SONOS Roamのステレオペアの音質が最高で飛んだ話。HomePod miniよりも断然SONOS Roam!

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はSONOS ROAMの2台目を購入して車内でステレオペアを組んだ話をしたいと思います。

もはや異常者ですね。

目次

SONOS Roamの音質が車載スピーカーとして最高クラス

2021年11月に購入してから1年以上車載スピーカーとして愛用しているSONOS Roamの音質は未だに感心させらています。

しかし、その一方で定価約20万円となったウォークマンNW-WM1AM2でオーディオ沼にハマっている私には少し物足りなくなってきている一面もありました。

車載できる大きさでこれほど綺麗に高音を鳴らせるワイヤレススピーカーは他にないのでこれ以上のオーディオ体験を求めるとなると…。

Yotchan

SONOS Roamは音質が優れているだけでなく、Alexaも搭載されていて音声コントロールもできるので理想的な車載スピーカーなんですよね。

SONOS Roamの2台目を購入してステレオペアを組むことに!

SONOS Roamは細身のスピーカーなのでドリンクホルダーに入れて運用するとガタガタ倒れるので車を選ぶ点がネックです。

ある程度の横幅の平面がなければ安定して設置できない関係上、自家用車のノートでの設置は断念しましたが社用車のアクアではなんとか二台置くスペースを確保できました。

スピーカーを選択
ステレオペアを設定
左右の選択
完了!

ステレオペアの設定はSONOSアプリから行います。

作業時間は5分もかからない程度でした。

ステレオペア時の注意点

  • ステレオペアはWiFi接続時のみ可能。Bluetoothでは不可
  • Alexaの紐付けは片方のみでOK

SONOS Roamでステレオペアを組む際の注意点は上記の二点です。

残念ながらWi-Fi環境下のみの対応のため、車載する場合はモバイルルーターが必須となります。

また、Alexaを2台ともに紐づけると両方が反応してめんどくさそうだったので2台目には連携させませんでした。

SONOS Roamのステレオペアの音質は最高

圧倒的な音場の広さ

デザインもシンプルでオシャレ

SONOS Roam一台の時は音楽が明らかに正面からのみ鳴っている感覚で、音場の狭さを感じさせられる点が気になっていました。

ステレオペアにすることでその問題は解消され、車内が音楽に包まれる最高のオーディオ体験ができて感動しています。

SONYのグラスサウンドスピーカーのステレオペアでも感じましたが、比べるまでもなくステレオペアの方が音質は圧倒的です。

車内という狭い環境での録音が難しかったので、単体とステレオの違いが気になる人はこちらを参考にしてください

HomePod miniのステレオペアとは段違いの音質

HomePod miniもステレオペア

同じAirPlay 2に対応しているHomePod miniと比較すると音質は圧倒的にSONOS Roamの方が優れています。

動画を見る分にはHomePod miniでも構いませんが、音楽を聴くのであればSONOS Roamを選ばない理由はありません。

  • バッテリー内蔵で電源なしでも利用可能
  • SiriではなくAlexaを搭載

音質以外にもSONOS Roamを選ぶべき理由はあります。

HomePod miniと違って電源なしでも利用でき、Siriではなくウェイクワードの短いAlexa搭載という点も汎用性が高くて便利ですよね。

Yotchan

HomePod miniは2台で3万円、SONOS Roamは2台で4.5万円ですが買うなら絶対Roamです!

ガジェット好きはこちらも必見!

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次