続編【スマホ依存とSNS依存】”百聞は一見にしかず”実行編

  • URLをコピーしました!
本当になにもないのか?

こんにちは、Yotchanです。

本日は先日公開した記事「【スマホ依存とSNS依存】情報過多で頭でっかちになっていると気づいた話」の続編です。

博多には何もないという偏見を抱いていた私が実際に二日間博多に行ってみた感想を共有したいと思います。

目次

実際に足を運んでみる意義

「博多には大阪から行くと太宰府ぐらいしか見るものがない」という偏見

今回、博多への旅行を決めたきっかけはろくに足を運んだことがないにも関わらず「博多には大阪から行くと太宰府ぐらいしか見るものがない」という偏見が正しいのか気になったからです。

旅の下調べに伴う情報過多で頭でっかちになった結果、「こんなところに行っても楽しめないのではないか」という思考で頭が埋め尽くされてしまっていました。

とはいえ、楽しいかどうかは実際に足を運ばない限り判断ができないもの。

考えることが面倒になったのでとりあえずノープランで博多へ行ってみることにしました。

パッとしなかった場所も意外と楽しい

福岡タワー

福岡タワー

ノープランの旅行だったので「歩くことに疲れたタイミングでたまたまバスが来たから」という理由だけで訪ねた福岡タワーは思っていたよりも楽しい観光スポットでした。

ネットでの下調べで存在自体は認知していましたが、「どこにでもあるタワーに登ってもなぁ…」とか舐め腐った考えをしていた自分が浅はかすぎました。

タワーの展望台自体は割とどこにでもありますが、福岡の街並みが見えるタワーはこの場所だけなので実際に行ってみるとめっちゃ良かったスポットの一つになりました。

Yotchan

福岡タワーの周辺にはPayPayドームや博物館、マリンワールド海の中道があるので観光メインなら一泊分はこの辺りで宿を取ってもいいと思いました。

キャナルシティ博多

「福岡に旅行に行って誰がショッピングモールに行くねん」と馬鹿にしていたキャナルシティ博多も行ってみるとめっちゃ良かったです。

旗艦店だからか生活圏にある店舗とは品揃えが段違いで、観光で来ているのに普通にスニーカーを買ってしまう程度には満喫してしまいました。

また、ガンダムベース福岡では私が子供の頃に見ていたガンダムSEEDの特設展示があったのでタイミングが良かったです。

SEED以外ではOOしか見ていないので劇場版SEED公開中の今のタイミング以外ではスルーしていたはずです。

なんでも美味しい

パンとエスプレッソと博多っと

博多駅の近くを歩いていると良さげなパン屋さんがあったので入ってみたら大当たりでした。

ドリンクもパンも美味しかったので二日連続朝ごはんはこのお店にしました。

水炊きが予想以上の美味しさ

博多といえば水炊きですが、今回の旅で初めて食べて感動しました。

これを食べるためだけに来てもいいレベルです。

夜の屋台

夜の屋台ももちろん楽しみました。

雰囲気だけでなくちゃんと美味しいのがずるいですよね。

今回はお腹が限界だったので2軒しか行けませんでしたが、次は最低3軒は行きたいところです。

観光名所を巡ることしか興味がない私でさえご飯目当てで旅をするのも悪くないと感じる程美味しいものばかりでした。

小倉も舐めてました

博多で見たいものを全て見たので夜行フェリーに乗るまでの時間を「博多以上に何もない」と侮っていた小倉も予想以上に楽しめて驚きました。

実際、小倉城自体にはなんの興味もありませんが写真を撮るという目的ではこの上ない撮影スポットでした。

迷ったり悩んだら“行ってみる”のが正解かも

今回、“なにもない“という偏見を抱いていた博多で思っていた以上に楽しめたので“百聞は一見にしかず“という言葉を身をもって理解できた心地です。

頭でっかちになって身動きが取れなくなってしまう前に行動してみることの重要性がよく分かりました。

今度は博多以上になにもないと思っている東京にでも足を運んでみてもいいかもしれませんね。

ガジェット好きはこちらも必見!

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次