iPadのMagic Keyboardは結局使わなくなる話。求めている姿とのギャップが大きい

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日は買って売って買い直してを繰り返した挙句の果てに結局Magic Keyboardを使わなくなってしまう話をしたいと思います。

なんだかんだiPadという枠を超えられないんですよね。

目次

Magic Keyboardは便利だけど不便

キーボードを付けてもMacにはなれない

iPadで本腰を据えてブログを書く際に便利なMagic Keyboardは使えば使うほどもどかしい気持ちになるアイテムだと思っています。

トラックパッドの反応やクリック感がMacBookの内蔵キーボードよりも見劣りしますし、キーボードの挙動もiPadOSとmacOSの違いが原因なのか異なります。

また、12.9インチのMagic KeyboardでさえMacBook Airよりも窮屈である点もストレスが溜まるポイントです。

その結果、キーボードやトラックパッドを使いたい時はMacBookで作業をした方が効率がいいのでMagic Keyboardの出番がなくなってしまうわけです。

Yotchan

見た目的にも重量的にもMagic KeyboardをつけたiPadにはMacと同じレスポンスを期待するのですが、iPadという壁を越えられないんですよね。

Yotchan

残念ながら求めているMacの代わりという姿にはiPadを導いてくれませんでした。

重いし嵩張る

11インチiPad ProとMaaBook Air

作業効率の観点だけでなくMagic Keyboardを装着したiPadは重くて嵩張る点もネックです。

Magic Keyboardを装着した状態のiPadは11インチであれば1.1kg、12.9インチでは1.4kgもの重量になります。

そうなると1.3kgのMacBook Airと300gのiPad miniの2台を持ち歩く場合と大きさも重さも大して変わらないのでMagic Keyboardを使わなくなってしまいました。

Yotchan

Magic Keyboardを付けてもMacにはならないことを考えるとMacBookとiPad miniの2台持ちがベストです。

iPadのキーボードはESRがちょうどいい

右:ESR

このようにMagic Keyboardは実用面で難があるので純正よりも安価なサードパーティ製のキーボードを購入するに留めておいた方がいいと思うようになった今日この頃です。

Magic Keyboardは持っている時は不満しかないのに手放したら「軽い作業であればiPadで行いたい」と思ってしまう病気を持っている私には純正に見劣りしないクオリティのESRのキーボードがちょうどいいですね。

ブロガーということもあって検証などでMagic Keyboardが必要になるかもしれないので売って買ってを繰り返した経験則から一応手元に残しておきますが、Magic Keyboardは私には合わない製品だと痛感している次第です。

ガジェット好きはこちらも必見!

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次