SideCarとDuet Displayの違いを比較レビュー

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はMacOS CatalinaおよびiPad OSにより実現した「Sidecar」に関して書いていきたいと思います。

なんだかんだDuet Displayは廃れなさそうです。

目次

Sidecarとは

Sidecar機能はMacOS Catalinaで搭載されたiPadをMacのサブディスプレイとして使用可能にする新機能で、iPad OS搭載かつApple Pencilが使用可能なiPadと連携することができます。

Sidecarに対応するMacは以下です。

  • iMac 27インチ(Late 2015 以降)
  • MacBook Pro(2016以降)
  • Mac mini(Late 2018以降)
  • MacBook Air(Late 2018以降)
  • MacBook(Early 2016 以降)
  • iMac Pro(2017以降)
  • Mac Pro(2019)

Sidecarに対応するiPadは以下のモデルでiPad OSをインストール可能な全ての端末が対象というわけではありません。

ちなみにiPad OSは以下のモデルでインストール可能です。

つまり、iPad mini4 , iPad Air2 , iPad第5世代はiPad OSをインストール可能にも関わらず Sidecar機能を使うことができません。

おそらくこれら三機種はCPUの世代が古すぎて Sidecarの処理に対応しきれないということなんでしょう。

ざっくりApple Pencilが使えるiPadはサブディスプレイ化ができると覚えれば大丈夫です。

Duet Displayとは

Duet DisplayはMacOS Catalina以前のMacやWindowsでiPadをサブディスプレイ化することのできるサードパーティー製アプリです。

Duet Displayの優れている点はMacの搭載OSを問わず Windowsでも全ての世代のiPadだけでなくiPhoneすらもサブディスプレイとして扱うことができる点です。

詳しくはコチラの記事をご覧ください。

Sidecarのメリット・デメリット

接続が簡単

Sidecarのメリットは主に二つ挙げられます。

一つ目は、接続が非常に簡単な点です。

Sidecarのメニューからデバイスを選択するだけでiPadをサブディスプレイにすることができます。

しかも、ワイヤレスで低遅延な上にケーブルレスなので荷物も手間も減り感動しました。

画質が綺麗

二つ目のメリットはサブディスプレイとして扱うiPadの画質がDuetのそれとは比較にならないほど綺麗な点です。

例えるならばSidecarはiPadにガラスフィルムを貼った感じでDuet DisplayはiPadにアンチグレアフィルムを貼った感じです。

iPadをサブディスプレイとして扱う上で画質を落とすメリットは何もないのでDuet Displayの画質はSidecarと比較すると明確なデメリットとなります。

Sidecar実行時の負荷が高い

上記のようにメリットしかないように思えるSideCarのデメリットはSidecar実行時の負荷が意外と高いのでMacBook側に相応のスペックが求められる点です。

  • M1 MacBook Air
  • MacBook Pro 15 2017
  • MacBook 2017(Core i7 , 16GB RAM , 512GB SSD)
  • MacBook Pro 13 2017 (Core i5 , 8GB RAM , 128GB SSD)
  • MacBook 2017 (Core m3 , 8GB RAM , 256GB SSD)
  • MacBook Air 2019(Core i5 , 8GB RAM , 256GB SSD)
  • MacBook Early 2016(Core m3 , 8GB RAM , 256GB SSD)

私がこの3年間で使用したMacにおけるSideCarの動作の所感はこんな感じです。

SideCarを快適に利用したい方は上記のリストを参考にモデル選定をしてみてはいかがでしょうか。

Duet Displayのメリット・デメリット

対応機種が多い

Duet Displayのメリットは何よりも対応機種の多さにあります。

MacOS CatalinaをインストールできないMacやWindowsマシンかつiPadもDuet Displayアプリをインストール可能であれば全て利用可能です。

この拡張性の高さがDuet最大のメリットで、会社PCのWindows10であってもiPadをサブディスプレイとして扱うことができるため今後も必須アプリであることには変わりません。

Duet Displayのデメリット

  • 接続が有線であること
  • 画質がSidecarと比較して悪いこと
  • アプリが有料(1200円)

デメリットとしては上記三点が挙げられます

まとめ

SidecarとDuet Displayの違いを紹介しましたがいかがでしょうか。

最後に表にまとめたものを改めて見ましょう。

Sidecar 、Duet Display双方に良い点と悪い点があります。

それぞれの違いを理解して快適なサブディスプレイライフを過ごしましょう。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる