MENU
カテゴリー

コードレスで便利なSwitchBot スマートサーキュレーターがこれからの季節に最適な製品でした【PR】

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はSWITCHBOT株式会社様より提供いただき、バッテリー内蔵でコードレス運用が可能な「SwitchBot スマートサーキュレーター」を体験したので紹介したいと思います。

目次

SwitchBot スマートサーキュレーターを実機レビュー

外観と付属品

SwitchBot スマートサーキュレーターの外観はこんな感じです。

サイズ感的には小型ではありませんが、通常の扇風機と比較すると十分コンパクトです。

SwitchBot スマートサーキュレーターは通常のACアダプターでの駆動以外にも内蔵バッテリーでの駆動にも対応しています。

その兼ね合いもあってACポートとは別に充電用のUSB-Cポートも搭載されています。

また、リモコンも付属していましたが本体で操作ができるので使用機会はなさそうです。

コードレスで使い勝手が最高

SwitchBot スマートサーキュレーターを使用していて最も便利だと感じるポイントはコードレスなのでどこにでもおける点です。

我が家では風呂上がりに洗い物を行うことが多く、せっかく汗を流したばかりなのに汗だくで家事をすることが苦痛で仕方ありませんでした。

そんな我が家では顔に直接風を届けてくれるSwitchBot スマートサーキュレーターは本当にありがたい存在です。

上下左右の首振りに対応

以前購入した安物のサーキュレーターと違って左右だけでなく上下にも首振りができる点も見逃せません。

エアコンとセットで運用すると効率的に部屋を冷却できるので電気代の節約にもつながるかもしれませんね。

USB-Cでの駆動中は充電ができない点は要注意

ACアダプターがない場所でも内蔵バッテリーやUSB給電で駆動できる点が本製品のメリットではありますが、バッテリーの充電には注意が必要です。

USB-C接続した状態でサーキュレーターを駆動していたら同時にバッテリーの充電もされるのかと思っていましたが残念ながら充電はされていませんでした。

バッテリーの充電を行いつつサーキュレーターを駆動したい場合はACアダプターで運用する必要があるので注意しましょう。

Yotchan

最大風量「9」では内蔵バッテリーで5時間で停止しました。最小風量「1」では最大50時間の連続運転ができるようです。

常夜灯を搭載

SwitchBot スマートサーキュレーターは常夜灯を搭載しているので暗い寝室でも室内灯を点けることなく操作できる点も便利でした。

こういった痒いところに手が届くのがSwitchBot製品のいいところですよね。

SwitchBotアプリやAlexaと連携可能

例の如く本製品もSwitchBotアプリと連携することでスマホやタブレットからでも操作することができます。

SwitchBotハブと組み合わせると外出先からエアコンとサーキュレーターを同時に動かすこともできるのでスマート家電の便利さを存分に体感できる点も特徴であると言えます。

使用感が抜群なサーキュレーター

  • 内蔵バッテリー搭載でコードレス運用が可能
  • 常夜灯など便利な機能搭載
  • スマホやAlexaから操作可能

SwitchBot スマートサーキュレーターは痒いところに手が届くサーキュレーターでした。

コードレスで運用ができるので家事との相性も抜群です。

一台あると非常に便利な製品なのですでに扇風機が家にある方にもオススメです。

合わせて読みたい記事

ガジェット好きはこちらも必見!

カテゴリー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次