お風呂専用のスマホが必要な理由

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はお風呂用のスマホを別途用意する必要性について紹介したいと思います。

目次

スマホの防水性能に過信は禁物

水没よりも結露のリスク

近年のスマートフォンはIPX68の防水性能を備えているのでお風呂場でも安心と思われがちですが、浴槽に落とさなくても写真のようにカメラに結露が発生してしまうリスクがあることをご存知でしょうか。

今までの経験則ではGalaxy Z Flip 3やZ Fold 3は長期間風呂場で利用していても問題ありませんでしたが、Xperia 1 IIIは2週間程度で常に結露している状態になりました。

アウトカメラ同様にインカメラでも結露のリスクがあるのでiPhoneではFace IDが利用できなくなって修理に7万円コースという地獄に転落する恐れもあるので極力風呂場での利用は避けた方が望ましいでしょう。

Yotchan

メイン端末のカメラが死んだら辛すぎるので壊れてもいいお風呂専用スマホは必須です。

充電端子が錆びるリスク

お風呂スマホの有線充電はNG

カメラの結露以外にも充電端子が錆びてしまうリスクもあります。

実際にお風呂に持ち込み始めてから一年が経過したGalaxy Z Flip 3のUSB-C端子には表面に錆が見受けられたので有線での充電は躊躇われました。

Yotchan

水分が付着している状態での充電はNGなのでワイヤレス充電対応端末であることがお風呂スマホの必須条件です。

Yotchan

これらの経験からメインスマホをお風呂場に持ち込むのは怖くて無理になりました。

ガジェット好きはこちらも必見!

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次