プロジェクターの入門機にオススメなHeyup『Boxe Lite』を体験レビュー|2万円で生活が変わるガジェット【PR】

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はFastlane Japan株式会社様より提供いただき、2万円で購入できるコンパクトなプロジェクター Heyup『Boxe Lite』を体験したので紹介したいと思います。

エントリーモデルでありながら輝度が他メーカーの製品よりも明るいので満足度が高い製品でした。

Fastlane Japan株式会社はREDMAGICNothingの正規代理店を任されてる実績のある企業です。

目次

Heyup『Boxe Lite』の性能を実機でチェック

外観と付属品

『Boxe Lite』の外観はこんな感じです。

背面にHDMI端子やUSBメモリ、3.5mmオーディオジャックが配置されています。

また、底面には三脚ネジ穴があるので必要に応じて三脚に乗せて高さや角度を調整することもできます。

付属品はリモコンと電源ケーブルに説明書のみでした。

レスポンスが軽快で直感的に操作できるUI

『Boxe Lite』のUIはこんな感じです。

日本語設定も可能で台形補正などもあります。

Youtubeなどでの検索時の文字入力もストレスなく行えるのでリモコンの使い勝手も問題ありません。

音量調節もリモコンで行えます。

参考までに『Boxe Lite』でYoutubeを視聴した際の動画がこちらです。

レスポンスが軽快で操作に伴うストレスがなく、OSが上手くチューニングされていると感じました。

Yotchan

プロジェクター単体で動画を再生する際には動作がモタつかないことが必須条件です。

Amazon PrimeやNetflixに対応

Android TV 9.0と採用している『Boxe Lite』ではAmazon Prime VideoやNetflixといった各種動画サービスの再生に対応しています。

別途パソコンやApple TVを用意することなく単体で動画を再生することができます。

三脚不要で天井への投影にも対応

電源ケーブルは側面に
通常モード
天井投影モード

『Boxe Lite』の他社製品と差別化されているポイントは電源ケーブルが側面に配置されているので本体を倒すだけで天井に投影することができる点です。

今まで4種類のプロジェクターをレビューしてきましたが、いずれも背面に電源ケーブルが配置されていたので天井投影するためには三脚や台が必須となっていました。

一人暮らしの狭い部屋では投影できる壁がない人も中にはいらっしゃるかと思いますが、どの家でも天井であれば確実に投影できるので使い勝手は抜群です。

解像度は1280×720だけど2000LMで明るい

『Boxe Lite』は輝度が2000LMなので投影画面が明るい点もメリットの一つです。

この製品のレビューを引き受けた際には解像度がFHDよりも粗い1280×720だったので画質に不安がありましたが、実際に使ってみると高輝度は正義でした。

ETOE D2 Pro
Boxe Lite
ETOE D2 Pro
Boxe Lite

ETOEの『D2 Pro』というFHD解像度のプロジェクターと『Boxe Lite』を比較するとこんな感じです。

スペック上では解像度で『Boxe Lite』の方が見劣りするはずでしたが、実際にアニメを見る分には輝度が高い『Boxe Lite』のほうが明るくて見やすいので画質が良いと感じました。

輝度の恩恵は上記のような暗室ではなく微かに明るい間接照明下で顕著に感じました。

ETOE D2 Pro
Boxe Lite
ETOE D2 Pro
Boxe Lite

ETOE『D2 Pro』で動画を見る際には完全に部屋の照明を落とさねばなりませんでしたが、『Boxe Lite』であれば多少の光源があったとしても問題なさそうです。

Yotchan

プロジェクターでは高輝度は正義ですね

通常、各社でバラバラの値のルーメン(LM)と定格規格のANSIルーメンは一概には比較することができません。今回の検証で『Boxe Lite』の2000LMは400ANSIルーメン(ETOE『D2 Pro』)よりも明るいことはわかりました。

内蔵スピーカーの音質も良し

こちらは『Boxe Lite』の内蔵スピーカーの音をInsta360 Ace Proで録音したサンプルです。

内蔵スピーカーでありながら実用的な音質であるだけでなく、必要に応じて3.5mmオーディオジャックやワイヤレスイヤホンを利用することもできます。

Yotchan

こうして見ると普通に画質もいいですよね。

2万円とは思えないクオリティのプロジェクター

『Boxe Lite』のメリット

  • 高輝度なプロジェクター
  • レスポンスが早い
  • デスクに据え置きしても邪魔にならないコンパクトさ
  • 単体で天井への投影が可能
  • 各種動画サービスに対応
  • 約20000円で購入可能

『Boxe Lite』のデメリット

  • 解像度が1280×720

Heyup『Boxe Lite』は約2万円で購入できる安価なプロジェクターでありながら実用性が高い製品でした。

懸念していた解像度の低さは高輝度でカバーされていたので気になりませんでしたし、単体で天井への投影ができるといった他社製品位はないメリットもあります。

自宅で使っても良し旅先に持ち出しても良しな万人にオススメできる製品です。

提供:Fastlane Japan様

Fastlane Japan株式会社はREDMAGICNothingの正規代理店を任されてる実績のある企業です。今後のHeyupブランドの国内での展開が楽しみですね。

ガジェット好きはこちらも必見!

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次