[M2チップも対応]M1 MacBook Airでデュアルディスプレイ出力をする方法ーDisplaylink対応のUSBドックが必須

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はDisplayLink対応のUSBドックを利用してM1 MacBook Airで2台の外部ディスプレイへの出力が成功したので紹介したいと思います。

M2チップ搭載のMacBook Air / MacBook Proでもデュアルディスプレイ

目次

M1チップ搭載MacBookのディスプレイ出力は1台のみ

本体ディスプレイで標準解像度(数百万色以上対応)と以下を同時サポート:

1台の外部ディスプレイで最大6K解像度、60Hzに対応

Thunderbolt 3デジタルビデオ出力

・USB-C経由でDisplayPort出力に標準対応

・アダプタ(別売り)を使用したVGA、HDMI、DVI、Thunderbolt 2出力に対応

MacBook Air

M1チップ搭載のMacBookでは1台の外部ディスプレイし接続できないようにAppleによって制限されています。

しかし、「DisplayLink」というソフトウェアに対応しているUSBドックを使用すれば2台以上の複数のディスプレイへM1 Macでも出力できるということをご存知でしょうか。

下記の記事によると最大6台まで外部ディスプレイへの接続が可能なようです。

手持ちのUSBドックがDisplayLink対応だった

わざわざDisplayLink対応のUSBドックを買い足すことに抵抗があってM1 Macでのマルチディスプレイ環境を諦めていましたが手持ちのUSBドックがDisplayLinkに対応しているという奇跡。

当時、このUSBドックを選択した決め手は「HDMIポートが2つあること」で、これを満たしてさえいれば特に細かい仕様も気にならなかったのでDisplay Linkに対応していることをそもそも知らなかったというズボラさ。

何はともあれ、手元にDisplayLink対応のドックがあるのであれば試さない理由はありません。

早速、セットアップを始めることにしました。

Displaylinkのソフトウェアをインストール

まずはDisplayLinkのHPにアクセスしてソフトウェアをダウンロードしましょう。

DisplayLink:ダウンロード

ダウンロードが終わったらDisplayLinkをインストールして起動します。

起動後に、USBドックを接続すると画面収録云々のポップアップが出るのでシステム環境設定を開いて許可をしてください。

他にやっておいた方がいい設定は起動した際に自動でDisplayLinkが立ち上がるようにチェックを入れておくぐらいでしょうか。

これでセットアップは完了です。

2枚の外部ディスプレイに接続

セットアップ完了後にM1 MacBook Airを接続してみると、見事にデュアルディスプレイ環境が構築されていることを確認しました。

クラムシェルモードにしてもディスプレイへの切り替えに問題はなくストレスフリーに運用することができています。

以下にDisplayLink対応のドック製品を探してまとめて記事にしたので気になった方は合わせてご覧ください。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメント一覧 (6件)

  • 初めまして。
    自分も同じような環境でM1MacBook Proを3画面表示しています。(縦置きのWavlinkを使ってます)

    質問なのですが,Yotchanさんの環境で,Wavlinkから出力しているディスプレイの回転の設定はできますでしょうか?

    自分の場合,外部モニターの回転の項目は変更できるのですが,90度回転せず画面だけがフリーズする状態でして…
    Macbookから直接出力してる場合は問題なく回転できるんですが…

    ご参考にお教えいただけると幸いです^^

    • 初めまして。コメントありがとうございます。
      Wavlinkのドック経由で出力している場合は外部モニターの回転ができませんでしたが、通常のUSBドックでHDMI出力をした外部モニターは回転することができました。
      おそらくはWavlinkというよりはDisplay Linkのソフトが外部モニターの回転をサポートしていない可能性がありますね。
      横置きのモニターはWavlinkで出力し、縦置きで使用したいモニターは非Display LinkのUSBドックを別途購入してそちらで出力すれば葵さんの求める環境を構築できるかと思います。
      その場合はポートの問題もあると思うので非Display LinkのUSBドックはドック経由でPD充電ができるタイプの製品を検討されると良いのではないでしょうか。
      理想を言えばWavlinkで完結することですがDisplay Linkアプリに細かい設定項目がなさそうなのでドックを二つ用意することは避けられませんね。

  • m1 MacBook Airでデュアルモニターをdisplaylink対応のドッグで映し出せたのですがクラムシェルモードにできません。なにか設定ありますか!?

    • 山田様
      コメントありがとうございます。
      Display Link自体に「Mac起動時にソフトを起動する」「Apple Watchでロック解除」以外の設定がないのでクラムシェルのために行った設定はありません。
      私も最初の方はクラムシェルにするとスリープになっていましたが、何回か再起動したりするとクラムシェルで出力できるようになりそれ以降は特に問題なく運用できています。
      一度Display Linkのソフトウェアをアンインストールしてインストールし直すか、Beta版を試してみるのも一つの手かもしれません。
      また、Macを電源接続せずに運用している場合は一度充電しながらクラムシェルを試してみてはいかがでしょうか。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次