NW−ZX507の実力を発揮できる6万円以下の有線イヤホンが欲しい話−気になる製品をピックアップ

こんにちは、Yotchanです。

本日は先日購入したハイエンドストリーミングWalkman「NW -ZX507」の実力をフルに発揮できる有線イヤホンが欲しい話をしたいと思います。

最新のハイエンドイヤホンが欲しい!

現在私が愛用している有線イヤホンはJVCのHA-FX1100という2014年ごろに発売された定価6万円のイヤホンです。

私が今所持している中では一番音質のいいイヤホンなのですが発売から今年で7年目ということもあって最新のハイエンドイヤホンが欲しくなってくるのがガジェットオタク。

せっかく定価8万円のDAP「NW-ZX507」を購入したのですからイヤホンにも改めて拘りたいところです。

そこで予算6万円程度で気になるイヤホンをいくつかピックアップしてみたので共有したいと思います。

HA-FW1500

現時点での本命は現在愛用しているFX1100の後継となるウッドイヤホン「HA-FW1500」です。

FW1500の発売は2019年の11月で現時点では後継モデルの発表はありません。

FX850、FX1100とVictorのWoodイヤホンに魅了された身としてはとりあえず購入しておきたい感のある製品です。

Amazon販売価格が5.6万円なので予算内である点もGood。

WoodシリーズでFW1500よりも上位なモデルは定価18万円近いFW10000しかないので現状手が出る範囲では最もベストな選択肢です。

家電量販店でFW-01を視聴してみましたがFX1100との違いがいまいちわからなかったのでそちらはスルーしてFW1500を候補に挙げている状況です。

今回選ぶかどうかは別としてもいずれ手に入れたいイヤホンです。

Sennheiser IE300

次に気になっている製品はSennheiserのIE300です。

完全ワイヤレスイヤホンやヘッドフォンでも他を圧倒する高音質な製品という評価を得ているSennheiserは前々から気になっていたので今回を機にデビューしても良いのかなと思っています。

Sennheiserのイヤホンで一番気になっている製品はIE800Sというイヤホンなのですが、定価10万超えで価格の折り合いが付かず一つ下?のモデルなのかはわかりませんがIE300をターゲットに選定しました。

価格面ではFW1500よりも遥かに安い38000円程度なので試してみる価値は十分にあるのかなと思ったり。

ですが、個人的にShure掛けがあまり好きでないのでそこがネックなポイントと言えるかもしれません。

Sennheiserの音が気になります。

SONY IER-M7

Walkmanと組み合わせて使用するのであればSONYのイヤホンも候補からは外せません。

SONYからは様々な種類のイヤホンが販売されていますが、その中でも私が気になったのはIER-M7です。

定価8万円ながらAmazonでは5.6万円で購入できるということで非常にお買い得感のある製品でした。

ケーブルもこの価格帯の有線イヤホンにしては珍しく4.4mmの標準プラグのものが付属しているのでメーカーオリジナルな音でバランス接続が使用できる点が魅力です。

FW1500にするかSONYにするかでなかなか悩ましいところですね。

まとめ

現時点で私が悩んでいる製品はこの3点です。

FX1100を愛用している身からするとFW1500の音は新鮮味にかけて費用対効果に疑問を抱きかねない予感があるので他の2製品を選んだ方が楽しめる気もします。

私はヨドバシなどに試聴に行くのが面倒なのでフィーリングで購入しようと考えているだけに決断に悩みます。

この価格帯になるといちいち店員さんを呼んで目の前で聞く必要があるので視聴がめんどくさいんですよね・・・。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを