iPhoneのホーム画面を簡単におしゃれにする方法−ショートカットを起動しないでアプリを開くアイコン変更方法

こんにちは、Yotchanです。

本日はiOS 14で利用がサポートされたウィジェットを活用してホーム画面をオシャレに作り込む方法を紹介したいと思います。

iOS14ではウィジェットが新実装

iOS 14ではiPhoneで初めてウィジェットが正式に対応することになりました。

Androidでは遥か昔から実装されており、iOSが劣っていると揶揄される要因の一つにもなっていましたがそれも過去の話。

これからはiPhoneでも便利なウィジェットをホーム画面に配置できます。

そこで悩ましいのがホーム画面の作り方です。

ウィジェット配置などは凝り出すとキリがなく、作り始めるまでが億劫でたまりません。

私は非常にめんどくさがりなのでそのうちやろうと思っているうちに早くも2ヶ月以上が経過することに。

そしてついにiPhone 12 Pro Maxの購入を機に重い腰を上げることにしました。

今回、試行錯誤した末に出来上がったホーム画面がこちらです。

私が今まで利用していたiPhone 11 Proと並べてみるとその差は歴然。

かなりシンプルかつ統一感のあるデザインになりました。

ホーム画面の作成に要した時間は概ね1時間程度です。

利用するアプリはたったの3つ

Widgetsmith

Widgetsmithはホーム画面に配置できるウィジェットが利用できるようになるアプリです。

私のホーム画面の一番上に置いているカレンダーと時計はこのアプリのウィジェットを利用しています。

背景色や文字の色を自由にカスタムできるのでどんなホーム画面のテーマにもマッチするのでオススメです。

ダウンロード:widgetsmith

ショートカット アイコン着せ替え

ホーム画面のアイコンを変更するためのアイコン画像を作成するアプリです。

iPhone 12 Pro Maxのホーム画面を作成する際には利用しませんでしたが、iPhone 11 Proのホーム画面作成に利用しました。

簡単に必要なアイコンを作成することができるのでオススメなアプリです。

ダウンロード:ショートカット アイコン作成

ショートカット

最後に利用するアプリはiOS13で追加されたAppleのショートカットアプリです。

このアプリを利用したことのある人は少ないのではないでしょうか?

ホーム画面を作成する際の役割としてはアプリのアイコン変更が挙げられます。

先述のアプリで作成したアイコンを各種アプリに割り当てる際に利用します。

ホーム画面を作ろう

1.App Libraryに全アプリを格納する

iPhone のホーム画面と App ライブラリを整理する

iOS 14 では、iPhone に入っている App を新しい方法で探し、整理できるようになりました。ほしいものが、ほしい場所で見つかります。App ライブラリの使い方やホーム画面の整理術をご案内します。

App ライブラリを使って App を探す 

ホーム画面から、App ライブラリが表示されるまで左にスワイプします。App は自動的にカテゴリに振り分けられます。たとえば、ソーシャルメディアの App が「SNS」カテゴリに表示されます。よく使う App は、利用状況に応じて自動的に順序が入れ替えられます。新しい App をインストールすると、App ライブラリに追加されますが、新しい App のダウンロード先は変更できます。

App ライブラリで App を検索する

1.App ライブラリを表示します。 

2.検索フィールドをタップし、検索したい App を入力します。 

3.App をタップして開きます。

App ライブラリから App を削除する

1.App ライブラリを表示し、検索フィールドをタップして、リストを開きます。

2.App のアイコンを長押しし、「App を削除 ゴミ箱のアイコン」をタップします。

3.確認のため、「削除」をもう一度タップします。

https://support.apple.com/ja-jp/HT211345

iOS 14ではAndroidでいうところのアプリドロワーのような機能であるApp Libraryという新機能が追加されました。

ホーム画面をオシャレに作るためにはデフォルトのアイコンのアプリは一切不要です。

全てApp Libraryに収納しましょう。

2.壁紙を決める

次に行っておきたいことが壁紙を決めること。

せっかくウィジェットやアイコンをおしゃれに統一しても壁紙に合わなければ苦労も水の泡です。

私はiPhone 12 Pro Maxのホーム画面作成時は壁紙を最後に回してしまったのでウィジェットとアイコンの色に合う画像を探して設定するハメに。

その反省を活かしてiPhone 11 Proのホーム画面作成時には壁紙を最初に選んでんで行うことで満足のいく仕上がりになりました。

3.ウィジェットを配置する

次に行うべきことはウィジェットの作成です。

アプリのアイコンを先に変えるのも良いですが、ウィジェットの色味に合わせてアイコンを作成した方がミスマッチが少ないです。

Widgetsimithでは多くの人が配置するであろうカレンダーや時計のウィジェットが利用可能となっています。

詳しいアプリの使い方は以下のサイトがわかりやすいのでオススメです。

予定を一覧化するカレンダーや天気のウィジェットに関しては純正アプリのウィジェットの方が優秀だったりもするので、背景色などを変更できないウィジェットはホーム画面のメインページの左のページに配置すると良いでしょう。

メインページの右側のページはホームに置かないアプリを起動するためのApp Libraryへのアクセスを妨げるので何も置かない方が使いやすくなります。

4.ショートカットでアイコンを変える

ここからがある意味ホーム画面作成の本番の作業と言えるかもしれません。

まずは利用したいアイコンをネットから拾ってくるか「ショートカット アイコン着せ替え」アプリでアイコンを作成して用意します。

私がiPhone 12 Pro Maxで使用しているアイコンはRiLi様から頂戴しました。

用意したアイコンをホーム画面に設置してアプリを起動する方法は2種類あります。

一つ目は以下の方法です。

アイコン画像を変更する手順

ショートカットアプリを起動

(1)右上の+マークを押して新規ショートカットを作成
(2)「アクションを追加」ボタンをタップ
(3)「スクリプティ」→「Appを開く」を選択
(4)「選択」となっている部分をタップし、開きたいアプリを選ぶ
(5)右上の「…」ボタンをタップ
(6)「ホーム画面に追加」をタップ
(7)名前とアイコンを設定→「追加」して完成!

https://rili.tokyo/articles/a77247970551

こちらの手順はいわゆる一般的なアプリアイコンの変更方法ですが難点が一つだけあります。

アプリを起動するたびにいちいちショートカットアプリが起動して鬱陶しいことこの上ないのです。

いくらアイコンをオシャレにしたいとはいえここまで操作性を犠牲にしてしまっては本末転倒です。

そこで取るべき方法が2つ目の方法となります。

その方法がこちらです。

こちらの方法を行うことでショートカットを起動せずにアプリを開くことができます。

先程の方法と違ってSafariが一発で立ち上がっていることが確認できます。

残念ながらこの方法でも「設定」や「写真」アプリなどのiPhoneデフォルトのシステムアプリはショートカットを若干挟んだようなアプリの立ち上がり方をしてしまいます。

しかし、Lineを始めとしたApp Storeからダウンロードした全てのアプリが直接立ち上がるので十分許容範囲でしょう。

まとめ

以上が私が行ったホーム画面を簡単にオシャレにする方法でした。

一番時間がかかる作業はホーム画面に置くアプリのアイコンを変更するぐらいで特に難しいことはありません。

かつてのホーム画面と比べるとアプリがどこにあるか一目でわかるのでアプリを探す手間がなくなりました。

ホーム画面にないアプリはApp Libray上部の検索バーで名前を入れるとすぐに出てくるのでこちらも探す必要がありません。

カスタマイズしてみると、見た目以上に使い勝手も良くなるので皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを