Insta360 Ace Proの暗所性能を実機レビュー|Insta360 GO 3から圧倒的な進化!

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はInsta360様より提供いただき、最新アクションカム『Ace Pro』を体験したので紹介したいと思います。

『Ace Pro』の全体的なレビューは後日使い込んでから行うことにして、今回は注目の暗所性能に絞って紹介したいと思います。

目次

暗所撮影が進化したInsta360『Ace Pro』

センサーサイズが1/1.3型に拡大

Insta360『Ace Pro』はセンサーサイズが従来よりも大型の1/1.3型に拡大されたことで暗所性能が強化された製品です。

先日レビューしたInsta360『GO 3』は非常に使い勝手が良いので気に入っていた一方で、暗所性能が弱かった点が惜しい製品でした。

『Ace Pro』はカタログスペックでは『GO 3』よりもハイスペックなアクションカムに進化しているので注目度が高い製品です。

Ace ProとGO 3のスペック比較

特徴GO 3Ace Pro
センサー1/2.3インチセンサー1/1.3インチセンサー
絞りF2.2F2.6
焦点距離(35mm換算)11.24mm16mm
ISO感度100-3200100-6400
シャッタースピード写真: 1/8000 – 120秒
動画: 1/8000 – フレームレートの逆数
写真: 1/8000 – 120秒
動画: 1/8000 – フレームレートの逆数
広角動画解像度2.7K8K
4K アクティブHDR
写真解像度7MP48MP
最大 動画ビットレート80Mbps170Mbps
アクティブHDR
PureVideo
フリーフレーム動画1440p:2560×1440@24/25/30/50fps
1080p:1920×1080@24/25/30/50fps
4K:4032×3024@60/50/48/30/25/24fps
実行時間GO 3本体:45分
アクション ポッド: 170 分
(1080p30fps 動画 モード)
100分
(4K30fpsアクティブHDR)
価格57,500円(税込)67,800円(税込)

Insta360『GO 3』と『Ace Pro』のスペックは上表の通りです。

『Ace Pro』はセンサーサイズ以外にも各種スペックが底上げされているだけでなく、ソフトウェアの面でも進化が認められます。

『Ace Pro』では新たに暗所撮影に特化した「PUREVIDEO」モードが追加されたことで従来のモデルとは一線を画した低照度性能を実現しています。

それでは実際に『Ace Pro』と『GO 3』の暗所性能を実機比較してきたので作例をご覧ください。

Insta360 Ace Proの暗所での作例

水族館でも明るく撮れる低照度性能

Ace ProGO 3
解像度4K 30fps1440P 50fps
撮影モードPUREVIDEO動画
撮影方法手持ちネックストラップ

こちらが水族館で撮影したInsta360『Ace Pro』と『GO 3』での作例です。

『Ace Pro』の暗所性能の高さは言うまでもないでしょう。

1インチセンサーのSONY『ZV-1F』とも比較

SONY ZV-1FAce Pro
センサーサイズ1インチ1/1.3インチ
解像度1080P 60fps4K 30fps
撮影モード・絞り不明(F2.0?)
・クリエイティブルック有効
・商品撮影モードオン?
PUREVIDEO
撮影方法手持ち手持ち

『Ace Pro』の暗所性能が『GO 3』よりも優れていることはテストする前から分かりきっていたことなので『Ace Pro』よりも大型な1インチセンサーを搭載したSONYのVlogCam『ZV-1F』とも比較してみることにしましたが・・・。

妻の『ZV-1F』を私が触ったことがない上に普段カメラで動画を撮らないこともあって撮影条件を揃えることを失念しておりました。

以下の作例はあくまでも参考程度にご覧ください。

『ZV-1F』のフォーカスが迷子になっていた理由は手前のモノにピントを合わせる商品撮影モードがオンになっていたことが原因だそうです・・・。(妻談)

こうして比較してみると『Ace Pro』は『ZV-1F』と比較しても手ぶれ補正が高く綺麗な画が撮れています。

被写体との距離が違うので一概には評価できませんが、細かい点を比較すると『Ace Pro』よりもセンサーサイズが大きくレンズが明るい『ZV-1F』の方が目を見張る描写になっているので流石ですね。

全体的にみるとアクションカムでありながらSONYのVlogCamといい勝負ができている『Ace Pro』は素晴らしいですね。

『GO 3』VS『Ace Pro』VS『ZV-1F』

最後に、Insta360『GO 3』と『Ace Pro』、SONY『ZV-1F』の暗所性能の比較作例をご覧ください。

『Ace Pro』は従来のアクションカムとSONYのVlogCamの中間の立ち位置にある製品というのが水族館でテストを行った印象です。

Yotchan

『ZV-1F』と違って『Ace Pro』は落とそうが海に沈めようが問題ないというアクションカムならではの耐久性の高さもある点を忘れてはいけません。

Yotchan

また、暗所には弱い『GO 3』ですが、ハンズフリーで運用できる機動力の高さは素晴らしいので『Ace Pro』との完全な置き換えはできません。

Insta360『GO 3』は一人旅では最高のVlogカメラでした。

Insta360 Ace Proの暗所性能は本物だった

試される耐久性

Insta360『Ace Pro』のレビュー第一弾では暗所性能にフォーカスして行ったテストの結果をご紹介しました。

『Ace Pro』の暗所性能は期待していた以上に高く、薄暗い水族館であっても1インチセンサーを搭載したコンデジに迫るハイクオリティな動画を撮影することができました。

第二弾のレビューでは暗所以外の環境下での作例等も交えて総合的な『Ace Pro』の評価を行っていきたいと思いますのでそちらも楽しみにしていてください。

お得な購入情報

当ブログのリンクから公式ストアで『Ace Pro』を購入すると「純正のスクリーンプロテクター」を無料でプレゼントいただけることになりました。

『Ace Pro』を使用する上で必須のアクセサリーが無料で同梱されるのでお得な公式ストアでの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

4月3日まで新生活セールを開催中!

製品名割引率販売価格⚠️割引価格⚠️差額
Ace 通常版15%¥55,000¥46,700¥8,300
Ace Pro 通常版11%¥67,800¥60,300¥7,500
X3 通常版11%¥68,000¥60,500¥7,500
GO 3 (アークティックホワイト) 32G15%¥57,500¥48,800¥8,700
GO 3 (アークティックホワイト、ミッドナイトブラック) 64G15%¥60,500¥51,400¥9,100
GO 3 (アークティックホワイト、ミッドナイトブラック) 128G15%¥64,800¥55,000¥9,800
Flow 通常版12%¥20,900¥18,300¥2,600
Flow クリエーターキット12%¥28,000¥24,600¥3,400
Flow プロ三脚キット12%¥26,000¥22,800¥3,200
ONE X230%¥55,000¥38,500¥16,500
ONE RS ツイン25%¥75,180¥56,300¥18,880
ONE RS 4K20%¥43,120¥34,400¥8,720
ONE RS 1インチ360度版10%¥118,800¥106,900¥11,900
ONE X2 通常版30%¥55,000¥38,500¥16,500

2月28日から4月3日までInsta360公式HPにて新生活セールが開催中です。

気になっている製品をかなりお買い得な価格で購入できるチャンスなのでこの機会に是非購入を検討してみてはいかがでしょうか。

提供:Insta360様

https://store.insta360.com
ガジェット好きはこちらも必見!

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次