Folio Touch Keyboard Case with Trackpad for 11インチiPad Proが2万円以下でお得

こんにちは、Yotchanです。

本日はLogicool Folio Touch Keyboard Case with Trackpad for 11インチiPad Proがコスパ良くていい感じというお話をしていきたいと思います。

Logicool Folio Touch Keyboard Case with Trackpad for 11インチiPad Proとは

久しぶりにAppleのホームページを見ているとこちらの商品を発見しました。

iPad第七世代やiPad Air3用に販売されていたLogicoolのトラックパッド内蔵キーボードケース。

そのiPad Pro 11版が追加で販売されていました。

価格もMagic Keyboardよりも税込で1.5万円ほど安く、かなり魅力的。

少なくともSmart Keyboard Folioを購入するよりもお買い得な気はします。

それでは、この商品がどのようなものなのか一緒に確認していきましょう。

商品リンク:Apple

製品仕様

ジェスチャー操作対応

まずはキーボードの使用を見ていきましょう。

Magic Keyboard同様にシザー式キーボードでトラックパッドはジェスチャー操作に対応しています。

トラックパッド内蔵キーボードの一つであるBrydge Pro+はジェスチャー操作に対応していなかったのでこの点は安心ですね。

バックライトキーボード

キーボードはバックライトキーボードであるため暗い場所でもキーの判別が問題なく可能。

この辺りのキーボードの仕様はMagic Keyboardと変わりがありません。

ちなみにですが、キーの配列はUSのみ

JIS配列にこだわりがある人には不向きな製品と言えるでしょう。

Smart Connectorでのペアリング対応

Folio Touch Keyboard Case with Trackpad for 11インチiPad ProはSmart Connectorを採用しているためキーボードへの充電やペアリング不要で利用できる仕様になっています。

また、Apple Pencilのホルダーがあるため持ち運びの際に紛失する心配がありません。

Magic KeyboardではApple Pencilのホルダーがないので嬉しいポイントです。

キーボードショートカットあり

Folio Touchにはキーボードショートカットが用意されています。

Magic Keyboardにはないのでかなり便利な付加機能と言えるでしょう。

音量や輝度をキーボード側で調整できるのは使ってみると便利でいいんですよね。

Apple Pencilも使える

Folio Touchではケースを外さなくてもApple Pencilを使用することができます。

Magic Keyboardでは装着時は完全にApple Pencilが使えないので嬉しい人は多いでしょう。

これは割といいかも・・・!

キックスタンドを収納すれば背面が完全にフラットになると思うので手に持ちながら書くこともできそうです。

キーボードの分離はできない

iPad第七世代用やiPad Air3用のCombo TouchではSmart ConnectorがiPadの側面にあることからキーボードの分離が可能でした。

しかし、iPad Pro 11ではSmart Connectorが背面にあるからかキーボードの分離ができない仕様になってしまいました。

LogicolのトラックパッドキーボードがiPad Pro 11に対応したと聞いて最も期待した点であったので非常に残念です。

まとめ

Apple Pencilの併用ができるトラックパッド内蔵キーボードということで非常に好感を持てる本製品。

価格もMagic Keyboardと比較すると安価ですし、間違いなく万人受けするキーボードケースです。

個人的にはキックスタンドを採用していることから膝上で使いにくそうなのが気になる点ではあります。

しかし、Magic Keyboardと違って手持ち使用時用のケースを別に持ち歩く必要がない点はGood。

甲乙つけがたい製品です。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを