『HIX AIライター』を試してみました|ChatGPT搭載のAIライティングツール【PR】

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はEmodest Technology Limited様よりご依頼いただき、ChatGPT3.5/4搭載のライティングツール『HIX AIライター』を体験したので紹介したいと思います。

目次

『HIX AIライター』とは

『HIX AIライター』は文章のリライトや校正、要約を行うことができるAIライティングツールです。

  • Youtubeの原稿
  • ブログ記事
  • SNSの投稿
  • 注釈
  • 広告のキャッチコピー
  • メールやニュースレター

私のようなブロガーをはじめとして様々な人でも利用シーンのあるツールではありますが、まだまだ一般には普及していないのが現状ですよね。

私自身も興味はあるものの、使い方を調べることが面倒で手を出せていなかったのでこの機会に「AIライティングツールが」実用レベルに進化しているのかテストしていきたいと思います。

『HIX AI ライター』の実力をチェック!

メニュー画面

『HIX AIライター』のページ右上のログイン項目からGoogleアカウントでサインインするとこのようなメニューが表示されます。

ブログ向けのツールはこんな感じで様々用意されています。

まずは記事のリライトでもお願いしてみることにしましょう。

実用レベルの書き換え精度

言語選択が可能
GPT-4は課金必須

『HIX AIライター』を触っていると話題のChatGPTを活用したサービスであることがわかりました。

言語の選択やChatGPTのバージョンを任意の設定で行うことができるようです。

今回のテストでは上記記事の一部を抜粋してリライトしてもらいました。

こちらが「プロ」モードでリライトしてみた結果です。

回りくどい表現が端的に言い換えられている項目もあったりするのでなかなか実用的なツールだという印象です。

今度は「子供っぽい」モードでリライトしてみました。

子供向けのコンテンツを書くことがあれば使いたいと思えるほど子供向けの表現になっていて良い感じですね。

Yotchan

GPT-4はGPT-3.5より賢いと聞いたことがあるので試してみたくなりますね。

十分記事にできるレベルの文章生成能力

文章のリライトについては十分実用レベルであることが実感できたので、今度は文章の生成を行ってみることにしました。

「エッセイライター」機能ではトピックやキーワードを指定して「生成」ボタンを押すだけで文章を生み出すことができます。

文章の生成にかかった時間はわずか10秒ほど。

スマートフォンとカメラの関係

一眼レフカメラとコンパクトデジタルカメラは、スマートフォンとは異なる特性を持つ。一眼レフカメラは、高画質な写真を撮影することができ、被写界深度の調整やシャッタースピードの設定など、高度な撮影技術が可能である。一方、コンパクトデジタルカメラは、小型軽量で簡単に持ち運びができ、基本的な撮影機能を備えているが、一眼レフカメラほどの高画質を実現することは難しい。一方、スマートフォンは、携帯性に優れ、日常の様々なシーンで手軽に写真を撮影することができるが、一眼レフカメラやコンパクトデジタルカメラのような高度な撮影技術や画質は望めない。

カメラの進化と共に、スマートフォンのカメラ機能も大幅に向上している。近年のスマートフォンは、多彩な撮影モードや高性能なレンズ、画質処理技術を搭載し、一眼レフカメラやコンパクトデジタルカメラに匹敵する高画質な写真を撮影することができるようになってきている。しかしながら、それぞれのカメラは依然として異なる特性を持ち、その用途や撮影シーンに応じて適切なカメラを選択することが重要である。

日常的な生活や瞬間的なシーンを気軽に撮影する際には、スマートフォンが便利であり、高画質を求める専門的な撮影や写真制作においては一眼レフカメラやコンパクトデジタルカメラが適している。これらのカメラは、それぞれの得意分野や用途に応じた撮影機能を提供しており、スマートフォンとは異なる特性を持つことから、撮影技術や写真の魅力を追求する際には、カメラ選びに対する理解が重要である。

一眼レフカメラやコンパクトデジタルカメラは、その高画質や高度な撮影技術により、プロフェッショナルな写真家やフォトグラファーによって広く利用されている。一方で、スマートフォンは一般のユーザーにも広く普及しており、日常的な写真撮影に利用されている。これらのカメラにはそれぞれの特性や用途があり、撮影技術や写真の表現方法を追求する上で、それぞれの特性を理解し適切に活用することが重要である。

カメラの進化と共に、スマートフォンのカメラ機能も向上しているが、一眼レフカメラやコンパクトデジタルカメラとの差別化は依然として存在する。これらのカメラはそれぞれの得意分野や用途に応じた撮影機能を提供しており、撮影技術や写真の魅力を追求する際には、適切なカメラ選びが不可欠である。

特性を理解して適切なカメラ選びが重要であるということを繰り返し記載されていますが、各段落は文章として成立しているので驚きました。

ブログのネタが浮かばないときに使ってみたくなる機能ですね。

Yotchan

より優秀なGPT-4に書かせるとどんな文章になるのか気になりますね。

『HIX AIライター』のメリット

  • 記事の執筆時間の短縮や労力の低下
  • リライトが気軽にできる
  • 自分では浮かばないフレーズが出てくる可能性

ブロガー目線で『HIX AIライター』を使用して感じた主なメリットは上記の三点です。

記事にしたいテーマが浮かんだらキーワードなどを入力してとりあえず文章を生成することで、自分が執筆する際の参考として使えるので時間の節約や1記事あたりの労力が格段に低下します。

また、ボタンひとつでリライトが気軽に行える点は公開記事が1000を超えている私にとっては非常に魅力的に写りました。

AIライティングツールを利用する上での注意点

非常に便利なAIライティングツールですが、使用に際しては注意しておかねばならない点もあります。

  • 事実関係の確認
  • 意図せず盗作してしまうリスク

AIはインプットされた既存のデータを用いて出力を行っているので意図せず盗作してしまうリスクや、架空の文献を引用文献として提示してしまう可能性があります。

当ブログのコラムのような内容であれば大きな支障はないでしょうが、オフィシャルな文書を作成する際にはファクトチェック等を行うことが必須です。

『HIX AIライター』は身近にAIを使える便利なツール

『HIX AIライター』で初めてChatGPTに触れましたが、初心者でも扱いやすい有用なツールであると感じました。

Googleアカウントでログインするだけで利用できるので「ChatGPTがよくわからない」といった人でも簡単に体験できる敷居の低さが魅力です。

実際に使ってみて「AIツールに触れたことがない」ということは今後の人生でハンデになりかねないと実感できたので、皆様も一度体験してみてはいかがでしょうか。

提供:Emodest Technology Limited様

https://hix.ai/ja

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次