【レビュー】SOUNDPEATSのCapsule3 Proが一万円以下なのにハイレゾ・LDAC・ANC対応の全部入りワイヤレスイヤホンでコスパ最高です【PR】

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はSOUNDPEATS(@SOUNDPEATS_JP)様に提供いただき、本日発売の新型イヤホン「Capsule3 Pro」を先行体験する機会を頂戴したので紹介したいと思います。

前回紹介したAir3 Deluxe HSの完成度から抱いていた期待を裏切らないコスパのいいワイヤレスイヤホンです。

目次

SOUNDPEATS「Capsule3 Pro」とは

SOUNDPEATS「Capsule3 Pro」は1万円以下でありながらノイズキャンセリングに対応しているSOUNDPEATS社製の新型完全ワイヤレスイヤホンです。

前回レビューしたSOUNDPEATS Air3 Deluxe HSの唯一の欠点として挙げていたANC非対応という点すらも払拭されたコスパ最強モデルとして期待される商品です。

本日は発売の1ヶ月前より提供いただいてじっくりと視聴した感想を率直に紹介したいと思います。

SOUNDPEATS「Capsule3 Pro」の視聴レビュー!

外観と付属品

マットな質感のケース
ピンクゴールドの差し色が可愛い
カナル型ワイヤレスイヤホン

Capsule3 Proは価格の割に質感のいいケースを採用している完全ワイヤレスイヤホンです。

本体も価格相応の質感ではありますがピンクゴールドの差し色が可愛い点は気に入っています。

ケースの大きさは一般的なサイズ感で同社のAir3 Deluxe HSと違って指紋がつきにくい点はいい感じ。

イヤホン本体の大きさも一般的なサイズ感です。

付属品は充電用のType-Cケーブルと替えのイヤーピースと取扱説明書の3点でした。

箱出しの音は微妙

ペアリングしてまずは箱出しの状態での音質をチェックしてみたところ、Capsule3 ProはAir3 Deluxe HSよりも微妙な印象です。

しかし、SOUNDPEATSのイヤホンは箱出しでは本領を発揮できていないことは前回の経験から学習済み。

早速、専用アプリでチューニングを行うことにしました。

専用アプリでチューニングすると音質は激変

まずはアップデート

SOUNDPEATSのイヤホンは専用アプリをインストールすることでイヤホンのアップデートやイコライザー設定を行うことができます。

その中でも特に神機能だと思っているのがユーザーの聴力に合わせてイコライザーをカスタマイズしてくれる機能です。

パーソナライズ化されたイコライザー

イコライザーのパーソナライズ設定が完了した状態で音楽を聴くと箱出しの時とは明らかに音質が良くなっていることが感じられました。

Air3 Deluxe HSと違って一発で納得のいく設定にできなかった点は気になりますが、何度か試行することで好みの調整に辿り着けるでしょう。

ANCはないよりはマシ程度

Capsule3 Proは一万円以下の低価格帯でありながらANCに対応している点も見逃せません。

あまりイヤホンを外で使う機会がないので室内でテストした程度の感想ではありますが少し触れておきます。

ANCの効き目としては空気清浄機の音は消えるものの、他のイヤホンから漏れている高域の音はほとんど消せておらずどの楽曲が流れているのか分かるレベルでした。

そのため、ないよりはいいけれども色々な音域のノイズのある屋外では効き目に満足できない人も出てくるのではないかと感じています。

価格帯を考えるとANCが搭載されているだけでもすごいです。

イヤホン本体で音量の調節も可能

再生・停止左右のいずれかをダブルタップ
音量ダウンL側を1回タップ
音量アップR側を1回タップ
曲戻しL側を1.5秒間長押し
曲送りR側を1.5秒間長押し
着信受話・通話終了左右のいずれかを2回タップ
着信拒否左右のいずれかを1.5秒間長押し
通話切り替えイヤホンを2秒間長押し
手動でペアリングケースのマルチボタンを3秒間長押し
音声アシスタントR側を3回タップ
ゲームモードL側を3回タップ

Capsule3 Proはイヤホン単体での音量の調整や楽曲の再生・停止を行うことができます。

スマホをわざわざポケットから取り出さずとも各種操作ができるのは嬉しいですね。

音質はAir3 Deluxe HSよりもCapsule3 Proの方が良い印象

肝心の音質についてはAir3 Deluxe HS同様に価格を考えると信じられないほど音質がよくて改めてSOUNDPEATSに度肝を抜かれています。

開放型のAir3 Deluxe HSよりも低音がしっかり鳴らせていて高域もより綺麗に表現できているので恐ろしいコスパです。

もちろん、私が普段音楽を試聴する際の環境(15万円のDAP×5万円の有線イヤホンや定価約4万円のMomentum True Wiress 3)と比較すると音質は劣りますが、1万円以下という価格でみると十分に高音質です。

Air3 Deluxe HSの装着感はかなり気に入っているのでカナル型のイヤホンの使いすぎで耳が痛くなった際の使い分けで別に一つ持っておきたい感はあります。

音質ではCapsule3 Proを選びますが、装着感を重視するのであればAir3 Deluxe HSがベストです。

お得なクーポン情報

5%OFFのAmazonクーポンコードが使えます!
クーポンコード:CPS3PBLG01
使用期限:2022/12/26 00:01 JST~2023/1/02 23:59 JST

Amazonの1880円OFFクーポンも併用可能
通常価格:8480円
割引後価格:6176円

1月2日まで5%オフクーポンが適用可能なため6000円台前半で購入することができます。

この価格でこの音なら文句のつけどころがないですね。

Capsule3 Proはコスパ最高のワイヤレスイヤホン

Capsule3 Proのメリット

  • お値段以上の音質
  • 専用アプリでのチューニングが優秀
  • 操作性の高さ
  • LDAC対応
  • ANC対応
  • 安価な価格

Capsule3 Proのデメリット

  • なし

SOUNDPEATDSのCapsule3 Proは実際に使ってみるとコスパが異常に高くデメリットのない製品であると感じています。

Air3 Deluxe HSのレビューで唯一デメリットとして挙げていたANCにも対応してしまったので文句のないプロダクトに仕上がっていて舌を巻きました。

オーディオにそこまでお金をかけたくない人には間違いなくオススメなワイヤレスイヤホンです。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

提供:SOUNPEATS(@SOUNDPEATS_JP)様(https://jp.soundpeats.com

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次