究極のめんどくさがりの「たすくま」記録②〜Apple Watchでの不満が解決〜

こんにちは、Yotchanです。

本日は究極のめんどくさがりが実践するたすくま活用記録第二弾をツラツラと記していきたいと思います。

初回記事にて記載していたApple Watchでのタスク登録の不満が解消されました。

「たすくま」の導入から二週間

3680円を投資したiPhone/iPad/Apple Watch向けタスク管理アプリ「たすくま」

先日よりさらに一週間伸びて二週間利用していますが、なかなか快適です。

それでは、2週間目の利用での気づきを紹介したいと思います。

Apple Watchでの不満が解消

それは、Apple Watchアプリで新規タスクを始める際にiPhoneアプリで登録ずみのプロジェクトを選択できないこと。

Apple Watchで開始する際にはおそらくデフォルトで割り当てられているものしか選択できません。

私がまだ不慣れでできることに気付いていない可能性はありますが、現状では不便です。

先日公開した記事の中で触れていたApple Watchでのタスク登録時の不満点。

私がただ不慣れなだけだったということが案の定判明しました。

記事を公開してすぐTwitterでいつもお世話になっているさかりょうさんに助言いただいたことで無事に解決しました。

さすがApple Watchマスターさかりょうさん。

たすくまの設定に行くとあるApple Watchの項目。

選択してみると助言通り初期の四項目がありました。

これを自分の利用したいプロジェクトを選択に編集していきます。

私は下記のタグで日々のタスクを定義づけています。

さかりょうさんは「起床」「睡眠」など起きてから寝るまで色々設定しているようでしたが、私には到底難しい・・・。

ベッドからでることすらも面倒なので、起床直後にタスクを開始する気力はありません。。。

起床や睡眠はそのうち気が向いた時に導入してみようかなと思います。

何はともあれ、無事にApple Watchからタスクを登録する場合でも問題なくプロジェクトを指定することができました。

これでわざわざメインのiPhoneをとりに行く手間が省けました。

気軽にタスクを登録できるようになったので使用頻度は高くなりそうです。

週末の利用方法がわからない

毎朝起きると表示されるこれまで自分が登録してきたタスクの数々。

平日はこのタスクの山を見て生活しているのですが、仕事のない休日はどうにも調子が狂います。

休日にすることといえばごろごろプライムビデオを見たりブログを書くぐらい。

嫁と赤ちゃんが退院して里帰りを経て我が家に帰ってきたら活動の中心は赤ちゃんになります。

そうなると、ますます私が休日にタスクをこなすことは困難になります。

まぁ、たすくまは行動を記録してタスクを積み上げていくアプリなので使えないと言うことはありません。

しかし、私はめんどくさがり。

リピートタスクになり得ないタスクを登録することに意味は感じません。

今時の若者らしく、「意味がないことは無駄である」と考える傾向にあります。

私がたすくまを導入した動機は在宅期間中の仕事を効率化すること。

そういった意味では平日に活用できていると言う点でたすくまの導入は見込み通りの成果を上げているということになります。

必要十分な成果です。

まとめ

日々の時間有効活用できるタスク管理アプリ「たすくま」。

ズボラでめんどくさがりの私でも2週間続いているということからそれなりの「効果」と「手間の少なさ」は折り紙付き。

これから身につけたい習慣がある人などはたすくまの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを