Surface Laptop 3 (VGY-00018)の音が出ないジャンク品を4万円で購入した話

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はSurface Laptop 3のCore i5 , 8GB RAM , 128GB SSDモデル(VGY-00018)の音が出ないジャンク品を格安で購入した話をしたいと思います。

Bluetooth接続のスピーカーやヘッドフォンを接続すれば問題ないので良い買い物をしました。

目次

音が出ないジャンク品を調達

今回入手した個体は本体スピーカーやオーディオジャックから音声出力がされないというジャンク品です。

症状を見るに本体の不具合というよりもドライバの問題な気がしたことに加えて第10世代のIntelチップが搭載されたSurfaceが4万円で購入できるのはあまりにもお買い得

Amazonでの新品価格が11.5万円であることを考えるとこの安さを見逃すという選択肢はありません。

特に何か用途があるわけではありませんでしたがとりあえず購入することにしました。

Surface Pro 4以来のSurface製品

4年前にSurface Pro 4からMacBook Pro 15 2017年モデルに乗り換えてからずっとmacOSのラップトップしか使っていなかったので久しぶりに触るWindowsマシンです。

Surface Laptop 3は第10世代のIntelチップを搭載している比較的新しいマシンであるためWindows 11にも対応しています。

Windows 11自体は先日ParallelsでMacの仮想デスクトップ内にインストールしているので間に合ってはいましたが実機があるに越したことはありません。

USB-C充電に対応

久しぶりにSurfaceに触れていて驚いたことはUSB-Cポートが搭載され、MacBookと同じPD充電器で充電ができるようになったからです。

Surfaceといえば独自規格の充電端子が採用されていたので他のマシンとのケーブルの使い回しができない点がネックでした。

Surface Laptop 3の良い点は従来のSurfaceの独自規格も残されているので旧機種の充電器でも充電ができること。

充電方法が二種類あるのは便利ですよね。

USB-A端子も本体に一つあるのでMacと比較すると拡張性が優れているのは素直に評価できるポイントです。

MacBookにも比肩するデザイン

数あるWindowsラップトップの中でもSurfaceを気に入っている理由はMacBookと並べても見劣りのしない質感・デザインを備えているからです。

SurfaceはWindowsの生みの親であるMicrosoftから販売されているパソコンなのでOSへのライセンス料という概念がないからか比較的コストパフォーマンスの高いWindowsパソコンです。

MacユーザーとしてはWindowsの出番はあまりありませんが、Androidデバイスとの接続やたまにWindowsでしか動かないソフトを利用せねばならない機会があるので一家に一台Windowsマシンはあった方が安心ですね。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる