【iPhone 14】【Apple Watch】3分で分かる2022年9月発表のApple新製品のまとめ

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日は2022年9月のApple発表会の概要をまとめたので振り返っていきたいと思います。

目次

iPhoneが発表

iPhone 14 / iPhone 14 Plus

  • miniが廃止され6.7インチのPlusが新登場
  • チップは5コアGPU A15 Bionic
  • 衝突事故検出機能が追加
  • フロントカメラがオートフォーカスに対応
  • ビデオ撮影にアクションモードが追加
  • シネマティックモードが4Kに対応
  • iPhone 14:128GB(119,800円), 256GB(134,800円) , 512GB(164800円)
  • iPhone 14 Plus:128GB(134,800円), 256GB(149,800円) , 512GB(179,800円)

iPhone 14はiPhone 13からのマイナーアップデートという印象を受けました。

大型Android端末との併用に最適だったminiが廃止されてしまったのが個人的には残念なポイント。

iPhone14 Plusの重量は203gなので14 Pro Max(240g)と比べるとかなり軽いので機能を求めないのであればアリな選択肢な気がします。

(リンク:iPhone 14商品ページ , iPhone 13との比較(Apple)

iPhone 14 Pro / iPhone 14 Pro Max

  • A16 Bionic搭載
  • ノッチがパンチホールに変更(Dynamic Island)
  • 常時表示ディスプレイに対応
  • ProMotion Display
  • 屋外での視認性が向上(ピーク輝度が2000ニトに)
  • 衝突事故検出機能が追加
  • メインカメラの画素数が48MPに向上
  • 光学2倍望遠を追加搭載
  • センサーシフトOISが第二世代に更新
  • フロントカメラがオートフォーカスに対応
  • ビデオ撮影にアクションモードが追加
  • シネマティックモードが4Kに対応
  • iPhone 14 Pro:128GB(149,800円), 256GB(164,800円) , 512GB(194,800円) , 1TB(224,800円)
  • iPhone 14 Pro Max:128GB(164,800円), 256GB(179,800円) , 512GB(209,800円) , 1TB(239,800円)

iPhone 14 Proシリーズは先代のiPhone 13 Proシリーズと比較すると進化が大きい内容となっていました。

また、アメリカモデルのみ物理SIMが廃止されて完全eSIM端末になったことも話題になっています。

国内キャリアのeSIM発行周りにまだまだ課題があるので来年度のiPhone 15でも日本国内モデルは当面物理SIMスロットも残ることを祈ります。

(リンク:iPhone 14 Pro商品ページ , iPhone 13 Proとの比較(Apple)

Apple Watch

Apple Watch Ultraが登場

  • S8 Sip搭載
  • 49mmディスプレイのチタニウム筐体
  • 最大2000ニトの常時表示ディスプレイ
  • ナイトモード文字盤実装
  • バッテリー最大36時間(低電力モードで60時間)
  • 高精度2周波GPS採用
  • 緊急時用86デシベルサイレン搭載
  • -20℃から55℃で動作
  • 100mまでの耐水性能(他モデルは50mまで)
  • 水深40mまで対応のUltra専用ダイブコンピュータアプリ「Ocaenic+」
  • 皮膚温センサー搭載
  • 衝突事故検出搭載
  • 価格は124,800円から

Apple Watch初となるスポーツモデルが登場しました。

本体が49mmと非常に大きいので日常使いには向いていませんが、アウトドアユーザーには待望のモデルです。

一応、42〜45mmのバンドに互換性があるといった話をTwitterで見かけましたが付けてみなければ分からないところもありそうです。

(リンク:Apple Watch Ultra商品ページ , Series 8やSEとの比較(Apple)

Apple Watch Series 8

  • S8 Sip搭載
  • 皮膚温センサー搭載
  • 衝突事故検出機能実装
  • チタニウムモデルが廃止
  • アルミニウムモデル(ミッドナイト、スターライト、(PRODUCT)RED ):59,800円から
  • ステンレスモデル(ゴールド、グラファイト、シルバー):104,800円から
  • Hermès(シルバーステンレス、スペースブラックステンレス):171,100円から

Apple Watch Series 8に関しては先代のSeries 7と比較するとマイナーアップデートに留まる印象です。

私が次にApple Watchを購入する際に選ぼうと思っていたチタニウムモデルがなくなってしまったのが非常に残念です。

皮膚温センサーに関しては女性の月経周期にばかりフォーカスが当てられていますが、男性では使い道がないんですかね?

ステンレスモデルの色味は変わらず?

(リンク:Apple Watch Series 8商品ページ , UltraやSEとの比較(Apple)

Apple Watch SE

  • S8 Sip搭載
  • 衝突事故機能が追加
  • 37,800円から

Apple Watch SEは先代からチップが最新世代に更新され、新たに衝突事故機能が追加されています。

正直、第一世代SEユーザーが買い替えるほどのインパクトはありませんが、これからApple Watchデビューを検討している人にはオススメです。

(リンク:Apple Watch SE商品ページ , Series 8やSEとの比較(Apple)

AirPod Pro 第2世代

  • H2チップを初搭載
  • ノイズキャンセリング性能が最大二倍
  • 音量のタッチコントロールが実装
  • ケースにスピーカーが搭載
  • 価格は39,800円

2019年に発売されたAirPods Pro初代から3年ぶりに新型が販売されることになりました。

ノイズキャンセリング性能がさらに強力になり、AirPods 第3世代での音質の進化を考えるとAirPods Pro第二世代の音質にも期待ができそうです。

しかし、現時点ではロスレス対応などの情報はない点が気になるところ。

リンク:AirPods Pro(第二世代)商品ページ

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次