iPhone 11 Proは今が買い時かも?〜XS以前からなら一つの選択肢〜

こんにちは、Yotchanです。

本日はiPhone 12シリーズの販売が開始され、型落ちとなった今こそiPhone 11 Proが買いだと思う理由を紹介します。

最安7万円代から購入可能

iPhone 12の発売以降、iPhone 11 Proの中古価格は大幅に下落しています。

iPhone 12発表以前は64GBモデルが9万円前後で出品されていましたが、今では76000円まで価格が下落しています。

この価格であれば最新のiPhone 12シリーズではなく先代の11 Proも十分に買いだと思うのは私だけでしょうか?

iPhone XS以前のユーザーであればiPhone 11 Proでも十分に満足できると私は考えています。

iPhone史上初のトリプルカメラ採用機

私がiPhone 11 Proを型落ちになった今でも「買い」だと考えている理由の一つにカメラ性能の高さが挙げられます。

処理能力という点では通常用途であればiPhone 8やXに採用されていたA11 Bionicはまだまだ現役で、ゲーム用途においてはiPhone XSやXRで採用されていたA12 Bionicでも問題はないでしょう。

しかし、カメラ機能という点にフォーカスを当てるとiPhone 11 Proのカメラ性能はかつてないほど前モデルよりも進化しています。

こちらはフラッシュライトオフで暗い室内を撮影した写真の比較です。

iPhone 11シリーズで初実装されたナイトモードを利用しなくてもiPhone 11 Proの暗所性能は劇的に向上しています。

iPhone 11 Proから二世代前のiPhone Xと比較するとその差は一目瞭然です。

それ以外にもナイトモードや超広角カメラなどiPhone 11 Proで初めて実装された機能もあります。

カメラ機能の詳細は以下の過去記事をご参照ください。

iPhone 12との比較

ざっくりとした比較になりますが、iPhone 11 ProとiPhone 12のどちらを購入すべきかは悩ましいところです。

iPhone 12シリーズはPro以外の全てのモデルにおいても有機ELディスプレイを採用したことにより、1世代前のProモデルと仕様がほとんど変わらないコスパモンスターな端末になっています。

  • iPhone 11 Pro : 望遠カメラ
  • iPhone 12 : A14チップ、超広角でのナイトモード、Ceramic Shieldガラス、5G対応、Mag Safe対応

それぞれのメリットを簡単に挙げるとこのようになります。

そう、比較してみると望遠カメラ以外でiPhone 11 ProがエントリーモデルのiPhone 12に勝てる部分がないという異常事態が発生しています。

この点に関しては後日より詳細に掘り下げる記事を書きたいと思っていますが、現時点で皆さんに頭に入れておいてほしい事はiPhone 12の購入も視野に入れるべきということ。

超広角カメラは意外と使うことが多かったのでナイトモードに対応されたことは個人的に大きな変化であると考えています。

しかし、同時にメイン機として利用するのであれば望遠カメラがあったほうが便利なのも確かです。

価格的には若干11 Proの方が安いか同じぐらいになると思うので悩ましいところですね。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを