【2023年でもまだ使える?】最後のiPod Touch 第七世代の購入レビュー

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日は新型の開発が終了され、最後の世代となったiPod Touch 第七世代を購入したので紹介したいと思います。

私の青春時代の相棒だったiPod Touchの最終モデルは意外と普通に使えて驚いています。

目次

今さらiPod Touchを購入した理由

2022年5月に突如販売終了がアナウンスされたiPod Touchを購入した理由はいつも通り安い個体があったからです。

音楽は15万円越えのDAP「NW-WM1AM2」かスマホとワイヤレスイヤホンでしか聴かない私にとって今更iPod Touchを購入する理由は価格以外にありません。

iPod Touch 第七世代のスペック

現代でも十分活用できるA10チップを搭載

  • iPod Touch 第五世代:A5チップ(iPhone 4S)
  • iPod Touch 第六世代:A8チップ(iPhone 6)
  • iPod Touch 第七世代:A10チップ(iPhone 7)

iPod Touch 第七世代に搭載されているチップはiPhone 7と比べるとクロック数が抑えられているモデルではありますが現代でも十分に活用できるA10チップを搭載しています。

iPod Touch 第七世代よりもフリマ価格がはるかに安い第六世代以前はもはや骨董レベルのチップということもあって音楽再生以外での利用はもっさりしてなかなかに厳しいことが予想されます。

iPod Touch 第七世代のメモリは2GB

  • iPod Touch 第五世代:512MB
  • iPod Touch 第六世代:1GB
  • iPod Touch 第七世代:2GB

CPUの世代だけでなくメモリも旧世代のiPod Touchと比べると大幅に強化している点も見逃せません。

今から購入してアプリも使いたいのであれば間違いなく第七世代一択です。

iPod Touch 第七世代の最終OSはiOS15.7.2

  • iPod Touch 第五世代:iOS9.3.5
  • iPod Touch 第六世代:iOS12.5.6
  • iPod Touch 第七世代:iOS15.7.2

また、スペックだけでなく最終OSの観点からもアプリを使いたい人は第七世代を選ぶことをオススメしています。

現在では最低でもiOS14を要求するアプリが多いので第六世代以前のiPod Touchでは目当てのアプリが使えない可能性が高まります。

現代でもマルチに使えるミュージックプレイヤー

iOS搭載のミュージックプレイヤー

懐かしのiOS13を搭載

数年ぶりに手にしたiPod Touchは思わず飛ばしてしまいそうなほど軽く薄いです。

思わず指で背面をなぞってしまう質感の高さは現在です。

今回購入した個体はiOS13.6で、現在最新のOSはiOS15.7.2のようです。

当初はOSを上げるつもりはありませんでしたが、普段使っているアプリが軒並みiOS14以上を要求してきたので泣く泣くアップデートすることにしました。

マニアはできるだけ古いOSで留めたがる傾向にあるらしいですが私はそこは気にしないタイプです。ガジェットは使ってなんぼ。

薄い、軽い、小さい

手持ちのiPhoneと比べるとiPod Touchの小ささは際立ちます。

昔はこのディスプレイサイズが普通だったと思うとよくこんな小さなディスプレイで何でもしていたなと思いますよね。

カメラも使えるオーディオプレイヤー

iPod Touch 第七世代で撮影

iPod Touchが当時最高だと思っていた理由の一つがオーディオプレイヤーなのにiPhoneと同様にiOSが搭載されていてカメラも使える点です。

私が高校生の頃はまだまだスマホの普及期でクラスの半分がガラケー(私も)だったのでiPod Touchのカメラは重宝していました。

今でもメモや記録程度には使えるので子供にスマホを持たせる前の一台として優秀です。

iPod Touch 第七世代はオーディオプレイヤーとしてまだまだ現役

iPod Touchは今のスマホからは消えてしまったイヤホンジャックが搭載されているので有線イヤホンで音楽を楽しむことができます。

NW-WM1AM2で試聴した際にはDAPの性能が高すぎて楽曲によってはイマイチな印象を受けていたHidizsのMD4をiPod Touch 第七世代で使うと普通に高音質に聞こえる不思議。

それなりの価格のイヤホンを使えば現代でも満足できる音質は備えていることを確認できたのが今回購入した1番の収穫かもしれません。

iOS13にはオーディオの品質の欄がない

Apple Musicのロスレス音源はiOS13では利用できないので古いバージョンの人はアップデートした方が体験の質が向上するので推奨します。

iOS 13
iOS 15でロスレスも再生可能に

iOS 15にアップデートすることでiPod Touch 第七世代でもApple Musicのロスレス再生ができるようになります。

ハイレゾロスレスを再生したい場合は別途DACを用意すると良いでしょう。

通勤中の車内でのカーオーディオ機器として優秀

AUXで車のスピーカーで再生
動画再生も

iPod Touchにはイヤホンジャックが搭載されているのでAUX接続で車のスピーカーから直接音楽や動画音声を再生することができます。

特にライブ映像ではBluetoothスピーカーよりも車のスピーカーの方が音場が広いので臨場感のある音で動画を楽しむことができます。

今のスマホではXperiaぐらいでしかイヤホンジャックがないのでiPod Touchが活躍する使い方と言えるかもしれませんね。

2023年でもiPod Touch 第七世代は便利

数年ぶりに使ってみたiPod Touch 第七世代は思っていた以上に快適で驚きました。

iPhoneジャックを搭載した最後のiPhoneである6Sシリーズよりもチップの世代が新しいこともあって動作は軽快でオーディオプレイヤーでありながらゲーム以外のアプリであれば今でもサクサク動作しました。

2年ぐらい前にA9チップを搭載したiPhone 6Sを触った時は普段の動作でももっさりしていたことを考えるとA10チップは今でも支障ないパフォーマンスを発揮できているので素晴らしいですね。

寝室でのごろ寝用のサブ機としては最高の薄さと軽さなので購入する価値は十分にあったと感じています。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

あわせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次