あえて初代AirPods Proを2023年に購入した理由と使用感をレビュー

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日は2023年にあえて初代AirPods Proを購入した理由を紹介したいと思います。

オーディオオタクとしては利用頻度が低いワイヤレスイヤホンへの投資は費用対効果に疑問がありました。

目次

2023年に初代AirPods Proを購入した理由

音質に期待できない

今となっては定価20万円になったDAP『NW-WM1AM2』を中核にオーディオを楽しんでいる身としてはいかに優れたワイヤレスイヤホンであったとしてもこの体験に勝ることはありません。

そのような背景もあり、AirPods Pro第2世代には発売当初から関心がありつつも費用対効果の観点から手を出せていませんでした。

有線DAPユーザーとしてはAirPods Pro第2世代を購入するよりもBlessing 2を購入した方がQOLが高いんですよね。

格安で購入できる機会を得た

このように費用対効果の観点から第2世代AirPods Proの購入を見送っていたものの、AirPods自体は買い直したくなっていたタイミングで初代AirPods Proをフォロワーさんから格安の6000円で譲っていただく機会に巡り会えました。

AirPodsシリーズを購入する上での最大のネックは価格だけだったので6000円であれば何の文句もありません。

空間オーディオが最高すぎる!

数ヶ月ぶりにAirPodsシリーズでの空間オーディオを体験しましたが、やはり最高以外の言葉が出てきません。

音質が微妙な初代AirPods Proですらこの体験なので、第2世代であれば極上であること間違いありません。

とはいえ、空間オーディオ目当てであればAirPods Maxが最強なのでAirPods Pro 第2世代を購入するよりも第2世代AirPods Maxの登場を待った方が確実に素晴らしい体験ができるだけに悩ましい限りです。

いずれにせよ初代AirPods Proを格安で購入できる機会があるのであれば迷わずに飛びつくことをオススメします。

ガジェット好きはこちらも必見!

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次