WF-1000XM4はiPhoneユーザーでも買いなのか?−LDACが利用できなくても十分に買い

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はSONYの完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」の1年間使用レビューをしていきたいと思います。

購入初日はAndroidウォークマン「NW-ZX507」で検証しましたがLDACに非対応のiPhoneでも「買い」です。

Momentum True Wireless 3との比較はこちら

目次

LDAC接続での音質は最高

WF-1000XM4の目玉機能はTWSで世界で初めてLDACコーデックに対応したことにあります。

ワイヤレスでのロスレス視聴の敷居がグッと下がったという意味でWF-1000XM4はTWS界に革命をもたらした製品であると言っても過言ではありません。

このように私はWF-1000XM4がLDACに対応していることに魅力を感じて購入しましたがLDAC非対応のiPhoneユーザーではAirPodsシリーズとどちらを購入するかで悩ましいところでしょう。

そこで、本日はLDAC非対応のiPhoneユーザーでもWF-1000XM4を購入する価値があるのかiPhoneとAndroidの2台持ちユーザーの私が紹介したいと思います。

AndroidデバイスとiPhoneでの実用上の違い

iPhoneとLDAC対応AndroidデバイスでのWF-1000XM4の実用上の違いはLDACに対応しているかぐらいで基本的な機能に違いはありません。

iPhone版のアプリでも「音質優先」の設定項目自体はありますがiPhoneではAAC接続が最も音質が良いコーデックとなります。

DSEE ExtremeについてはOS関係なく適用することができるので安心してください。

Apple系イヤホンよりも聴きやすく”イイ”音

  • AirPods Pro
  • AirPods 3
  • AirPods Max
  • PowerBeats Pro
  • Beats Solo Pro

私はApple系のイヤホン/ヘッドフォンはほとんど使用した経験がありますが満足度はWF-1000M4がトップです。

WF-1000XM4はコスパの神と言っても過言ではありません。

iPhone 12 miniと接続して試聴した感想からこれらのイヤホンたちと比較評価をしましたので以下に記します。

AirPods Pro / AirPods 3との比較

iPhoneユーザーの多くの人の選択肢に上がる完全ワイヤレスイヤホンはAirPods ProやAirPods 3なのではないでしょうか。

使用して比較したところAirPods Proは音質とノイズキャンセリング性能、バッテリー持ちでWF-1000XM4に劣っているように感じました。

ノイズキャンセリングについてはAirPods Proでも十分強力なので気にしないにしても音質は圧倒的にWF-1000XM4です。

バッテリー持ちについてもLDACより省エネなAAC接続ではカタログスペック通り8時間の連続使用に耐えうることが期待できるので、塾や自習など長時間連続して使用するシーンがある人は間違いなくWF-1000XM4が快適に利用できます。

このように基本的にはWF-1000XM4推しな私ですがAirPods Proにもオンリーワンの価値はあります。

AirPods ProはApple MusicやNetflixなどのコンテンツで空間オーディオに対応しているのでその点をどう捉えるかがWF-1000XM4との選択の鍵となるでしょう。

空間オーディオに対応したコンテンツを視聴したり、動画を見る機会の多い人はAirPods Proを購入した方が総合的な満足度は高くなるかもしれません。

Beats Solo Proとの比較

Beats Solo Proとの比較では音質、ノイズキャンセリング性能、装着性の全てでSolo ProはWF-1000XM4に完敗しています。

WF-1000XM4のノイズキャンセリングは特にサーキュレーターの風音の処理がうまく、ヘッドフォンのSolo Proよりも綺麗に周囲の音を打ち消すことに成功しています。

楽曲を再生している時ではどちらも気になりませんが無音時のサーキュレーターの音はWF-1000XM4が微かに聞こえる程度であったのに対してSolo Proははっきりと聞こえました。

Solo Proを使用する上で気になる着圧もWF-1000XM4では一切ないので個人的にはSolo Proを選ぶ価値はないと感じました。

AirPods Maxとの比較

値段が倍以上違うので比較する人はほとんどいないでしょうがついでなのでAirPods Maxと比較するとノイキャンのレベルは室内で使用する分には甲乙つけ難く、音質についても”楽曲による”という印象を受けました。

Apple Musicで配信されているTWICEやYOASOBIの楽曲はAirPods Maxの方がイイ音でしたが、高音の多いゲームの主題歌などではSolo ProやAirPods Maxはバックグラウンドの楽器サウンドが大きく、高音が耳に刺さるのでボーカルの声がWF-1000XM4よりも聞きにくかったです。

Appleが努力してAirPods Maxでワイヤレスでのロスレス再生ができるようになれば購入する価値はありますが、カジュアルに使用することを考えるとコストパフォーマンスの観点ではWF-1000XM4の方が満足度は高いです。

iPhoneユーザーでもWF-1000XM4は買う価値あり!

WF-1000XM4は音質よし、ノイキャンよし、バッテリー持ちよしという三拍子が揃った非常に完成度の高い完全ワイヤレスイヤホンなのでLDACに非対応なiPhoneでも十分に”買い”です。

Apple製品との連携や空間オーディオによほどの思い入れがある人以外はWF-1000XM4を購入することをオススメします。

WF-1000XM4を気に入ってLDACも体験してみたくなればWalkmanのA100シリーズを購入すれば気軽に環境を構築できるのでオーディオ体験の幅が広がることも魅力の一つです。

完全ワイヤレスイヤホンでこの完成度なのでヘッドフォンの方も気になってきたぞ・・・。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる