出張に最適なRORRYのApple Watch対応5000mAhモバイルバッテリーがさらに進化してオススメです【PR】

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はRORRYのApple Watch対応モバイルバッテリーを紹介したいと思います。

以前紹介した商品よりも使い勝手が高くなっている印象です。

目次

  • apple watch ワイヤレス充電出力 : 2.5W 
  • Lightningケーブル/ Type-Cケーブル出力 : 10W
  • Type-C充電口 : 15W

今回紹介するモバイルバッテリーの仕様の概要はこちらの通りです。

モバイルバッテリーとしては必要十分なスペックではないでしようか。

また、この製品は非常に持ち運びがしやすい点が特徴となっています。

雨の日は水没が怖いので避けたいところですが、どこにでもぶら下げられる点は便利ですね。

試用レビュー

外観と付属品

PSEマークあり

製品の付属品と外観はこのようになっています。

PSEマークもしっかりあります。

USB-Cポートから充電
ケーブルを2種類内蔵
Lightning端子
USB-C端子

モバイルバッテリーにLightning端子、USB-C端子、Apple Watchの充電器が内蔵されているのでかなり便利。

これ一つで身の回りのアイテムを全てカバーできる汎用性の高さが魅力です。

Yotchan

内蔵ケーブルでは厳しいですが、USB-Cポートからの15W出力であればiPadの充電も実用レベルです。

WatchOS 9.3で充電を確認

例の如くMFI認証こそ取得していませんが、執筆時点で最新のWatchOS 9.3でも充電できることを確認しました。

残念ながら本製品では急速充電は非対応です。

磁力についても申し分なく、Apple Watchで最も重いApple Watch Ultraも持ち上げることができるほど。

磁力が弱いと上手く充電されないのでこの点は安心です。

カラビナが便利

この製品の特徴の一つでもあるカラビナはやはり便利でした。

ガジェットポーチに入れるケーブルやらACアダプターが多かったのでモバイルバッテリーをポーチの外に付けられるメリットは地味に大きいです。

USB-Cが不要なら別のラインナップもアリ

Androidスマホを持っておらず、USB-Cケーブルが不要な人はRORRYの別のラインナップのモバイルバッテリーを検討してみても良いかもしれません。

コンパクトなのでカバンが小さい人には向いていると思います。

出張に一つ持っておきたいモバイルバッテリー

メリット

  • Lightning・USB-Cケーブルを内蔵
  • Apple Watchの充電も可能
  • カラビナが便利
  • 価格が安い

デメリット

  • MFi認証なし
  • 汚れがつきやすい

RORRYのモバイルバッテリーは使い勝手が良くて気に入っていましたが、今回の製品はその上をさらに行く製品で満足しています。

この値段でこれだけの機能があれば文句はありませんね。

ガジェット好きはこちらも必見!

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次