ESRの『HaloLock™ Geo Wallet Stand』をレビュー。「探す」アプリにも対応していて最強でした。【PR】

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はESR様より提供いただき、世界で初めてApple認定 Bluetooth Find MYモジュールを内蔵したMagSafeウォレット『HaloLock™ Geo Wallet Stand』を体験したので紹介したいと思います。

厚みさえ気にならなければApple純正よりもオススメなMagSafeウォレットです。

目次

ESR『HaloLock™ Geo Wallet Stand』の体験レビュー!

外観と付属品

質感良し
MagSafe対応

『HaloLock™ Geo Wallet Stand』の外観と付属品はこのようになっています。

定期的に充電が必要

「探す」アプリに対応する兼ね合いからか『HaloLock™ Geo Wallet Stand』は3ヶ月に1回程度フル充電することが推奨されています。

サードパーティー製のMagSafeウォレットが「探す」に非対応な点がネックで手を出せていなかった人には嬉しいポイントですね。

使用前に「探す」アプリと要ペアリング

『HaloLock™ Geo Wallet Stand』の使用前にiPhoneの「探す」アプリとペアリングを行います。

ペアリングの際はiPhoneとくっつける必要がないのでMagSafe非対応のiPhoneでもペアリングすることはできそうです。

MagSafeウォレットなのにスタンドにもなる!

『HaloLock™ Geo Wallet Stand』の優れているポイントはMagSafeウォレットであるにも関わらずスタンドとしても利用できる点です。

持ち運び用のスタンドとしても便利

角度の調整もできるためスタンドとしての機能も高いので便利です。

持ち運び用のMagSafeスタンドとして購入するのもありかもしれません。

磁力が強いので外れない

iPhone 12 Pro (183g)
vivo X Fold (311g)

『HaloLock™ Geo Wallet Stand』の磁力は強力なのでカバンの中などで外れてしまう心配はありません。

重さ311gのvivo X Foldにケースを付けている状態でも持ち上げることができるほど強力です。

抜群の安定感
フォルダブルスマホでもオススメ

フォルダブルスマホでもグラつくことなく利用できるので便利すぎます。

これは持っておいて損はないかもしれません。

指を引っ掛けることができる

バンカーリング的な使い方も!

『HaloLock™ Geo Wallet Stand』はバンカーリング的な使い方をすることもできます。

厚みはあれど指を引っ掛けることができるのでむしろiPhoneの取り回しはよくなりました。

「探す」アプリで音が鳴らせるので紛失時も安心

音が鳴る!

『HaloLock™ Geo Wallet Stand』の最も優れていると感じた点は紛失時に「探す」アプリから音を鳴らすことができる点です。

Apple純正のレザーウォレットは音が鳴らせないので失くしてしまった場合はおおよその位置から必死に探さねばなりません。

娘の声が入っていますが・・・

音の大きさも実用的なレベルでした。

紛失時の見つけやすさは『HaloLock™ Geo Wallet Stand』がベストです。

Yotchan

定期的な充電はスピーカーのためなのでしょう。

AirTagのようにリアルタイムトラッキングが可能

MagSafe非対応機でも使いやすい

バッテリーを内蔵していることもあってMagSafe非対応機種でも『HaloLock™ Geo Wallet Stand』は使いやすい点も気に入っています。

ESRはリアルタイムトラッキング
Appleレザーウォレットは外した後は位置が更新されない

純正のウォレットは一度外れてしまうとリアルタイムでの追跡はできませんでしたが、この製品ではAirTagのようにトラッキングが可能です。

MagSafe非対応のiPhoneやサブ機のAndroidデバイスでも利用しやすくなっているので最高ですね。

Yotchan

純正レザーウォレットは「探す」に対応してはいるものの、外れたら「終わり」でした・・・。

Apple純正MagSafeウォレットと比較

『HaloLock™ Geo Wallet Stand』とApple純正のMagSafeレザーウォレットと並べてみるとこんな感じです。

スタンドとしても使えることもあって分厚くなる点は仕方がないですね。

『HaloLock™ Geo Wallet Stand』の機能性を高く評価している中で、使い勝手の面で唯一純正に劣る点はお札の出し入れが難しい点です。

カードの枚数は変わらず
ESRはお札を出せない

収納できるカードの数は2枚なので純正レザーウォレットと変わらない一方で、ESRのウォレットは裏側に穴がないのでお札を出すことが困難です。

実質的にカードしか収納できない点はキャッシュレス派の私には残念でした。

Yotchan

現金オンリーのお店用にお札はウォレットに忍ばせたい・・・。

MagSafe非対応機はHaloLockユニバーサルリングとセットで利用

もちろん磁力は強力

MagSafe非対応機種で『HaloLock™ Geo Wallet Stand』を使用したい方はESRの『HaloLock™ ユニバーサルリング』との併用がオススメです。

昔から愛用していますが、磁力も申し分なく使い勝手がいいMagSafeリングです。

『HaloLock™ Geo Wallet Stand』はウォレット版AirTag

純正に勝るとも劣らない

『Geo Wallet Stand』のメリット

  • 「探す」アプリ対応
  • スタンドとしても利用可能
  • 磁力が非常に強力
  • 紛失時に音を鳴らせる
  • MagSafe非対応機種で使いやすい

『Geo Wallet Stand』のデメリット

  • 厚みがある
  • お札を入れられない

『HaloLock™ Geo Wallet Stand』はApple純正のレザーウォレットのデメリットであった単体でのリアルタイムトラッキングができる理想のウォレットでした。

お札さえ入れられれば完璧でしたが、AirTagと遜色のないレベルで追跡ができるのでこちらの製品に移行する予定です。

次回作ではお札も入れられるようになることを切に願います。

提供:ESR様(https://www.esrgear.jp

ガジェット好きはこちらも必見!

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次