ブロガーにとって左手デバイスが作業効率向上に欠かせないと思う話-キーボードの2台運用が便利

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はキーボードを2台併用したことによって作業効率が大幅に上昇した話をしたいと思います。

Macユーザーは左手用にトラックパッドを用意するとさらに作業効率は高まります。

目次

キーボードを2台運用するメリット

片手で複数ファイルや文章範囲の選択ができる

キーボードを一つしか使っていなかったときは使用したいキーコマンドによっては無駄にキーボード上から手を動かさねばならず、とてもスムーズに作業ができているとは言えない状況にありました。

たとえば、「Shift+矢印」で文章の範囲選択やファイルの一括選択をしたいときは左手でShift、右手で矢印を押す必要があったので両手で操作せねばなりませんでした。

しかし、左手用のキーボードがあればその作業は片手で完結します。

WordPressでブログを書いていると複数の写真をアップロードする機会は多いので2台目のキーボードを導入したことで作業効率は向上しました。

文章の選択もこの通りです。

右手をメインのキーボードから離さなくてもいいだけでかなり違うんですよね。

テンキー付きのキーボードなら数字の入力も楽になる

また、左手用のキーボードがテンキー付きのタイプであれば数字の入力も楽になります。

Macで「かな」入力の際に数字を入力すると全角になってしまうのでいちいち半角に変換しなければならない点が難点でした。

しかし、テンキーの数字は「英数」モードでなくても半角で数字が入力されるのでそのような手間は無くなりました。

最高。

Macユーザーなら左手用にMagic TrackPadがあるとさらに作業効率アップ

Macユーザーであればキーボードだけでなく左手用のトラックパッドを用意すればさらに作業効率はアップします。

通常、マウスはキーボードの右側にあるのでいちいちキーボードから手を離してカーソル移動をせねばなりませんが左側にトラックパッドがあればその手間もなくなります。

少しでも作業効率を高めたい人は左手用デバイスを積極的に導入することをオススメします。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる