オシャレで高音質なSONYのグラスサウンドスピーカー「LSPX-S3」を購入しました

こんにちは、Yotchanです。

本日は前々から欲しかったオシャレかつ高音質なSONYのグラスサウンドスピーカー「LSPX-S3」を購入したので紹介したいと思います。

目次

物欲に負けて購入

以前から購入を検討していたグラスサウンドスピーカー「LSPX-S3」をついに購入しました。

購入の決め手は耳だけでなく目でも音楽を楽しみたいと思う機会が増えてきたからです。

ここのところ仕事が忙しくなりストレスが溜まっていることを自覚しているので自分を癒して心身を整えるための投資はしておいて損はないと判断しました。

開封の儀

ようやく我が家にグラスサウンドスピーカーがやってきました。

想像していたよりも土台の部分が大きく、重量感があります。

ボタンや端子は背面に最小限のものだけ配置されています。

端子もUSB-CなのでMacBookやiPad Pro、Xperiaなどとケーブルを使い回しができるので充電に関するストレスはないでしょう。

付属品はガラス管を拭くためのクロスと本体に合わせた色の上品な布地のUSB-Cケーブルの2点です。

他にも取扱説明書などが入っていましたが見ることもないと思うので割愛します。

雰囲気抜群なライト

私が最も期待していたインテリアとしての見栄えは満点に近いです。

光量を32段階で調節できるので部屋の雰囲気や気分に合わせて変更ができるのでかなりいい感じ。

それにしても美しい。

懸念していた音質面も不満なし

購入前にLSPX-S3のレビューを見ていると先代のLSPX-S2と比較するとハイレゾ非対応になって音質が悪くなったという評価を複数見ていたので心配していた音質面については納得のできるレベルに仕上がっていて特に不満は感じていません。

強いて言うのであればAAC接続のiPhoneだとLDAC接続かつDSEE Ultimateを有効にしたXperiaよりも音が篭っているかなぐらいでしょうか。

DSEE Ultimateに関してはLSPX-S3自体がハイレゾ非対応なのでどこまで恩恵があるのかわかりませんがないよりはマシなはず。

私がLSPX-S3で最も楽しみにしていたピアノメインのクラシックはイヤホンや他のスピーカーでは体験できないクリアかつ生々しい響き方で聴いていてとても癒されます。

クラシック以外では女性ボーカルとの相性も抜群でTWICEのBe αs oneを試聴した際には鳥肌が立つほど。

ロック系は低音が物足りないのでMusic CenterアプリにイコライザがないLSPX-S3との相性は微妙な印象でした。

音質有線接続は音飛びが気になる

LDAC対応のスマートフォンでは「音質優先」と「接続優先」という2種類の接続方法から選択できますが「音質優先」時は音飛びが頻繁に起こるので接続の安定性という意味では微妙な時があります。

しかし、この音飛び問題はある程度回避することが可能でMusic Centerを開いていると「音質優先」時の音飛びが激しいので再生時はアプリのタスクキルをしておくことをオススメします。

また、iPhoneのAAC接続時は音飛びが特に気になったことはありませんでした。

私には最高のワイヤレススピーカー

定価8万円のWalkman NW-ZX507や定価6万円の有線イヤホンHA-FW1500を愛用している私はワイヤレススピーカーやワイヤレスイヤホンに過度な期待は寄せていません。

最低限不満を覚えない程度の音質と日常的に利用したくなる特徴を備えているものであれば極論なんでもいい。

そういった観点ではLSPX-S3は私にとって最高のワイヤレススピーカーです。

音楽に聴覚だけでなく視覚での楽しみを提供してくれるこの製品の価値は価格以上のものであると断言できます。

1月11日まで5000円キャッシュバックキャンペーン

私が今回LSPX-S3の購入を決断した背景には1月11日まで5000円キャッシュバックキャンペーンが開催されていたということが関係しています。

Amazonでは32800円程度で購入でき、5000円のキャッシュバックを利用すると27800円で購入できるので定価ベースで見ると1万円引きの計算です。

このキャンペーンが次にいつ来るかわからないので気になっている方はこの機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか?

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる