Xperia 1 II × WF-1000XM4=神。DSEE UltimateはDSEE Extremeと一味違う音質体験。

こんにちは、Yotchanです。

本日はXperia 1 II × WF-1000XM4がワイヤレスストリーミングミュージック視聴での最適解である理由を紹介したいと思います。

WF-1000XM4はiPhoneでもAndroidでも優秀な完全ワイヤレスイヤホン

WF-1000XM4を購入してから私は使用する機会があれば積極的に活用して音楽を楽しんでいます。

LDACに対応した初めての完全ワイヤレスイヤホンということもあって本領を発揮するのはAndroidスマートフォンと思われがちですがiPhoneでの利用でも十分に高音質。

まさに隙のない完全ワイヤレスイヤホンで取り回しの良さから他の高音質な有線イヤホンよりも使用する機会は多くなりつつあります。

そんなWF-1000XM4を最も輝かせるスマートフォンがあることを皆さんはご存知でしょうか?

生みの親が同じXperia 1 IIはワイヤレスでのストリーミングミュージックの視聴ではWalkman NW-ZX507を抑えて最強の名に相応しいDAPスマホです。

(Xperia 1 II だけでなく1 III, 5II ,10 II ,10 IIIもDSEE Ultimateに対応しています)

ワイヤレスでもDSEE Ultimateが利用できるスマートフォン

Sony 開発者インタビュー

「DSEE Extreme」は、2013年以降に発売されたウォークマンやワイヤレススピーカー、AVアンプなどから順次搭載されているソニーの独自の高音質化機能「DSEE HX」をさらに進化させたもの。「DSEE HX」はCD音源や圧縮音源をハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする技術でしたが、「DSEE Extreme」ではその高域補完の性能をさらに高めることで、よりハイレゾに近い高音質を実現したものとなります。

Sony 開発者インタビュー

WF-1000XM4にはDSEE ExtremeというSONY独自のアップスケーリングテクノロジーにより非ハイレゾ音源であっても高音質に視聴できることはこのイヤホンを購入した人や検討している人で知らない人はいないでしょう。

WF-1000XM4のDSEE Extremeでは音源を最大96kHz/24bit相当まで拡張されることがHP上で確認できました。

一方のXperia 1 IIに搭載されているDSEE UltimateはAIによってDSEE Extremeよりもさらにハイレゾに近い高音質を実現した技術となります。

具体的には音源を最大192kHz/24bit相当まで拡張でき、ZX-507と違ってW.ミュージック以外の音楽アプリかつワイヤレス接続でも利用可能というストリーミング×ワイヤレス環境に最適な仕様。

おそらくこの処理の違いはイヤホンに搭載しているチップがスマートフォンよりも非力なことに起因しているものと思われます。

理論上はWF-1000XM4のDSEE ExtremeをオフにしてXperia 1 IIの端末側でDSEE Ultimateをオンの状態で楽曲を聴いた方が音質が良くなるはず。

というわけで早速Xperia 1 IIで楽曲を視聴してみることにしました。

DSEE ExtremeよりもUltimateの方が高音質

実際にXperia 1 IIにてDSEE ExtremeとDSEE Ultimateで楽曲を聴き比べてみるとDSEE Ultimateの方が解像感が高くなっている感じがしました。

このようなデジタルなアップスケーリング技術は人によって好みが分かれるところではありますが私個人としてはDSEE Ultimateの方が好みです。

96kHzと192kHzでここまで違うものなんですね。

驚きました。

よほど拘りのある人以外はXperia 1 IIで音楽もOK

Xperia 1 II × WF-1000XM4の音質は思っていたよりも数段高いレベルで優れていたので、本音のところNW-ZX507と高級有線イヤホンの組み合わせはもう私には必要ないのではないかと思う自分がいました。

もちろん、バランス接続ならではの体験やZX507に搭載されているS-Master HXなどの恩恵が大きいので音質面ではZX507の方が優れています。

しかし、費用対効果という観点ではスマホとは別に15万円近い予算をかけるほどの価値を感じないということも事実です。

私の場合はオーディオに無駄に投資したくなる時期があるのでその時のためにZX507は手元に置く予定ですが、Xperia 1 IIとWF-1000XM4の手軽な組み合わせはトータルで見ると最強です。

Xperia 1 IIの赤ロムは45000円程度で入手できるのでオーディオに少し投資したい人やスペックの高いサブ機を探している人は検討してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを