ルンバ980購入レビュー 〜一週間で骨抜きになった理由〜

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日は新居用に購入したルンバ980のレビューを書いていきたいと思います。

目次

夢のロボット掃除機

ルンバが発売されてから結構な年数が経ちましたが、ようやく我が家にもルンバが登場しました。

自動で掃除をしてくれるとなると非常に便利そうに思えますよね。

しかし、お掃除ロボット導入には一つの障壁があります。

それは床にものがない家にしか導入できないこと。

ロボット掃除機は障害物に非常に弱いです。

そのため、まずはロボット掃除機がノリノリで掃除できる環境を用意せねばなりません。

とはいってもそういった環境を作るのは一朝一夕ではいきません。

長く住んでいればいるほど家具やモノの配置を変えることには労力が必要です。

そこで私は考えました。

引越しのタイミングであればそもそもモノの配置が一切ない白紙の状態なのでルンバを導入するには絶好の機会ではないだろうかと。

加えて子供が生まれるのでホコリなどが少ない環境を保ちたいという意図もありました。

このような要因が重なった結果私はルンバの購入を決意しました。

ルンバ980を選んだ理由

ルンバを購入することを決意したわけですが、そのタイミングで非常に強い後押しを受けることになりました。

それは昨年末の二日間限定の最上位機種ルンバ980が様々な特典がついて税込で6万円になっていたこと。

交換用部品やバーチャルウォールに加えて長期無料保証が5年ついているというのが大きかったですね。

正直なところセール価格ありきで機種を選定した感は否めませんが、一応スペックも他機種と比較して決めています。

  • iRobotアプリ対応
  • 稼働時間が最長120分
  • カーペットブースト機能

私が購入時にいいなと思ったのがこの三点。

この三点について少し触れていきたいと思います。

iRobotアプリ対応

残念ながら、ルンバ980ではアプリ上で侵入禁止エリアを設定することはできません。

しかし、外出先から遠隔で清掃を行うことができるので必要十分かなというところです。

稼働時間が最長120分

ルンバ980は実はルンバシリーズの中で最も稼働時間が長い機種となっています。

  • e5:90分
  • i7,i7+:75分
  • 960:75分
  • 641,643:60分

以上が現状iRobot公式ページに載っている全機種ですがそれらと比較しても最長です。

バッテリーに劣化はつきものなので、稼働時間が長ければ長いほど将来的に買い替えのペースを抑えることができるのでコスパは良さそうです。

カーペットブースト機能

ルンバ980にはカーペットを掃除する際にi7同様に吸引力が10倍になる機能がついています。

吸引力が高ければ高いほどカーペットや絨毯に潜り込んだホコリを吸引できるのでこの機能はないよりはあった方がいい。

エントリーモデルのe5では最大5倍までしかブーストされませんので980の明確なアドバンテージとなります。

開封の儀

上記三点のポイントにセール価格で折り合いがついたので購入した980を開封していきます。

外箱にはルンバのイラストがどでかく表示されています。

2015年発売なので機種としては約5年前のモデルにはなりますが当時の最上位モデルの力を見せてもらいましょう。

4年前に発売のiPad Pro9.7も現役で活躍できるのでProなルンバもイケるだろう理論ですね。

箱の中にホームベースにセットして鎮座しています。

付属品の写真を撮るのを忘れましたが、替ブラシ二本と替フィルター二つにバーチャルウォールが二つついていました。

早速充電してあげましょう。

この間にiRobotアプリをインストールしてWiFiの設定も済ませておきました。

一週間実戦投入してみて。

一週間実際に使ってみましたが、かなり良いです。

ルンバを毎日動かしていて驚くのが一日で発生するホコリの量。

引っ越したばかりの新居で一週間ルンバを動かし続けて8日目に回収された1日分のゴミの量がこちらです。

フィルターにガッツリ塊状のホコリが回収されています。

毎日これぐらいのホコリが発生しているというのが驚きですね。

ましてや引っ越したばかりの新居でこれだけの量が出ているので衝撃です。

ルンバのエラー率

ルンバを導入するにあたってどれぐらいの確率でエラーが発生するのかということ。

今のところ導入直後ということもありますが、1/4ぐらいの確率でエラーが起こります。

秒速ホームイン

正常に掃除をされた場合はこんな感じでマップが表示されます。

しかし、たまにきちんと全体を掃除してくれない時もあります。

前に進んでホームに帰っただけの回。

この場合はルンバ自体にエラーが発生していないのでアプリ上からもう一度掃除させれば良いだけなので可愛いものです。

カーペットで力尽きる

こちらはある日のエラー通知がきた際のルンバの状態です。

我が家のカーペットは基本的にルンバは登れないようなのですが、頑張って登ってしまうとその場でエラーが発生して力尽きてしまいます。

この場合のエラーは6で「別の場所に移動してください」と言われます。

カーペットブースト機能があるのに掃除してくれないのは少し誤算でした。

そこまで分厚いカーペットでもないんだけどなぁ・・・。

ビニール袋が車輪に絡まる

台所にビニール袋が落ちているのに気づかず家を出るとエラー通知が。

車輪が動かないという通知だったので何事かと思って帰宅後に確認するとこの状態でした。

ビニール袋が左の車輪に絡まって動けなくなったためにエラーが出たようです。

これほんとに床に一切物を置いたらいけないやつだ・・・。

ルンバの習性を理解するとエラーは起きない

以上がルンバが我が家で活動してから一週間のレビューでした。

ルンバに機嫌よく掃除してもらうためには我々が日々の生活で気をつけねばならないことが増えてしまいます。

しかし、掃除をする手間を考えると楽な物です。

そして何よりも自分で掃除するよりもゴミを吸ってくれていること。

どうしても我々人間は目に見えてホコリが溜まっている部分しか重点的に掃除しません。

そういったムラがルンバにはないので家を清潔に保ちたい人には是非ともオススメしたい掃除機です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる