[2021年版]ガジェットオタクの部屋とデスク周りを紹介

こんにちは、Yotchanです。

本日は一年ぶりに私の部屋を公開したいと思います。

この1年間でガジェット環境が大きく進化したと同時に投資金額を考えると頭が痛くなってきました。

目次

2020年の部屋

私が自室の紹介をしたのは遡ること約1年前。

結婚を機に2年間の独身生活を謳歌した1Kの部屋から2LDKの新居へ引っ越したことをきっかけにルームツアー的な記事を書きました。

1年前の部屋を見返してみるとこの1年間で非常に多くのガジェットを購入したのだなということがよくわかりました。

それもそのはずで昨年購入したガジェットの総額は200万円を超えるという大失態。

年収の約半分を注ぎ込んでいたなんて妻には口が裂けても言えません。

(実際には売って買ってを繰り返しているので出費的には80万円ぐらいだったと思います。多分。)

まずは一年前の部屋がどのようなものだったのかを以下の記事でご覧いただいてから本記事を読んでいただければ幸いです。

2021年の部屋

2021年2月時点での私の部屋はこのような感じになりました。

昨年の部屋と比較してみていかがでしょうか?

個人的にはかなり快適な空間になったと思っています。

それでは、各スポットごとに私が愛用しているガジェットなどを紹介していきたいと思います。

メインデスク

私のメインデスクはこのようになりました。

1年前と変わらずに使用しているものがほとんどなく新しいものへとリプレイスしました。

  • Magic Mouse2
  • Boseのスピーカー
  • Amazon Echo dot
  • Galaxy Note8
  • Xbox Oneワイヤレスコントローラー
  • ラップトップスタンド

一年前から変わらず使い続けているのはこの製品ぐらいですね。

キーボード周り

キーボード周りはMagic Mouse2を除いて一新されました。

元々はシルバーのテンキーなしのMagic Keyboardを使用していましたがスペースグレイのUK版Magic Keyboardに心を奪われて買い替えました。

また、それに伴ってMagic TrackPad2も導入した点も大きな変化と言えるでしょう。

個人的にはMagic Mouse2よりも使いやすいので買って満足している製品です。

充電まわり

充電周りのガジェットは全て2020年で刷新されることになりました。

如何せん端末数が多いので必要に応じて買い足していると種類もバラバラになったので参考になる商品もあるかもしれません。

個人的に気に入っているのはTwelve SouthのApple Watchの充電スタンドです。

Apple Watchのスタンドで高級感のあるものは少ないので買って良かったですね。

充電系ガジェットに関しては以下にまとめた記事があるので興味があればご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる