AirPodsを絶対に中古で購入してはいけない理由〜バッテリー交換は実質買い直しと同義!!〜

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はAirPodsを絶対に中古で買ってはいけない理由を紹介します。

言い方は悪いですが、中古のAirPodsはお金をドブに捨てるのと同義であると思っています。

目次

魅力的なAirPodsシリーズ

AirPods初代が発売されてから3代目までに系譜を重ねたAirPodsシリーズはペアリングの手軽さや通話時のイヤホンマイクとしての優秀さから購入を検討したことのあるiPhoneユーザーは多いはず。

そんなAirPodsシリーズですが、多くの人にとってイヤホンの割には高額な価格であることから中古で購入することを検討する人もいるのではないでしょうか。

しかし、AirPodsだけは間違い無く中古で買ってはいけない製品であると断言できます。

ワイヤレスイヤホンの宿命

バッテリーが劣化する

ワイヤレスイヤホンには共通して避けることのできないバッテリーが劣化するという運命が待ち受けています。

連続使用時間が最初は5時間程度のAirPodsもずっと使い続けていればバッテリーが劣化して1時間ももたなくなる時が訪れます。

AirPodsのバッテリー交換はAppleCare+に非加入の場合は上記の価格での対応となります。

AppleCare+に加入している状態でバッテリーが劣化した場合は無料でバッテリー交換を行ってくれますが、中古のAirPodsは前オーナーがAppleCare+に加入していなければほとんど使い捨てのイヤホンになってしまいます。

中古のAirPodsはそもそものバッテリーの劣化状況を知ることができないのでバッテリー劣化済みの個体を購入してしまうと泣き寝入りするしかないのが現実です。

中古でも別に安くない

AirPodsは元の価格がそこまで高額ではないので、新品と中古商品の差額が実は3000円以内しかなかったということもざらにあります。

そんな価格差であれば将来的なコストを考えると新品を購入した方が後悔することはないのではないでしょうか。

偽造品(コピー品)をつかまされるリスクがある

また、中古のAirPodsを購入する上で気をつけなければいけないのが偽造品をつかまされるリスクがあることです。

AirPodsシリーズはコピー品が大量に出回っているので中古での購入はリスクしかありません。

正規品を新品で購入さえしていれば不要になって売る時にも高値で売却できるので新品で購入することをお勧めします。

まとめ

まとめるとAirPodsに限らずワイヤレスイヤホンの中古購入はやめておこうということです。

バッテリー持ちやコピー品を購入してしまうリスクを考えると新品で買った方が安心です。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次