【ハイレゾ・LDAC対応】SOUNDPEATS「Air3 Deluxe HS」が1万円以下とは思えない音質でコスパが最高でした【PR】

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はSOUNDPEATS JAPAN(@SOUNDPEATS_JP)様より提供いただき、10月22日に発売予定の新型ワイヤレスイヤホン「SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS」を先行体験する機会を頂戴したので紹介したいと思います。

一万円以下とは思えない音質でそれなりにオーディオ環境を整えた私でさえも衝撃を受けたワイヤレスイヤホンです。

メーカー様より率直な感想を好きに書いて構わないとのことだったので好き勝手書かせてもらっています。

目次

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSとは

https://jp.soundpeats.com/pages/air3-deluxe-hs-presale
  • 世界初、日本オーディオ協会の「Hi-Res Wireless」ロゴを冠したインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン。最大20Hz~40kHz(従来型コーデックは20Hz~20kHz)
  • 【ハイレゾの音を生きたまま届ける「LDACコーデック」対応】※iPhoneはAAC
  • 【14.2mmダイナミックドライバーのパワフルで自然な音】
  • 【まるで空気のように軽い装着感を実現するインナーイヤーデザイン】製品に内蔵のセンサーにより着脱を検出し、音楽の一時停止・再生を自動で行う機能も用意 
  • 【高音質のリスニング体験を長時間楽しめる】イヤホン本体が満充電の状態で最大5時間、付属の充電ケースを合わせて使うと、最大20時間の音楽再生が可能
  • 12ヶ月のメーカー保証付き

Air3 Deluxe HSはインナーイヤー型のワイヤレスイヤホンとしては世界で初めて「Hi-Res Wireless」の認証を受け、高音質なLDACにも対応している新製品です。

安価でありながらも音質に拘った製品ということで興味をそそられます。

SOUNDPEATS Air3Deluxe HSの体験レビュー!

外観と付属品

パッケージの内容物はAir3 Deluxe HS本体とUSB-Cケーブルでした。

日常的に定価3万円以上のワイヤレスイヤホンばかり使っている身からするとチープ感はありますが、1万円以下の価格帯と言われると悪くはないような気がします。

イヤホンはケースの質感よりも音質が重要なので私には気になりません。

イヤホンの本体はAirPods 第二世代に近い外観のインナーイヤー型です。

カナル型は長時間装着していると耳が痛くなるので耳への負担が少ないインナーイヤー型イヤホンは一つ持っていると便利です。

箱出しでも音質は良好

外観のチェックを早々に切り上げて肝心の音質をチェックすべくペアリングして楽曲を試聴してみました。

ファーストインプレッションとしては一万円以下でこれだけいい音が鳴らせるようになったのかと驚きはしましたが、普段から3万円以上のワイヤレスイヤホンや15万円超えのDAPと有線イヤホンで聴いている身からすると値段相応という印象でした。

しかし、専用アプリでチューニングするとその評価は覆されました。

専用アプリでチューニングすると化けた

SOUNDPEATSアプリをインストール
ファームウェアをアップデート

Air3 Deluxe HSは「SOUNDPEATS」アプリをインストールすることによってファームウェアアップデートやイコライザーの設定ができます。

可変的なイコライザーの設定は必須

いろいろと弄る項目はありますが、「可変的なイコライザー」の設定を行うと音質がガラッと変わるのでオススメです。

ユーザーの聴力に最適化

設定が終わるとユーザーの聴力に合わせてイコライザーが設定されます。

イコライザーが最適化された状態で楽曲を試聴すると明らかに音の解像感が増し、箱出しで試聴した際に感じたモヤっと感がないクリアな音質になって舌を巻きました。

高音のクリア感は下手したら6万円の有線イヤホンHA-FW1500にも勝るとも劣らないレベルです。

スマホ側にアップスケーリング機能があるかで評価は分かれる

音質の評価は使用デバイスにより分かれる
アップスケーリング機能との組み合わせが絶大

チューニング後のAir3 Deluxe HSは明らかに1万円以下のワイヤレスイヤホンの音質ではなく、2万円と言われても違和感のないレベルでした。

しかし、この評価はスマホ側に楽曲のアップスケーリング機能があるvivoの端末やXperiaで再生した際の評価であり、アップスケーリング機能のないGalaxyシリーズやそもそもLDAC非対応のiPhoneではその限りではありません。

GalaxyやiPhoneに接続して試聴した際にはvivoのスマホで再生した時と比べると明らかに解像感で見劣りしていたので再生するデバイスによって音質が左右される印象はあります。

GalaxyやiPhoneでも価格以上の音質はあると思います。

イヤホン本体で音量や再生の操作に対応

イヤホンでのタッチ操作に対応
再生・停止左右のいずれかをダブルタップ
音量ダウンL側を1回タップ
音量アップR側を1回タップ
曲戻しL側を1.5秒間長押し
曲送りR側を1.5秒間長押し
着信受話・通話終了左右のいずれかを2回タップ
着信拒否左右のいずれかを1.5秒間長押し
通話切り替えイヤホンを2秒間長押し
手動でペアリングケースのマルチボタンを3秒間長押し
音声アシスタントR側を3回タップ
ゲームモードL側を3回タップ

価格以上の音質だけでなくイヤホン単体での操作も充実している点も見逃せません。

操作の割り当ても覚えやすいのですぐに慣れることができました。

手持ちのワイヤレスイヤホンとの比較

せっかくの機会なので現在手持ちのワイヤレスイヤホンと並べてみました。

定価33000円(現在の相場24000円)のSONY WF-1000XM4や定価36000円のSENNHEISER Momentum True Wireless 3と並べてみるとこんな感じです。

Air3 Deluxe HSの音が普通に良かったのでインナーイヤー型の軽快な装着感を優先してMomentumではなくあえてこちらを使う日が普通に出てくると思います。

定価15万円のDAP WALKMAN NW-WM1AM2 × 定価4万円のMOONDROP CHACONNNEの環境で普段楽曲を試聴している身からすると、ワイヤレスイヤホンは音質面でどうしても優先環境には劣るので聞くに耐えない音でなければ普通に使えたりします。

その点でAir3 Deluxe HSの音質は最低ラインを大幅にクリアして普段使いできるレベルの音質なので3万円以上の高級機を買う必要がないのかもしれないと考えさせられる製品です。

コスパ最高の音質特化なワイヤレスイヤホン

Air3 Deluxe HSのメリット

  • お値段以上の音質
  • 専用アプリでのチューニングが優秀
  • 操作性の高さ
  • LDAC対応
  • 安価な価格

Air3 Deluxe HSのデメリット

  • ノイズキャンセリング非対応

今回初めてSOUNDPEATSのワイヤレスイヤホンを試聴しましたが低価格帯のイヤホンを舐めていたと言わざるを得ません。

試聴するデバイスによっては音質がかなり化けるので脳死で高級ワイヤレスイヤホンを買わなくてもいいのかもしれないという気づきを得ました。

まちがいなく価格以上の音を鳴らすコスパのいいワイヤレスイヤホンなのでインナーイヤー型を持っていない人は一つ買っておいて損はありません。オススメです。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次