Apple TV 4KとFire TVの違い

10 / 100 SEO Score

こんにちは、Yotchanです。

本日はApple TVとFire TVの違いを紹介したいと思います。

Apple TVとは

Apple TVはAppleが販売しているPrime VideoやNetflixなど各種動画サービスを視聴可能なテレビ用のデバイスです。

最近のテレビではAndroid搭載でYoutubeや各種動画サービスに単体でアクセス可能ですが、そうでないテレビにはネット接続のためのデバイスとしては選択肢の一つに入ってくるでしょう。

私がこのApple TVを購入した主な理由はテレビ画面へのミラーリングをより簡単に行いたかったからです。

Fire TVとは

Fire TVはAmazonが販売している動画ストリーミングサービス用のデバイスでおそらくほとんどの人が知っているものでしょう。

Prime Videoをはじめとした各種動画サービスが利用できます。

最近ではYoutubeが復活したとあって便利性が増しました。

Amazonのセールで安売りされる機会も多いので購入を検討したことのある人は多いのではないでしょうか。

Apple TVとFire TVの違い

Apple TVとFire TVはその名の通り基本的にはテレビで動画コンテンツを楽しむことが主目的のデバイスです。

一見、これら二つのデバイスでできることに変わりがないように見えますがもちろん違うところはあります。

Apple TVではApple製品との連携が可能

Apple TVはiPhoneやMacなどのApple製品との連携が可能となっています。

その中でも最もメジャーな機能はAir Play。

MacやiPhone,iPadの画面を簡単なワンステップでテレビ画面に出力することができます。

両親が訪れた際に子供の写真や動画をテレビの大画面で見せてあげるといった使い方ができます。

そのほかにもYoutubeアプリはApple TVのリモコンでは動画検索が手間がかかってしまいます。

そんな時にMacでYoutubeを再生している画面をミラーリングすれば動画の検索の速度が飛躍的に向上します。

ミラーリング以外にも音楽をMacで再生したり、Apple Arcadeのゲームをプレイすることも可能です。

Apple TVアプリが視聴可能

Appleの動画サブスクリプションサービス「Apple TV+」の視聴はFire TVではできません。

そういった意味ではApple TVの方が優位性があると言えるでしょう。

しかし、肝心のコンテンツが貧弱なのでPrime Videoで何の支障もないのでメリットがあるかと言われればありません。

スペックが大違い

Apple TVはFire TVと比較して高額な分、スペックは非常に高いです。

Apple TV 4KはFire TV Stick 4Kに、Apple TV HDはFire TV Stickとそれぞれ競合します。

これらのスペックの中で最も大きな違いはCPUとRAMのスペック。

Fire TVと比較してApple TVはCPU性能が高く、RAMも大容量です。

特にApple TV 4Kに搭載されているA10XチップはiPad Pro 10.5に搭載されていたものなのでこの手のデバイスに搭載されるCPUとしてはオーバースペックなほどです。

Apple TV HDのA8チップはiPhone6相当ですが、Appleが現在も販売を続けている以上ユーザー体験を阻害しない程度のスペックは維持していると判断されているのでしょう。

CPUとRAMは高性能なほど処理能力が高くなります。

そのため、一般的にはApple TVの方がFire TVよりもストレスのない動作が見込めるでしょう。

リモコンのインターフェイスが違う

Apple TVとFire TVのリモコンのインターフェイスは大きく異なります。

写真はApple TV 4KとFire TV Stickのリモコンです。

Fire TVは丸い部分を上下左右に押すことでボタンの役割を果たします。

一方、Apple TVのリモコンは上部の黒い部分がMacBookでいうトラックパッドのような働きをするのでジェスチャーで操作することになります。

それぞれの使用感の違い

Fire TV StickからApple TV 4Kに乗り換えて驚いたことが画質の良さ。

テレビとWiFiはFire TV時代と同一で、テレビ自体も4Kに対応していないのでApple TV 4Kでの出力はFHDのはず。

にもかかわらず、画質が大幅に向上しており驚きました。

おそらくはCPUとRAMの処理能力の差なのだろうと思います。

それ以外何も変わっていないので要因がそこしかありません。

次にミラーリングが非常に便利な点がいいですね。

元々、私はFire TVでAir Receiverというアプリを用いてMacやiPhoneの画面をテレビに出力していました。

しかし、そのアプリが今年に入ってからなぜか正常に動作しなくなったためApple TVを選んだという背景があります。

それだけに安定して瞬時に画面を出力できるApple純正のミラーリング品質には満足です。

まとめ

以上がApple TVとFire TVの違いです。

正直にいうとPrime Videoを見ること以外しないのであればFire TVでも必要十分です。

Air Playでテレビの大画面で写真や動画を出力して鑑賞したい場合のみ購入を検討すれば良いと思います。

個人的にはガジェットの値段としては約2万円とそこまで高くもないので満足です。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!

Apple TVの最新記事8件

NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを