5000円から買えるDisplay Link対応ドック製品の一覧 [M1 Macでデュアルディスプレイ出力を実現]

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はM1 Macで複数の外部ディスプレイへ出力するために必要なDisplayLink対応のドッキングステーションを複数紹介していきたいと思います。

結論から言うと私が最もコスパがいいと考えている製品はWAVLINKのWL-WL-UG69DK1です。

目次

M1 Macのマルチディスプレイ化

通常であれば複数ディスプレイに出力できないM1 MacBookでマルチディスプレイ環境を構築するために必須のDisplayLink対応のUSBドッキングステーション。

DisplayLinkを利用した外部ディスプレイへの出力は厳密には画面収録の技術を応用しているらしく、Mac上では接続しているディスプレイ数にカウントされないとのこと。

DisplayLinkのハブはカウントされないのでM1 Macでもマルチディスプレイが実現できるというわけですね。

そこで気になるのがどの製品がDisplayLinkに対応しているのかということ。

私が少し調べた際には具体的な製品が検索することが片手間では難しかったので何点かピックアップしてみました。

WAVLINK 「WL-UG69DK1」/ WL-UG69DK7-US

WL-UG69DK1

  • HDMIポート×2
  • Displat Port×2
  • USB3.0×6
  • Ethernet×1
  • AUX×1
  • マイクポート×1
  • DisplayLink対応

私が愛用しているWAVLINKのWL-UG69DK1は単体で最大2台のディスプレイを接続できるだけでなく、解像度も最大5K 1台 or 4K 2台にまで対応しているだけでなくポート数も豊富なので実用面でも申し分ありません。

私はディスプレイが2つしかないので試すことはできませんが、理論上は通常のUSBドックで1台、WL-UG69DK1のDisplay Linkで2台の合計3台の外部ディスプレイへ出力できる計算になります。

Macへの接続もUSB-Cケーブル一本で済むので配線面もスッキリしていいですよ。

WL-UG69DK7-US

WL-UG69DK1と同じ仕様でデザインが異なるのがWL-UG69DK7-USです。

縦型が好みである人はこちらの製品を選択してください。

WAVLINK 「WL-UG69PD3」

Mac本体への充電もドック経由で行いたい人はWL-UG69PD3もおすすめです。

基本的なスペックは先程紹介したドックに60Wのパススルー充電機能を付加したものになります。

Mac本体に接続するケーブルを1つでも減らしたい人はこの製品が有用であると言えるでしょう。

WAVLINK 「WL-UG39DK7」

こちらの製品は安価である分先ほど紹介したUSBドックと比較すると仕様が見劣りしてしまうのが少しネックです。

  • USB3.0×6
  • HDMI ×1
  • DVI ×1
  • AUX×1

仕様を見て分かる通り、この製品はディスプレイ出力の端子が少ないのでドック単体でのデュアルディスプレイ環境の構築は困難であると言わざるを得ません。

解像度】HDMI および DVI ポートは最大解像度 2048×1152 / 1920×1200 までをサポートします。HDMI ポート経由で1 台だけのモニタを接続する場合に限り、最大 2560×1440@50Hz の解像度まで表示することができます。拡張モードとミラーモードもサポートします。

HDMI端子の解像度も最大でWQHDまでにしか対応できない点も注意が必要です。

また、Macとの接続はUSB-B to AなのでUSBドックとの間にハブをかまさないといけない点もネック。

価格を少しでも安く抑えたい人向けの製品であると言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメント一覧 (4件)

  • Plugable UD-3900H ドッキングステーションを取り上げていただき、誠にありがとうございます。
    当製品は現在 macOS 10.15 / 11.x に対応しており、Mac システムに接続できるよう USB-C ケーブルも同梱しております。また、その他の USB-C ドッキングステーション(DisplayLink 対応)も現在は macOS に正式に対応しております。
    もしお時間がありましたら、弊社製品が非対応であるという個所をご訂正いただければ大変ありがたく思います。

    • この度は情報提供いただきありがとうございます。記事執筆時より商品ページを確認しておらず誤った情報を公開してしまい申し訳ございませんでした。
      ご指摘いただいた箇所の修正は完了しましたのでご確認ください。
      しかしながら一部の製品につきましては現在でもM1 Macでは使用できないことがAmazon商品ページにて明記されておりました。本記事の目的は「M1 Macで使用できるUSBドックの紹介」となりますのでニーズに合わない製品を読者様が誤って購入することは望ましくありません。その旨については本記事でも継続して注意喚起させていただきます。ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

  • この記事を見てM1 macで試して見ました。ですが、映るものの出力したディスプレイを操作出来ません。
    ミラーリングにすると画面が動かせる様になりますが、それでは意味がないので。
    osが最新だと動かせないのでしょうか?
    それともどこか、設定が行けないのでしょうか?

    • kuroさん。
      コメントありがとうございます。
      私の環境ではM1 MacBook AirのBigSur最新バージョンでWavlinkのUSBドックでは問題なく動作しております。
      Displaylinkのアプリ自体には設定できる項目はほとんどないので設定が悪いという可能性は少ないと私は考えます。
      画面に出力すること自体はできているようなのでDisplaylinkのドライバを最新のもの、一つ前のもの、Beta版などに変更してみて動作の改善があるか試してみては如何でしょうか?
      それでも改善しなかった場合はkuroさんがどちらの製品を購入したのか存じ上げないので何とも言えませんが基本的にメーカーがM1 Mac対応を謳っていれば正常に動作するはずなので問い合わせてみてはいかがでしょうか?
      環境に問題が無ければ物理的な不具合の可能性もあるので修理や交換などの対応をしていただけるかもしれません。
      私の環境で特にトラブルが起きたことがないので明確な回答が出来ず申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる