WindowsとMacの間でのデータ共有用にBUFFALOのポータブルSSDを導入した話ーiPadへのデータ共有にも便利

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotcanです。

本日はWindows-Mac間で大容量のデータを移行する際に必須なポータブルSSDを導入した話をしたいと思います。

Micro SDカード経由での移動と比べて速度が40倍になったのでQOLが向上しています。

目次

Windows-Mac間で大容量データのやり取りをする機会が増えた

TWICEのライブBlu-rayを空間オーディオで視聴したいという欲望を叶えるためにWindowsでリッピングしてMP4に変換→Macへ移動といった作業が度々発生することによって、私の中でいかにWindows-Mac間でのデータ移行を高速化するかというのが最近の最大の関心ごとでした。

今までAppleのエコシステムのみに依存していた私にはiCloudやAirDropがあったのでデータのやり取りを物理的に行うことはありませんでしたが、Windowsを介さねばMacでBlu-rayを再生できないとあってはそうもいってられません。

唯一、手元にあったWindows-Macのデータをやり取りする手段であったSDカードリーダー×microSDは30GBを超えるBlu-rayのMP4データを移動するにはあまりにも時間がかかる点がストレスです。

そこで、作業時間を短縮するためにポータブルSSDを導入することにしました。

SSD-PG480U3-BAを購入

Windows-Mac間でのデータをやり取りするにあたって購入したポータブルSSDはBUFFALOのSSD-PG480U3-BAです。

この製品を購入した決め手は480GBという必要最低限度かつ安価な価格である点です。

今のところTWICEのライブBlu-rayやDVDしか移動する予定がないので240GBでは少し不安ですが480GBもあれば十分です。

また、ポータブルSSDの購入に合わせてUSB-C to Micro B端子のケーブルも購入しています。

iPadにもポータブルSSDを介してデータ移動するためには付属のUSB-A to Micro Bケーブルでは転送速度で不安があったのが別途購入した理由です。

今回購入したSSD-PG480U3-BA(左)はBootcampのWindowsを導入しているBUFFALOの他製品と比較してもそこまで大きな違いはありません。

転送速度についてはMicro SDカード経由では5mb/sで1時間以上かかっていたBlu-rayのMP4データの移動が250mb/sで約2分で完了したので作業時間が30倍短縮されるという劇的な結果で満足しています。

とりあえず一台ポータブルSSDがあると便利だなと改めて思わされた経験となりました。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次