AirPodsを絶対に中古で購入してはいけない理由〜バッテリー交換は実質買い直しと同義!!〜

こんにちは、Yotchanです。

本日はAirPodsを絶対に中古で買ってはいけない理由を紹介します。

言い方は悪いですが、中古のAirPodsはお金をドブに捨てるのと同義であると思っています。

魅力的なAirPodsシリーズ

AirPods初代が発売されてから3代目までに系譜を重ねたAirPodsシリーズ。

ペアリングの手軽さや通話時のイヤホンマイクとしての優秀さから購入を検討したことのあるiPhoneユーザーは多いはず。

私も多分に漏れずその中の一人で、先日AirPods Proを購入したばかりです。

実際に使ってみると使い勝手が良く、外音取り込み機能がまさに「魔法」と感じるほど私の中で革命的な製品でした。

そんなAirPodsシリーズですが、多くの人にとってイヤホンの割には高額な価格であることから購入を躊躇う人も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

現行で最も安価なワイヤレス充電に非対応の第二世代AirPodsですら税別で17800円からと結構なお値段です。

私のようにガジェットに関する金銭感覚が麻痺してしまった人間はAirPods Proの税込3万円という価格も「安い安い!」と気にもとめませんが、冷静に考えると高いです。

そこで選択肢に上がるのが中古での購入。

予算に限りがある学生さんでは妥協して中古での購入を選択する人もいるでしょう。

しかし、AirPodsだけは間違い無く中古で買ってはいけない製品であると断言できます。

その理由を紹介していきたいと思います。

ワイヤレスイヤホンの宿命

ワイヤレスイヤホンには共通して避けることのできない宿命があります。

それはバッテリーが劣化するという運命。

連続使用時間が最初は5時間程度のAirPodsもずっと使い続けていればバッテリーが劣化して1時間ももたなくなる時が訪れます。

よく音楽を聴く人はバッテリーの充放電回数が多いので当然のことながら劣化するペースは早くなります。

AirPodsのバッテリー交換はAppleCare+に非加入の場合は上記の価格での対応となります。

バッテリー交換というか本体交換になるんですけどね。

AppleCare+に加入している状態でバッテリーが劣化した場合は無料でバッテリー交換を行ってくれます。

しかし、このAppleCare+はAirPodsを新品で購入後1ヶ月以内しか加入できないサービスです。

つまり、中古のAirPodsは前オーナーがAppleCare+に加入していなければほとんど使い捨てのイヤホンになってしまうということ。

中古のAirPodsはそもそものバッテリーの劣化状況を知ることができません。

もしバッテリー劣化済みの個体を購入してしまうと泣き寝入りするしかないのが現実です。

加えて、そもそもAirPodsの中古価格自体もそこまで安くありません。

よくイオシスやじゃんぱらで見る中古品は定価x0.8ぐらいの値段。

AirPodsは元の価格がそこまで高額ではないので、新品との差額が実は3000円以内ということもざらにあります。

そんな価格差であれば将来的なコストを考えると新品を購入した方が後悔することはないのではないでしょうか。

まとめ

まとめるとAirPodsに限らずワイヤレスイヤホンの中古購入はやめておこうということ。

PowerBeats Proのようにバッテリーが連続9時間もつような大容量バッテリーを搭載しているのであればいいですが、5時間前後のものは新品で購入するのが無難でしょう。

AirPodsはiPhoneユーザーにとっては生活をより便利にしてくれる魔法のイヤホンです。

だからこそ、ストレスなくAirPodsを活用できる環境を構築することが重要なのです。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを