参天製薬が独創的な眼科デバイスの開発・商業化を目指し 合弁会社設立

参天製薬と Googleを傘下にもつ Alphabet社の子会社であるVerily 社が独創的な眼科デバイスの開発・商業化を目指し 合弁会社設立を発表しました。

発表内容

世界人口の 30 人に 1 人は目の健康に何らかの問題を抱えており、視力障がいの約 8 割は、早期 の発見と治療により予防できると考えられています 1。医療業界において、デジタルツールおよび テクノロジーは、より予防的かつプロアクティブな複数のソリューションを開発するための有意 義な選択肢となる可能性を有しています。
この新たな合弁事業は、さまざまな人々の目の健康の向上を目的としており、世界中の近代的な 眼科診療を支援するためのソリューションを開発していく予定です。参天製薬の眼科における専 門性および高い技術と、Verily 社の統合医療機器や機械学習の開発における専門性を融合するこ とで、独創的な眼科デバイスや総合的な技術ソリューションの開発と商品化を目指します。

https://ssl4.eir-parts.net/doc/4536/tdnet/1790367/00.pdf

Googleの親会社Alphabetの子会社Verily社と日本の眼科領域のリーディングカンパニーの合弁会社設立はなかなか面白そうな話ですね。

参天製薬は医療用及び一般用の医薬品を製造販売しているメーカーです。

そんな製薬メーカーとVerily社がどのようなデバイスを生み出すのか注目ですね。

Verily 社について
Verily 社は、2015 年に設立された Alphabet の子会社で、ライフサイエンスとヘルスケアに注力しています。Verily 社 の使命は、世界の健康データを有用なものにし、人々がより健康な生活を享受できるようにすることです。疾病の予 防と管理の介入のため、健康データの収集、整理、活性化のためのツールや装置を開発しています。高度なハード ウェア、ソフトウェア、科学、医療の専門知識を活用して、ライフサイエンス、医療機器、政府機関のトップ企業と提携 し、迅速な開発、有意義な進歩、大規模な展開を可能にします。詳細については、www.verily.com をご参照くださ い。

https://ssl4.eir-parts.net/doc/4536/tdnet/1790367/00.pdf

Verily社がどんなメーカーかわからなかったのでプレスリリースから引用しました。

なんかすごそうなデバイスメーカーといった感じなのかな?

いまいち想像がつきませんね。

何はともあれ、今後の両社の動向が気になります。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを