したいと思います。

この価格帯は初めてですが思っていたよりも音質は良かったです。

ACEFAST T2とは

  • Bluetooth規格:5.2
  • 充電ポート:USB Type-C
  • 対応コーデック:AAC、SBC
  • 通信距離:見通し約10メートル
  • 充電時間:約 1.5時間(イヤホン)、約2時間(充電ケース)
  • 再生可能時間:7時間(イヤホン本体のみ) / 35時間(充電ケース使用時)
  • ドライバーユニット : 12mm径ダイナミックドライバー(複合振動板を採用)
  • 電池持続時間:ノーマルモードでは約7時間(イヤホン)、約35時間(ケース充電込み)、ANCモードでは約4時間(イヤホン)、約20時間(ケース充電込み)

ACEFAST T2完全ワイヤレスイヤホンはAmazonでクーポン値引き適用で約5000円で販売されている完全ワイヤレスイヤホンです。

この製品の仕様を見て驚いたのは低価格帯でありながらANCや外音取り込みに対応しているらしいということ。

これは気になる。

私は今までにAirPods Pro、PowerBeats Pro、WF-1000XM4の3製品しか完全ワイヤレスイヤホンを使用したことがありません。

いずれも定価3万円近いイヤホンなので1万円台はおろか5000円以下の完全ワイヤレスイヤホンは初めての経験です。

このような価格帯のイヤホンがどの程度の性能に仕上がっているのか興味をそそられます。

完全ワイヤレスイヤホンが主流になる前の有線イヤホン時代を含めても最低1.5万円のものを購入していたので低価格帯のイヤホンの使用は人生で初めてです。

このような機会でもなければ低価格帯のイヤホンを使用することもなかったと思うのでお声がけいただいたACEFAST様には感謝しかありません。

開封の儀

パッケージの内容物はイヤホン本体と充電用のUSB-Cケーブルに替えのイヤーピースが2セットです。

最近の製品だけあってこの価格帯でもUSB-Cになっていることには時代を感じます。

他のケーブルと共用できるので充電周りでのストレスはなさそうですね。

本体やケースの質感は価格相応といったところでしょうか。

テカテカした安っぽいプラスチックな質感ではなくマットな仕上がりとなっている点に企業努力を感じさせられます。

イヤホンの外観はAirPods Proに似ている気がしないでもありません。

イメージとしてはうどんが長いAirPods Pro。

取扱説明書

取扱説明書は多言語で記載されていて日本語表記の説明もありました。

備忘録として掲載しておきます。

低価格帯でありながら多機能ボタンが実装されていたりとなかなか頑張っている製品のように思えます。

実機レビュー

イヤホンの現物を一通り確認したので本題の実機レビューを行っていこうと思います。

ペアリング方法は簡単で初回接続の際は「ACEFAST T2」というデバイスを選択するだけでした。

今回、iPhoneでテストを行うことにした理由はSiriのショートカットが実装されていることからiPhone向けに最適化されたプロダクトであると認識したからです。

コーデック的にもSBCとAACなのでAndroidよりもiPhoneを意識していそうな雰囲気がありました。

思っていたよりも音はいい

正直、5000円かつワイヤレスイヤホンなので音質に期待していませんでしたが思っていたよりも音が良くて驚きました。

背景の楽器の音などは微妙ですがボーカルの声については聞いてられないほど悪いということは感じませんでした。

この価格帯に過度な期待を抱く人はいないと思うので買って失敗したと思うことはないはず。

5000円ならこれぐらいの音質という納得感のあるレベルにはなっています。

ただし、楽曲との相性は結構選ぶ印象はあるので普段聞くアーティストによっては全く合わない人も出てくるかもしれません。

私が普段よく聴くTwiceや乃木坂、ゲームのオープニングミュージックなどは問題ありませんでしたが凛として時雨はダメでした。

また、デスボ系の激しめのバンドは楽器の音が耳に刺さるので向いていない印象です。

イコライザはiPhoneの設定から

このイヤホンにはアプリでのイコライザ設定に対応していないのでiPhoneのイコライザを活用することになります。

iPhoneにプリセットしているものから選択せねばならないので自分の好みに調節することはできないのが注意点と言えるでしょう。

私的にはLate Nightが一番しっくりきました。

ANCは外では使い物にならない

個人的に一番気になっていたANC性能は残念ながら外では全く使い物になりませんでした。

足音すら聞こえるレベルなので機能していないと言っても過言ではありません。

しかし、室内においてはこのぐらいの空気清浄機の音であればかなり低減されるので全く機能していないというわけではありませんでした。

首振りのサーキュレーターの音は素通りしてきたので動きのない一定の音であれば消せるのかなという印象です。

離れても接続が途切れない

Bluetooth 5.2に対応しているだけあって接続は本当に途切れません。

Beats Solo Proを付けたまま私の自室から飲み物を入れにリビングに行くとブツブツ接続が切れていましたがこのイヤホンでは何度往復してもそのような現象は起きませんでした。

通常利用の範囲で接続が切れるという心配はしなくても良いと思われます。

(※人混みでのテストはしておりませんのでご容赦ください)

装着感は一番好き

私が一番意外だったのは装着感がAirPods ProやWF-1000XM4よりも良かったことです。

AirPods Proは耳から落ちそうな不安があり、WF-1000XM4はイヤーピースが蒸れやすいのでウォーキングの際には不向きでした。

このイヤホンはイヤーピースの質がいいという印象はありませんが本体が私の耳にフィットしているので落ちる心配は微塵もありません。

これは運動用のイヤホンとしても活用できるかもしれません。

Youtubeのでの利用には不満なし

音楽には相性があるように感じたこのイヤホンはYoutubeの動画を見る分には音声がクリアに聞こえるので不満らしい不満は見受けられませんでした。

ライブの動画などは実質音楽鑑賞となるのであまりオススメしませんが、Youtuberの動画であれば特に気になることはないでしょう。

私がいつも拝見しているガジェット系Youtuberさんのレビュー動画は快適に見ることができました。

5000円で実用レベルの動画視聴用ワイヤレスイヤホンと思えば悪くない気がします。

まとめ

今まで高級機しか使用したことがなかった私が人生で初めて使用した低価格帯のACEFAST T2は思っていたよりも実用的で衝撃を受けた製品となりました。

5000円でこれなら1万円のワイヤレスイヤホンはどれぐらいの音質なのだろうという興味が湧いてくるのでガジェットオタクは大変です。

そこまで音質にこだわりのない人であれば不満はないと思うので5000円以下のイヤホンを検討している人はいかがでしょうか。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマにApple製品やおすすめのガジェットの使い方や活用ノウハウを毎日お届けするガジェットブログ。