Macの配列に近いWindows用キーボードが欲しい話

こんにちは、Yotchanです。

本日はMacのキーボード配列に近いWindows用キーボードが欲しい話をしたいと思います。

目次

Windowsのキーボードが使いにくくて仕方がない

Macユーザーになって3年にもなるとMacのキー配列が身に染み付いてWindowsのキーボードが使いにくくて仕方がありません。

よく槍玉に挙げられる「英数」「かな」キーについてはMicrosoftのデザイナーズキーボードではありますし、OS上で割り当てる事ができるのでなんとかなるのであまり気にしてはいません。

それよりも気になるのが「Ctrl」キーの位置の悪さです。

コピペや元に戻す、全選択など日常的によく使うショートカットで使用するCtrlキー(Macではcommandキー)がMacとWindowsでは場所が違う点が本当にストレスです。

Macで慣れている身からするとWindowsのCtrlキーは端っこすぎて押しにくいことこの上ありません。

Macのキー配列ではCommandキーを押す指は親指ですが、WindowsのCtrlキーは小指といった風に動作の違いが大きく癖でAltキーを押してしまいショートカットが不発になるのがストレスです。

なんとかならないものでしょうか。

ニッチな需要すぎて製品はなさそう

WIndowsでショートカットで使用するキーの配列がMacと同等という条件は流石にニッチすぎて需要が限られるのか製品は調べた限りでは見つける事ができませんでした。

やはりソフトを使ってキーボードのリマッピングを行うというのが現実的なようです。

私が普段使用するWindows機は社用PCなのでセキュリティの兼ね合いから外部のソフトウェアは弾かれる事が多いのでキーのリマッピングを実行することは困難なのが難点です。

また、普段Macで使用しているキーボード配列がUKであることもリマッピングを困難にさせる要因の一つです。

Windows用のキーボードはJISなのでZの横の「〜」キーが物理的にないので割り当てすることができません。

MacのUKやUSキーボードユーザーはそういった点でも詰んでいるんですよね。

これは諦めるしかなさそうですね・・・。

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる