注目キーワード

MacBook 12インチ 2017購入レビュー−2021年でも快適な4万円で買えるサブ機

こんにちは、Yotchanです。

本日はMacBook 12インチ 2017年モデルを購入したので紹介したいと思います。

2021年に12インチMacBookを購入した理由

私が2021年に12インチMacBook 2017を購入した理由はコンパクトなサブ機が欲しかったからです。

すでにMacBook Pro 15 2017やM1 MacBook Airを所持している私にとっては3台目のMacBookということもありこのMacにはスペックを求めてはいません。

iPad Pro 12.9を断捨離で売却したことや11インチiPad ProとMagic Keyboardの組み合わせはキーボードの着脱が面倒といった背景もあり気軽に使用できるマシンが欲しくなりました。

そこで今回購入することにしたのが12インチのMacBookです。

M1 MacBook Airよりも一回り小さく、重さもiPad Pro 11+Magic Keyboardよりも軽い920gの12インチMacBookはまさに理想のサブ機と言っても過言ではありません。

その中でも2017年モデルを選んだ理由は2016年モデルを使用していた際にスペックに不満があったので最新=スペックの高いモデルを選びたかったからです。

購入したMacBook 2017のスペック

今回私が購入したMacBook 2017はCore m3、8GB RAM、256GB SSDという吊るしの最低構成のモデルです。

このMacはあくまでもサブ機なので先述の通りスペックを求めていないため過剰なスペック=コストをかけないことにしたのがこのモデルを選択した理由です。

MacBookでは重い作業を行う際には一回り大きくはなるもののM1 MacBook Airがあるのでそちらを使えばいいですし、グラフィック性能を要する作業を行う場合にはdGPU搭載のMacBook Pro 15インチがあります。

そのため、このMacBook 12は出先や自宅でブログを書くときに使うことがメインなのでブラウザベースの作業さえ出来れば十分です。

4万円で購入

以前MacBookを購入した際の報告記事では4.5万円の個体を購入していましたが出品者の発送が記載よりも2日遅れていたのでキャンセルし、ちょうどそのタイミングに出品されていたゴールドの個体を購入しました。

充放電回数は7回という少なさでこの価格はコスパが抜群。

届いたMacBookには傷が一切見当たらず、充電回数通りのほぼ新品な状態でした。

少しトップケースとボトムケースの接続部分がMacBookを開いたときに緩い気もしますがMacBook Early 2016もこんな感じでした。

13インチのM1 MacBook AirやMacBook Pro 15インチよりもトップケースがコンパクト=軽いことが緩く感じる原因かもしれません。

13インチMacBook Airよりも重量が400gも軽い12インチ MacBookならではの「軽さ」なのでしょうか。

コンパクトでやっぱり最高

お分かりいただけるでしょうか。

単体で見ても十分小さいと感じますが13インチMacBook Airと並べてみると12インチ MacBookのコンパクトさが際立ちます。

MacBook Airも持ち運びができるラップトップに分類されますがコンパクトではありませんし、軽量でもありません。

何度か機会があってM1 MacBook Airを持ち歩いたことがありますがカバンの中にずっしりと重みを感じるので気軽に外出時に使おうと思うには至りませんでした。

一方、12インチのMacBookは920gと聞くとそこそこな重さのように思えますが実際に持ってみると薄くて軽いので機動性がMacBook Airと比べると格段に違います。

軽いだけでなく実用性も抜群です。

11インチiPad Pro用のMagic Keyboardと比較するとキーボードとトラックパッドが広いので作業効率が格段に向上します。

また、サイズ感だけでみるとiPad Pro 11とMagic Keyboardの方がコンパクトですが重さは12インチMacBookの方が軽いのでブログの執筆などのテキストワーク主体の作業しか行わない場合はMacBookの方がベスト。

キーボードもEarly 2015/2016とは違って打鍵感が改善された第二世代バタフライキーボードなので入力していてストレスは感じません。

シザー式のMagic Keyboardと比較すると文字入力時にパチパチと音が響くのが気になる人もいるとは思いますがすぐに慣れます。

  • 第一世代:MacBook Early 2016
  • 第二世代:MacBook Pro 15 2017
  • 第三世代:MacBook Air 2019

私はバタフライキーボードを全ての世代で経験していますが第二世代以降であれば特に入力していて指が疲れたり違和感があるといった印象はありません。

第一世代バタフライキーボードの打鍵感の悪さとMacBook Early 2016自体のスペックの低さを体験したことのある身としてはMacBook 2017の操作性やスペックは快適そのものです。

2021年でもまだまだ現役

MacBookが我が家にやってきてから数日使用した印象を簡単に記したいと思います。

まず、気になるスペックについては思っていたよりも快適で驚いています。

Early 2016では他のアプリを立ち上げずにSafariでブログを書いているだけで結構な頻度でブラウザが落ちていましたがMacBook 2017ではそのようなことはありません。

MacBook Air 2018/2019のCore i5モデルとMacBook 2017のCore m3モデルのスペックは大きく変わらないという話通りの体感です。

実際にMacBook Air 2019を半年間使用していましたが大きなスペックの乖離は感じられません。

もちろん、最近最も触れていたマシンがM1 MacBook Airなので現行機と比べると多少のもたつきを感じるシーンは多少ありますが、WordPressで文字を入力している際にライブ変換が追いつかないことはないのでストレスに感じることはありません。

アプリの立ち上げや切り替え、ページの読み込みが少し遅いですが4年前のマシンであることを考慮するとむしろサクサク動いていると思います。

重かったmacOS Catalinaではなく軽快なBigSurで運用していることもその背景にあるのかもしれません。

MacBook Pro 15 2017でも明らかにCatalinaよりもBigSurの時の方が動作が軽かったので優秀なOSに助けられていることもサクサク動く要因なのでしょう。

次に、iPad Pro 11とMagic Keyboardの組み合わせはApple Pencilを使用する際にキーボードの着脱の手間があったのがストレスでした。

その手間がMacBookを導入したことで解消された点でも満足しています。

Magic KeyboardとApple Pencil運用時のケースを都度都度付け替えるよりもMacBookを開いた方が早いので時短に繋がりました。

このような日常的に行う動作もチリも積もればなんとやらで馬鹿にできません。

当然、作業効率についても言うまでもなくMacBookの方がいいので実用面での恩恵も大きいです。

気になる点があるとすれば打鍵感でしょうか。

久しぶりにバタフライキーボードで入力しているとシザー式のMagic Keyboardよりも手首の負担を感じますがそこは慣れの問題。

本当に第一世代のバタフライキーボードよりも入力がしやすいので文句や不満はありません。

まとめ

総括するとメイン機としてのスペックを求める方には少し物足りない12インチMacBookですがサブ機として欲しい方には間違いなくオススメできるモデルです。

まさかMacBookでガッツリと動画編集やマルチタスクをする人はいないと思うのでRAMも8GBで十分ですし昔と比べると価格もだいぶ下がりました。

2017年モデルが4万円で購入できるようになるとはいい時代になりました。

これもM1チップの与えたインパクトなのでしょう。

M1 Macが発売されてからIntel Macの値下がりが本当に激しいですよね。

ブログ用のサブ機やネットサーフィン機として見るとiPad Proを運用するよりもよほどコスパがいいので2017年モデルのMacBookはまだまだ狙い目と言えるのではないでしょうか。

iPadやiPhoneよりも安く購入できる型落ちMacで生活を変えてみてはいかがでしょうか?

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマにApple製品やおすすめのガジェットの使い方や活用ノウハウを毎日お届けするガジェットブログ。